『怖いこと(癖になること)』(2014.6.22)

2014-06-22

昨日は、夕方から研修会に参加しました。

講師の方は千葉からわざわざ甲府に来て、話をしてくれました。

その方は、会社の先輩と歯科技工士の会社を設立したそうです。

仕事は、はじめは順調だったようですが社長である先輩が、会社のお金を使い込み

1億円の借金をしてどこかに、消えてしまわれたそうです。

その後、自分が社長となり会社を建て直し今は会社も順調だそうです。

その方の話の初めと終わりだけをお話はそのような内容でした。

 

懇親会の席で、借金の取立ての事をきいてみました。

実は、1億円の借金と言われましたが、それは後でその金額だったとわかったようです。

なぜなら小切手が3冊、金額がいくら切ったかわからないものがあったそうです。

ヤクザが、100万円の小切手を持って来てこれを支払えなどと言われることもあったそうです。

その当時は、銀行からの借り入れも出来ない状況だったため直接会社に乗り込んできたようです。

実際、そのときはどん心境だったのか聞いて見ました。

はじめは、家に帰っても何か、物音がするだけでもおびえるような状態だったようです。

「よくそれで、精神的に病んでしまったりしませんでしたね。」と聞くと

「最後は、居直りです。」といわれてました。

どうせ、ダメになるなら自分が一生懸命に仕事をた結果なら仕方がないと思い

今まで、支払いが遅れていた支払い先には、期日には支払いをするようにして

とにかく約束を守ることからされたそうです。

そんな状況の会社で自分が社長になるかの決断をする時

ある人から、

「この会社はもうだめだから、私がお金を出してあげるので別に会社を一からやり直したらどうか。」と

言われたそうです。

その時に次のように答えたそうです。

「自分にも半分責任はあります。

ここで逃げるわけにはいかないのです。

楽な道を選んだら、きっと苦しいとき、

また逃げてしまうのが怖いのです。

この会社を続けさせてください。」

見た目だけでは、わからないことが人それぞれあることを感じました。

 

 

■今日の言葉 『組織の力を活かす』

仕事とは自分一人の力だけで

できるものではない。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

青柳正規(文化庁長官)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(有)古屋商店

甲府市朝気1-2-66

055-237-0704

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 


Copyright(c) 2014 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.