『息子がやりたいこと(修錬による人間形成の道である)』(2014.2.1)

2014-02-01

最近、我が家の長男が興味を持ってやりたいことがあると言い出しました。

それはなんと『剣道』です。

本人が何を思って「剣道をしたい」と言い出したかわかりません。

ただ、親としては出来るだけ自分の意思で物事を決める人間に成長してもらいたいと思っています。

先週の土曜日に、知り合いの方の紹介で道場を見学に行きました。

その後、本人に確認をしたところやってみたいと言うので今日から入門することになりました。

まだ、幼稚園児の息子は基礎練習がおもです。

初めてのこともあり、周りの上級生が色々と世話をしてくれて楽しかったようです。

実は、私も小学生の頃に剣道を習っていました。

習っていたとゆうより、無理やりやらされていたと言った方が正しい気がします。

その為、毎週月曜日と金曜日に稽古には行きましたが、いつも休む事ばかり考えていました。

だから、習い事についての私の考えは、「子供と言えども自分で選んだと意識して物事をはじめることが大切」だと考えています。

実は、妻の中学の頃に剣道部に入部していたそうです。

彼女の場合は自分の意思のようですが。

息子には、せっかく自分で決めたことなので長く続けて欲しいと思います。

ちなみに、せっかくなので剣道のことを少しだけ調べてみました。

□剣道の理念

剣道は剣の理法の修錬による人間形成の道である

□剣道修錬の心構え

剣道を正しく真剣に学び
心身を錬磨して旺盛なる気力を養い
剣道の特性を通じて礼節をとうとび
信義を重んじ誠を尽して
常に自己の修養に努め
以って国家社会を愛して
広く人類の平和繁栄に
寄与せんとするものである

昭和50年3月20日制定 財団法人全日本剣道連盟

□剣道とは何か

「剣道」とは、日本の武士が剣(日本刀)を使った戦いを通じ、剣の理法を自得するために
歩む道を指し、剣道を学ぶということは、この剣の理法を学ぶことを意味します。
敢えて言えば、剣の理法の奥にある武士の精神を学ぶことが重要で、剣の操法を厳しい稽古を通じて学ぶことは、
その為の一つの手段と見られています。これが剣道の目的が「人間形成の道」と言われている理由です。
財団法人全日本剣道連盟
詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.kendo.or.jp/kendo/

 

1 息子が稽古に加わると妹も一緒にまねをしだしました。

 

2 道場

■ 今日の言葉 『勝つ』

昨日の我に、今日は勝つべし

柳生石舟斎(柳生新陰流の継承者)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 


Copyright(c) 2014 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.