当たり前と思っていることを本当にどれだけ出来ているのか?

2011-06-17

古屋商店のフルフルです。

先日、交通違反のため一日講習会を受けに行って来ました。

午前中はDVDで交通事故の事例と講師のお話を聴きました。午後からは社会奉仕活動を行いました。

講習会では、事故を起こさないのに大切なことは「思いやりと命の尊さを知ること」と教えていただきました。
なぜそのような話を講師がされたかといえば、人をひいて殺してしまったら何もならないからだそうです。自分はもちろん家族や被害者とその家族まで不幸にしてしまいます。
DVDを見ながらあらためて命の大切さを認識しました。

奉仕活動は老人の方々がいる施設で近くへの散歩のお手伝いと、公園のゴミ拾いをしました。
日頃、忙しくて動きまわっているので心の和む時間でした。
たまたま、私が担当した女性の方は、20年以上も施設へ入っているそうです。亡くなったダンナさんは大学の教授をされていて若い頃はアメリカやブラジルその他の色々な国へ行かれたそうです。そんな昔話を聞かせてくれました。

今回の講習会は大変有意義な一日で、命の大切さと、人生何があるかわからないことを教えてもらいました。
また、頭の中ではわかっていても実際それが出来ているとはちがうこともわかりました。

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 思ったこと   


Copyright(c) 2011 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.