『言われたことを思い出して(感じたこと)』 2014.11.20

2014-11-20

今日の仕事の出来事から、以前に言われた言葉を思い出しました。
その言葉は、20代の頃に東京で働いていた時に上司に言われた言葉

「現場を確認したか」この言葉をいつも言われました。

それと

30代の時に私に色々と教えたくださった人の言葉

「重いものは、軽く 軽いものは、重く用いよ。」

この2つの言葉ですが、なかなか口でいうように実行するのは難しいことです。
今日の仕事で、あることをお客様にお願いして欲しいと取引先から頼まれました。

直ぐに、お客様にお話をしました。

それは、提案が2つありそのどちらかを選択して欲しいとのことでした。

提案の1つで了解をいただき、スケジュールを組んで進めることになりました。

それを取引先に伝えると

しばらくして、選んでいいただいた方でなくもう1つのにしてもらえませんかと連絡がありました。

私は、状況がよくわからず聞いてみると

2つの提案を出した時に、現場を見ないでただ効率がよいからと決めたそうです。

なぜ、そうなるのか?

そのことを言い出した人は、何のためにそのことを言ったのか不思議でなりませんでした。

現実をみてそれに対応すること

物事を軽く考えないこと

そんな過去に私に教えてくれた人のことばが頭をよぎりました。
ミスは誰にでもあることですが

自分が明らかに手を抜いて起きる失敗を繰り返すことほど他人に迷惑を欠けることはないと思いました。
先日、目にした次の言葉も思い出しました。
以前、人生で一番大切なものは何かと尋ねたことがある。

その人は
「それは自分にもわからないが、
こういう人は絶対に成功しないという条件はある」
と答えられ、次の4項目を挙げられた。

1つは言われたことしかしない人、

2つは楽をして仕事をしようとする
――そういうことが可能だと思っている人

3つは続かないという性格を直さない人

そして

4つはすぐに不貞腐れる人である。
人に色々言えるほど偉くはありませんが

反面教師として今日の出来事を覚えておきたいと思いました。
■ 今日の言葉

『自らに問う』

自分の胸を三度叩いて、

正しいと思ったことはやる。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
中條高徳(アサヒビール名誉顧問)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


Copyright(c) 2014 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.