『突然の故障でガス給湯器工事』(2013.12.24)

2013-12-25

今日、ガス給湯器の取替工事をしました。
先週、お客様から連絡をいただき
『給湯器の電源が入らなくなったので見てもらえないかい。』
と言われましたが、直ぐにうかがうことが出来ませんでした。
事情をお話して
『申し訳ありませんが、一度給湯器の電源コンセントを抜いてからもう一度入れえてみてください。』
電話口でお願いしました。
すると『電源が入ったよ。でも給湯器から水が漏れているけど。』
その言葉を聞いて私直ぐに次のようにお話しました。
『水漏れしているのなら、感電の恐れがあるのでコンセントを抜いて使用しないでください。』
翌日伺い、給湯器を確認したところ、本体に亀裂が入り水漏れしていました。
メーカーに確認すると修理費がかなり高額になるとの事
お客様にお話して取り替えることになりました。
電源が入らなくなった原因は、漏水により漏電装置が作動したようです。
お客様の中には、電気が一番安全と考えておられる方もおられます。
あくまで私の考えですが、
『目に見えなく、音や臭いもしない電気は本当は一番怖いのかもしれません。
増してや水を使うところでは感電し易いの一番危険なものです。』
今回は、漏水に気がついていただき本当に良かったと思います。
無事に、工事も終わりました。
お客様から
『給湯器が使えない間、水が冷たくて大変だったよ。直ぐに来てくれて助かった。』
と言われました。
これで、年末も安心して過ごせる事でしょう。

 

1 漏水した給湯器 これは危険です。 

 

 

 

2 新しい給湯器を取り付けこれで安心してお正月が迎えられますね

■今日の言葉 『本当の優しさ』

自分が強くならないと
人に優しくできない
…………………
小野田寛郎(小野田自然塾理事長)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

  カテゴリー: 水道工事, 給湯器   


Copyright(c) 2013 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.