『家も住む状況に応じて変えなければなりませんね。』(9月9日)

2013-09-10

先週、お客様の所でインターホンと電話の工事をしました。

以前は、商売をされていて電話機が各部屋ごと計5台ありました。

もう30年以上前のものです。

電話機がインターホンとしても使えるタイプで、配線が複雑で、メインの機器には電線が8本も配線されていました。

その当時は、家族も多く便利に使っていたことでしょう。

今回、相談を受けたのは、来客がありインターホンを外で押しても室内で音が鳴らない時があるのと、電話機も相手が電話をかけてきても鳴らないことがあるそうです。

しばらくの間は、ご本人は気がつかなかったようです。

何人かの方に言われて、気がつき当社に連絡をいただきました。

すでに、機種が古く修理は出来ませんでした。

今は、インターホンと電話を兼用で使える機種もいろいろとあります。

例えば、モニターがついているタイプと声だけが聞こえるタイプに分けられます。

お話を伺い、3種類の提案をしました。

今回は、声だけ聞こえるタイプをご購入いただきました。

前の配線の図面か、電線にどこに配線してあるかの明記があるか、当時の取り付け説明書があればよかったのですが、どれもなく配線が複雑だったため電線がどこに行っているのかを確認するのに時間がかかりました。

何とか無事に、工事も終わりました。

生活環境が変わることで使い方がそれまでとちがったり、今までの設備が古くなり今の機器と適合しないことが良くあります。

けっして、最新の機種だけが良いとは限りません。

そんな時は、お客様とお話をしながらより良い方法を考えたいものです。

いろいろなインターホンがあります。
興味のある方は、ご覧ください。

http://panasonic.jp/door/

http://www.aiphone.co.jp/products/detached/

 

1 工事前 電話配線が複雑でした。

2 工事中 電話配線を整理しました。

3 工事完了 電話線もスッキリしました。

 

 

■今日の言葉

この一日を全力で使わなきゃ、この一日をもらっていない方に失礼になる。
だから朝起きると、一日いただいたと思うわけです
…………………
大棟耕介(道化師/ホスピタルクラウン)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


Copyright(c) 2013 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.