『クリスマスを終えての油断(我が家の出来事)』  2014.12.26

2014-12-26

昨日、夕食後の出来事です。

我が家では、こどもがまだ小さいので、クリスマスのプレゼントは

サンタクロースが届けてくれることになっています。

子供たちは、今朝目覚めると枕元に、プレゼントがあり大喜び

長女と次女は、最近の女の子が欲しがるような

子供用のデジタルカメラとキャラクターのオルゴールでした。

剣道の選手と武士になりたい長男6歳の欲しい物は

なんと、けん玉でした。

妻が色々と調べて、日本けん玉協会認定のけん玉があることを知りました。

玉の色もいくつかあります。

けん玉協会認定けん玉

それとけん玉の技が載っている本を本屋さんに行き探してきましたが

探すのに本屋さんを何件か回ったようです。

そんな苦労もあって、無事に3人の手元には希望のプレゼントがサンタさんから届きました。

クリスマスの夜に、満足げに3人はそれぞれのおもちゃで遊んでいました。

夢中でけん玉で遊んでいる息子を見ながら

妻が嬉しそうに一言

『○○の本屋さんには、けん玉の本なかったから□□の本屋さんに行って正解だったよね。』

と得意げに話しました。

私は心の中で

(なに急に息子の隣で言ってるんだ。そんなこと言ったらプレゼントがサンタでないことがばれる)と

妻の顔を見てサインを送りましたが

のんきというか、お感じがないというか

ニコニコしながらまだ何か話そうとしています。

これはやばいと思ったわしは

さらに、顔をしかめてやめろと言わんばかりに顔で合図を送りました。

近くで、けん玉に夢中な息子に気づかれないように

するとようやく、気がついたのか

妻の表情が志村けんの『アイ~ン』の表情に変わったかと思うと

テーブルにそのまま顔を伏せました。

幸い大きな事故にはいたらず、息子は気がつきませんでした。

まさに、クリスマスのいらない贈り物を子ども達にするところでした。

 

1.けん玉で夢中に遊んでいる息子

 

2014122520180000.jpg

 

2 これが例のけん玉本

2014122520200000.jpg

 

■ 今日の言葉

 

『感動の力』

謙虚な人ほど感動する。

感動するから学びが深くなる。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
角谷敏夫(松本市立旭町中学校桐分校元教官)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


Copyright(c) 2014 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.