『昔の自分を見る思い(感じたこと)』2015.7.6

2015-07-06

今日は、毎月当社で発行している情報紙『ホット情報』の作成に取り掛かりました。

毎月のことですが、土日や祝日があるとその月ごとに微妙に締め切りが変わります。

つい油断をして、まだ余裕があると思っていると知らない間に?

いやいや、実際には知らない間なんて事はありません。

毎日カレンダーを見ているのだから

ただ見ていても、そこに意識が向かないので知れない間にとか、忘れてしまったなんてことがおこるのだと、自分の未熟さを反省しています。

まだ時間があるなんて思っているうちに時は過ぎてしまいます。

よく思い出すのが、学生の頃にすることがないなんて思いながら、

だらだらと過ごしていて、このまま一生過ごせればいいななんて思っていたことがありました。

しかし、そのつけは必ず自分に回ってくることを今更ながらに思います。

最近、朝のラジオ体操に行かなくなった息子を見ながら過去の自分の姿と重ね合わせている私でした。

いつかは、気がつく日が来ると信じながら・・・。

 

 

 

過去の7月6日のブログ
『日曜日の夜(大河ドラマ)』(2014.7.6)

 
『イベント参加とそのおまけ』(2013.7.6)

 
■ 今日の言葉

『心ここに在らざれば』

「心ここに在らざれば、
視れども見えず、
聴けども聞こえず、
食えどもその味を知らず」

――心がここになかったら、
視ていても見えない、聴いていても聞こえない、
食べてもその味が分からない、という。

古典の名著『大学』にある言葉である。
『人生の大則』 藤尾秀昭 著(致知出版社刊) 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


Copyright(c) 2015 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.