『安全と使いやすさを考えた取替(ビルトインコンロ)』(2014.5.1)

2014-05-01

先日、LPガスをお届けしているお客様から、

ガスコンロが壊れかけているので見て欲しいとご相談いただきました。

 

炎がでるバーナーが壊れていました。

これでは、危険でとても使えません。

購入されて、10年近くになるので取替をご要望でした。

10年程前に、キッチンリフォームをさせていただきました。

 

今回、ガスコンロを取替えるに当たり

キッチンメーカーのガスコンロの商品とガスコンロメーカーの商品をご提案しました。

機能の違いの他に、キッチンメーカーでは今までと同じ機能の一種類の商品がありました。

ガスコンロメーカーでは、お好きなものを選べます。ただ、取替え用の部品が必要でした。

 

提案をさせて頂き、ガスコンロメーカーの商品に取替をすることになりました。

毎日使うものだから、金額の高い、安いだけでなく、

自分が気に入った安全で使いやすいものを選びたいですね。

 

 1  コンロの火が出るところバーナーが焼け焦げています。

 1  コンロの火が出るところバーナーが焼け焦げています。

 

2  工事前 上から見るとこんなな感じ

2  工事前 上から見るとこんなな感じ

 

3 工事前  ガスコンロ

3 工事前  ガスコンロ

 

4  工事後 きれいになり安心して使えます。

4  工事後 きれいになり安心して使えます。

 

 

■ 今日の言葉 『人に喜ばれる存在』

ストレスとは思い通りにならないこと。

それを思い通りにしようと思うところから、 ストレスになります。

実はこのストレスをゼロにする方法があります。

解決方法

その一。

思い通りにならないことがストレスなのだから、

最初から 「世の中のことは思い通りにならないものである」  と思い定める。

その二。

思い通りにならないことが  目の前に生じたらどうするか。

その二は 「もともと思いを持たなければいい」  という解決方法です。

思いを持たないという話を初めて聞いた人は、

「思いを持たない人生でいいんですか」  と必ず聞きますね。

それはなぜかと言うと、私たちは、

「夢や希望を持って、 達成目標、努力目標を設定して  それを実現しないやつは人間じゃない」

という教育を受けてしまったからなのです。

私たちは、目標に向かって 努力しなくてはいけないと  勘違いさせられているのです。

人は一人で生きていると「ヒト」、 人の間で生きていて「人間」。

その前提の上に立って、 私たちが生きている間に

何をすればいいのかと考えると、 「いかに喜ばれる存在になるか」

ということに尽きます。

喜ばれる存在、それを一言で言ってしまうと、

どうやって頼まれごとをされやすい人になるか、ということです。

自分の達成目標、努力目標を設定して、

いかにそこに向かって生きるかということでは、

どうもないみたいです。

これはある種の宇宙の法則です。

小林正観氏

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(有)古屋商店

甲府市朝気1-2-66

055-237-0704

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 


Copyright(c) 2014 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.