10年ひと区切り必死の2年

2011-07-22

古屋商店のフルフルです。

先日久しぶりに友人と会う機会がありました。
彼とは、他の友人の結婚式で一年以上前に会って以来の再会でした。

私よりも年が3歳ほど下ですが、子供は3人で、子育てなどちょうど同じような時期です。
最近の様子をたずねたところ「仕事、家庭とも大変です。」と、彼らしくない暗い答えが返ってきました。あまりにも辛そうに言うので、思わず、昔ある人が私に話してくれた言葉を思い出して伝えました。

「『10年ひと区切り必死の2年』という言葉があるそうだよ。どんなに辛いことでも2年以上は続かないし、10年をひと区切りとして人は大成するという意味だそうだ。」と話をしたところ、「いいことを聞きました。何か頑張れそうな気がします。」と言って別れました。

後輩には偉そうなことを言った私ですが、自分も必死の2年の中にいるんではないだろうかと “ふと” 思いました。人には偉そうに言えるもんだとおかしくなった一瞬です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 思ったこと   


Copyright(c) 2011 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.