『お互いに話しあうことの大切さ(シャワー水栓)』(2014.3.29)

2014-03-29

先日、近所のお客様から親戚の方を紹介していただきました。

浴室のシャワー水栓の事で相談があり見に来て欲しいとのことでした。

お客様のお困り事はいくつかありました。

①シャワー水栓のお湯の温度が高くならない。

②お湯が出てくるのが遅い。

③使用時に、変な音がする。

この3つの原因がシャワー水栓を修理するか、取替えれば直ると思われれていたようです。

しかし、現場で確認をしたところ次のようでした。

 

お困りが事 ①

【①お湯の温度が高くならない。】

給湯器のリモコンの温度設定が低く、それ以上に温度が上がらないことがわかりました。

冬と夏では温度の差が大分あります。

その為、人間の感じ方で夏では低い設定温度でも十分使えていても、

冬になると給湯器の温度設定を高くしないと高温で使用したい時に、温度が高くなりません。

水温や外気の温度の関係も影響します。

その為、給湯器の温度設定を高くし忘れると、このような勘違いが起こります。

給湯器の温度設定を高くして、問題は解決しました。

 

お困りが事 ②

【② お湯が出てくるのが遅い。】

これも①と同じように夏と冬の温度の違いが原因です。

人の感じ方は冷たい温度の時は、長く感じます。

その為、冬は特に給湯の温度と使いはじめに出てくる水温が低いため、

温度差が大きく温かいお湯が出てくるまでの時間が夏よりも長く感じられます。

こちらのお宅では給湯器から浴室までの配管の距離が、特に長いためお湯が出るのが遅くなったと感じられたようです。

お客様に説明をしてご理解いただきました。

 

お困りが事 ③

【③ 使用時に、変な音がする。】

はじめは症状が出ませんでした。

何度か確認をするとシャワー水栓本体から、大きな振動音がするようになりました。

その為、シャワー水栓の修理か、取替えをすることになりました。

 

すでに、10年以上経過している水栓のため取替をお勧めしました。

実は、前に苦い経験をしました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

http://furuya-gas.com/?p=5034

お客様も、10年以上経過しているので、取替をする気持ちでおられたようです。

 

今回、取替える水栓には特徴があり、吐水口(水やお湯が出るところ)が一般的なものより長さが短いのが特徴でした。

お客様と現場で、よく話をして商品を決めました。

 

昨日、取替工事に伺い無事に取替えることが出来ました。

『やっぱり、新しい物は、きれいで使いやすくていいですね。』

と仰っていただきました。

今の時代は、商品が幾つもあります。

ただ、金額だけで選ぶのではなく、その時に、その場に合った選択を出来るように

お客様とよくお話をさせていただき、適した選択が出来ればいいと思いました

 

 1 工事前 10年以上経過して不具合があるのなら取替時ですね。

1 工事前 10年以上経過して不具合があるのなら取替時ですね。

 

2  工事後 新しい水栓を取り付けました。きれいで使いやすくなりました。

2  工事後 新しい水栓を取り付けました。きれいで使いやすくなりました。

■今日の言葉 『楽しい論語塾』

君子は諸(これ)を己に求む。

小人は諸(これ)を人に求む。

(君子は、何事も自分の責任であると考える。

これに対して小人は責任を人に押しつけてしまう)

『楽しい論語塾』安岡定子・著(致知出版社刊)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(有)古屋商店

甲府市朝気1-2-66

055-237-0704

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


Copyright(c) 2014 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.