『どのタイミングで判断するか(漏水工事)』2015.9.7

2015-09-07

先週の初めに会社に電話がありました。

6月に漏水工事をしたお客様からでした。

お客様のお話では

「8月に水道の検針の方が来て、まだ、漏水をしています。と言われました。」と仰いました。
私は、6月の工事が完了した時に、確かに漏水が直っていたのを確認していましがどうしてだろう?

と思いながらも

「一度現場を確認に伺います。」と申し上げました。
現場で作業した人間と一緒に修理をした場所を漏れ検査しましたが漏れている様子がありません。

次に、家の全ての水栓やトイレなど思い当たる場所を漏れ検査しましたが分かりませんんでした。

でも、確かに水道メーターはまわっています。

先程、確認した内容と6月に修理をする前と完了後にお客様と漏れがないことを確認をしていただいたことを

今一度、お客様と確認をしました。

お客様も覚えておいででした。

そこで、

「漏水場所が今の段階では分からないので、もしかすると当社の施工ミスで修理をしたところが漏れているかも知れません。

まず初めに、そこを確認してよろしいですか?」

と伺い了解をいただきました。

後日、修理をしたところを掘り起こして、確認しましたが漏れはなく

別の場所であることだけは分かりました。

その時は、ほっとしました。

その後、漏水場所を見つけるための工事をして、ようやく漏水場所が分かりました。

以前の漏水場所の反対側の外水栓の近くの土の中の配管でした。

実は、これでこちらのお宅での漏水工事は3回目です。

前回の時にも、工事完了後に漏水した配管を見ていただき

「新しくやりかえることもご検討ください」とお話してありました。

30年以上経過して、この短期間で別の場所も漏水するようでは不安です。

今回も、「次は新しくされたほうがよいと思います。」とお伝えしましたが、

お客様は、無言でした。

当社としては、施工ミスでの漏水でなくて良かったとは思います。

ただ、これまでの経過を考えると漏れた場所を直したため、逃げるところがなくなり、漏水している時より強い圧力が配管にかかり、

配管の一番弱い部分から2ヶ月以内に漏れ出したと推測されます。

そう考えるとこれからが心配です。

また、費用の面でも3回も漏水工事をすることを考えるとその時間と費用また、漏水のたびにかかる水道代など

新しくした方がよいとも思います。

人により、判断基準が違うので何とも言えませんが・・・。
このような場合にどのような判断をするか、難しいところですね。

 

 

1  前回の工事場所の確認をしました。

 

1

2 前回の工事が漏水の原因でない事が分かり、その場所で別の場所を探す工事をしました。

 


2

 

3 全ての工事が完了したところで補修作業をしました

 


3

 

4 別の場所での漏水場所を見つけました

 


4

5 漏水場所の修理


5

 

 
過去の本日のブログ

 

『使わないと思ってけど(水道工事)』  2014.9.7

 

『漏水工事で身にしみること』2013.9.7

 

 

 

■ 今日の言葉
『一歩を踏み出す』
エジソンは発明をしたいと思ったから一歩踏み出した。

ライト兄弟も飛びたいと思ったから一歩踏み出した。

純粋な心の声に従って迷うことなく一歩踏み出したから、彼らは成功者としての道を歩めた。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
▼足達大和(ナポレオン・ヒル研究の第一人者)

 

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


Copyright(c) 2015 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.