『懐かしい記事(感じたこと)』  2015.3.30

2015-03-30

今日、書類を整理していると懐かしいFAXの用紙が出てきました。

14年前の新聞記事とそれを送ってくれた人の文字です。

当時のガスの取引先担当者が新聞記事を見て直ぐにFAXをくれた資料です。

その記事にはガス機器設置スペシャリスト第一号店と業界紙に取り上げていただいたものでした。

「ガス機器設置スペシャリスト」とは、

消費者が安全・便利に、かつ快適な生活を実現できるよう、優れた能力を持つ者が施工に当たることを目指し、 優秀な設置・施行者(資格者)を育成するためにガス機器の設置に係る業界団体が創設したものです。

GSSともいいます。

この制度は、お客様に対して

1.安心・便利なガス機器の提供

2.適正な設置工事

3.快適に使ってもらうための使用説明

の三つを、ガス機器設置スペシャリストが確実に実行することを基本目的としています。
平成25年3月現在 スペシャリスト数14,000名です。
その登録店として全国で第一番目の登録認定をいただきました。

当時は、その価値にまったく気がついていませんでした。

申し込みを勧めてくれたのが、FAXをくれた彼でした。

一生懸命に勧めてくれる彼に、当時は

『仕事が忙しいのにそんものに申し込んでいる暇はないよ。』なんて言った覚えがあります。

それでも粘り強く勧めるものですから

彼の言うことならと思いしかたなく申し込みをしました。

今振り返れば、申し訳ないことをしたと思います。

今では、県外で仕事をしていて年賀状のやり取り位ですが

当時は、お互い独身で言いたいことを言い合える間柄でした。

今ではそんな二人もお互いに家庭を持ち、それぞれの場所でがんばっていると思うと

たまたま見つけたこの資料をみて、初心忘れるべからずの気持ちになりました。

 

彼が送ってくれた記事です。FAX用紙の為、大分黄ばんでしまいました。

 

過去の3月30日のブログ
『お花見稽古(要領の良い子、悪き子人それぞれ)』(2014.3.30)
『給湯の交換』((2013.3.30)

 

 

■ 今日の言葉

『恵みに気づく』

当たり前のことこそ恵みで、

死を間近にしてそのことに気が付くのではなく、

いま気付きなさい。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
鈴木秀子(文学博士)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


Copyright(c) 2015 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.