演劇に付き合わされて

2012-01-17

古屋商店のフルフルです。

先日の日曜日に少し遅い昼食を済ませてテレビをつけた時のことです。
NHKのEテレが映し出され、何か劇をやっていました。着物を着た女性が3人で舞っているシーンでしたが、私はしばらく見てもつまらないのでチャンネルを切り替えると、娘が 「さっきのが見たい!!」 と言い出しました。
私は 「お父さんは日曜くらいしか、ゆっくりとテレビを見れないのだから他のにしてくれる。」 と言うと 「踊りに役に立つから見たいよ」 と泣き出さんばかりの騒ぎ。近くでは下の2人が眠っているので静かにするようにと言ってもききません。日本舞踊をしている娘にとっては勉強になるので見たいと本人は言いました。
「私は本当かい、まったく」 と思いながら仕方がないので、どうせ10分もすれば飽きるのだろうと見せてあげることにしました。

私は一緒に見ていましたが途中で眠くなり 「コクリ コクリ」 途中で娘に 「起きてる」 と起こされ、結局、最後までその番組を見る羽目になりました。

はっきり言って(前の3チャンネル)NHK、Eテレで演劇などを見たのは初めてでした。
あとであの演劇は何だったのかと新聞のテレビ欄でチェックをしたところ 不朽の名作舞台「天守物語」。姫路城に住む魔界の姫君と美男との恋物語と書いてありました。なんと2時間の番組でした。5歳の子どもに内容がわかったのか疑問ですが、最後まで一生懸命に見ていたのは確かです。
誰に似たのでしょう? ちなみに私はNHK Eテレで演劇やオーケストラを見ると眠くなってしまいます。

もし娘がいうとおり踊りに役に立つので見ていたのなら、その向上心は見習いたいものです。その気持ちを大切にして欲しいとも思いました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: わが家のこと   


Copyright(c) 2012 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.