人によって常識はさまざま

2011-06-24

古屋商店のフルフルです。

今週、町内の有価物当番で、朝6:00から分別して、アルミ、スチール缶、ビン、ペットボトル、ダンボールなどに分けました。

各家族から出されるゴミですが、その家それぞれでやり方も様々。
ビンも缶もペットボトルも一緒にゴミ袋に入れてくる人、有価物では出してはいけない物まで入れてくる人、中身を洗ってから出せばいいのにそのままの人、などいます。
そうかと思えば、全てを分別して缶などは本当にきれいに潰して整理をして出す人。

各家庭それぞれの常識があるのだと感じました。
出来ることなら、あとの人のことを考えられる人間になりたいものです。

そんなことがあって、昔読んだ本にこんなことが書いてあるのを思い出しました。
「食事をするのに10分から15分。食卓に届くまでのお米やおかずが出来上がるまでのことを考えて食事をしている人がどれだけいるでしょう。勉強するということは察しがつくということです。そして、そのことに感謝できることです。」

人の欠点はいろいろ気がつきますが、なかなか自分のこととなると難しいのですが・・・

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 思ったこと   


Copyright(c) 2011 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.