『浴室・脱衣場リフォーム工事完成』(ブログ 11月14日)

2013-11-15

昨日、お客様のところで浴室・脱衣場リフォーム工事が完了しました。

とてもきれいになりました。

たまたま、犬の散歩で店の前を通りかったそのお宅のご主人と出くわしました。

私が
『ありがとうございました。』と申し上げると

ご主人が
『や~ きれいになり、お風呂に入るのが楽しみになりました。』
と言っていただきました。
『また仕事がんばろう!』

なんて思う本当にうれしい瞬間でした。

 

1 工事前 浴室

2 工事前 脱衣場

3 工事前 給湯器

4 完成 浴室が見違えるように

5 脱衣場の洗面台も新しくなりました

6 脱衣場暖房も取り付きました

7 給湯器も省エネタイプのものになりガス代も節約

++++++++++++++++++++ 

『完訳 7つの習慣』について (No12)
 
成功に関る『個人主義』と『人格主義』の決定的違い

『個人主義』と『人格主義』について
『成功の鍵』が書かれている文献について200年さかのぼり調べた。
次のようなパターンが見えた。
最近50年間の出版された『成功に関する文献』はどれも表面的なものである。
多くに人の悩みに効果がなさそうなものはなく、その場しのぎのテクニックばかりである。
痛みに鎮静剤など応急処置を施せば、痛みは消えが何の問題解決にもなっていない。根本的な慢性の原因をほったらかしにして再発する。
これとは対照的なのがそれより前の150年に書かれた『成功に関する文献』には誠意・謙虚・誠実・勇気・正義・忍耐・勤勉・質素・節約・黄金律などが、人間の内面にある人格的なことを成功の条件に挙げている。
* 『黄金律』は、多くの宗教、道徳や哲学で見出される「他人にしてもらいたいと思うような行為をせよ」という内容の倫理学的言明である。現代の欧米において「黄金律」という時、一般にイエス・キリストの「為せ」という能動的なルールを指す。

『人格主義』には実りのある人生、それを支える基本的な原則がある。
その原則を体得し、自分自身の人格に取り入れ内面化させて初めて、真の成功、永続的な幸福が得られることになる。
『個人主義』は、成功は個性、社会的イメージ・態度・行動・スキル・テクニックなどによって人間関係を円滑にすることから生まれると考える。
個人主義は大きく2つに分けられる。
1つは人間関係と自己PRテクニック
もう1つは積極的な心構え
このような考え方には「態度が成功を決める」「笑顔が友達をつくる」「どんなことでも思い、信じれば達成できる」元気づける言葉が正当な格言となる。
しかし、個性をもてはやすか数々の『成功に関する文献』では、人を操るテクニック、ひどいときには明らかにだましのテクニックさえ紹介されていた。
もちろん、個性主義の文献にも『人格』を成功の要因と認めているが、重要は考えず添え物的に扱っている。

 

コメント
個人主義よりも人格主義で人生を歩むことが大切であると書かれています。
人格主義とは誠意・謙虚・誠実・勇気・正義・忍耐・勤勉・質素・節約・黄金律、人間の内面にある人格的なことですが、それを自らが実践すること意識せずに見につけば最高ですね。

 

 

■今日の言葉 『覚悟』

人を恨まない、人を憎まない、
人のせいにしない覚悟を持つ
…………………
塩沼亮潤(慈眼寺住職)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


Copyright(c) 2013 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.