監禁事件勃発

2011-09-16

古屋商店のフルフルです。

先日自宅で妻と息子が一時的に監禁状態となりました。

原因は一番下の娘の歩行器が脱衣場のドアと衣類の引き出しにはさまってしまい、ドアが中から開かなくなってしまったからです。再現写真を撮影しました。

歩行器が脱衣場のドアをロック

 

妻が浴槽の掃除をしようと脱衣場から浴室に入ったところ、2歳の息子がのんきにタテ笛を吹きながら後をついてきたそうです。
そのあとを歩行器に乗った10ヶ月の娘が追いかけてきて写真のような状態となり、2人は脱衣場から出られなくなったそうです。
出られなくなったことに気付いた妻は慌てましたが、そのことを全くわかっていない息子は、のんきに笛を「ピーヒョロロ」と吹くばかり。
外では身動きのとれない娘が泣き叫び、携帯電話も持っていなかったため大変な状態だったようです。

幸い、浴室がうらの公園の通路の隣りにあり、通りかかった人を窓越しに呼びとめ、事情を話して隣のうちの会社から人を呼んで欲しいとお願いしたそうです。

たまたま会社にいた私が家に入り、事なきを得ましたが、息子はまだのんきに「ピーヒョロロ」と笛を吹いていました。

その後、わが家ではドアにストッパーをはさみ引き出しの位置を変えました。

ドアにストッパーをつけました

 

人生どんなことがあるかわかりませんね!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: わが家のこと   


Copyright(c) 2011 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.