『ここのところ漏水の連絡が多いのはなぜ?』(9月12日 )

2013-09-13

ここ1週間位の間に漏水の連絡が増えました。 

『水道局の検針伝票と一緒に、漏水のお知らせが入っていたので見てください。』 

と連絡をいただきます。 

なかなか、ご自身で漏水を見つけるのは難しいことです。 

2ヶ月に一度検針にこられる水道の検針の方が、使用量やメーターのパイロット(水を出すとクルクルと回り水道メーターの真ん中についているもの)が回っているのをみて、お客様に知らせていただけるようです。 

いつも、直ぐに飛んでいって修理をしたいのですが、他のお客様との約束があるときなどは、少しお待ちいただくこともあります。 

出来るだけ早く行くようには心がけますが、急いでいい加減な工事も出来ないので、そこは出来るだけ落ち着いて工事をしたいと思います。

 

今回も、漏水の連絡を頂いたお客様でしたが、不凍栓が壊れていたので一緒に直しました。 

漏水をするほとんどのお客様が、20年~30年以上経過したお宅です。 

一緒に直せるところは、直した方がよいと思います。 

以前にも、紹介しましたが水道料金が考えられないほど高額になったお客様がおられました。 

詳しくはこちらをご覧ください。
http://furuya-gas.com/?p=2441

 

 漏水は建物にも悪い影響を与えます。 

また、水を無駄にしないためにも水道管のリフォームをお勧めしています。 

これから、少しずつ寒くなるので不安のある方は、ご検討ください。

 

1 工事前 配管より水漏れ、不凍栓バルブも壊れていました

2 配管修理完了

3 不凍栓バルブ交換

4 完了 埋め戻しをして終わりました

 

■今日の言葉 

人に笑顔と喜びを与えなさい。
そうすると人はあなたに恵みと安らぎをもたらす。
北川八郎(陶芸家)
 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


Copyright(c) 2013 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.