『後からわかるターニングポイント(感じたこと)』2015.9.20

2015-09-20

今日は、午後からラグビーのワールドカップ中継を見ました。

今までラクビーと言えば、『スクールウォーズ』や『早明戦』、『日本選手権』など高校・大学・社会人の国内ラクビーはテレビでも見ましたが

日本代表の試合となるといまひとつでした。

外国の選手に歯が立たないで負ける試合ばかりで、国内では盛り上がっても海外に出れば歯が立たないイメージがありました。
今朝、優勝候補の一角の南アフリカに勝利したことをニュースで知りました。

どんな試合でだったのか興味が沸いて見る事にしたのです。

体格では、圧倒的に差がある相手に、パス回しや1人に対して複数で挑む姿に感動を覚えました。

時間が経過するごとに相手の選手に焦りの表情が見え、日本代表の気迫が画面からも伝わってきました。

私は、ラクビーのことはよくわかりませんが試合のポイントになったと思われるシーンがありました。

それは、南アフリカが攻め込んで日本のゴール近くで日本がファールをおかした時のことです。

スクラムを組みトライを奪いに行くか、ゴールキックを狙い確実に点を取りに行くかの場面でした。

その時に、南アフリカはリスクを避けゴールキックで確実に点を取りました。

強いチームからすれば当然の選択で、ここで逃げ切ることを考えたのです。

しかし、ここから南アフリカと日本の選手に気持ちの変化が現れた気がします。

初めのうちは、押されていたスクラムも押しかえすとまでは行かないまでも拮抗するようになったのです。

また、最後の時間切れのトライの時も、南アフリカと同じようにゴールキックを狙い同点で終える選択もありましたが

ここが勝負と考えた日本は、勝つか負けるかのトライを狙う攻めを選択をして見事にその賭けに勝ちました。

この試合を見て、心の持ちようがとても大切なことを教えてもらいました。

勝つか、負けるかの結果は誰にも分かりません。

それが一流選手となれば、誰もが修羅場を経験した選手ばかりです。

そんな状況の中でも目の前のことに集中して、その時に全力を出し切り、最善と思える選択をすることの大切さを

この試合を見て感じることが出来ました。

 

 

ちなみに、

今までの日本代表のワールドカップの戦績は

【戦績】1勝2分21敗

過去7回全てグループリーグ敗退

唯一のワールドカップ勝利は現在世界ランク27位のジンバブエ戦でした。

日本は世界ランク13位です。

 

南アフリカのワールドカップでの戦績は

【戦績】 29戦25勝4敗

今までワールドカップで南アフリカに勝ったのはオーストラリア、イングランド、ニュージーランドだけです。

そして今回の試合がワールドカップでのこの試合が5敗目となりました。

南アフリカが予選リーグで負けたのは12年ぶり2度目です。

 
過去の本日のブログ

 

『時がくれば、役目は終わるとき(ガステーブルコンロ)』 2014.9.20
『追加の工事(換気扇スイッチ)』 2013.9.20

 

■ 今日の言葉
『祈り』

人力の限りを尽くしたあとは祈るしかない。

そういう状態になった時に、天地は不思議な力を与えてくれる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
※『小さな人生論 ポケット名言集』 P117

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


Copyright(c) 2015 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.