何でも、あまりひどくならない早目の対応が大切です

2011-04-18

古屋商店のフルフルです。

先日、トイレのリフォーム工事を行いました。緊急のトイレ工事でした。
会社に連絡があり、トイレから水漏れがあるので便器を取替えたいとのことでした。

修理で直ればと思い、夕方お客様のところへ伺ったところ、水漏れではなく和式の便器の一部が割れていました。

 ↓ 修理前

取替え前の和便器

割れた部分

↓ 修理後

取替え後のタンクなしトイレ

水を流すと割れた部分から大量の水が吹き出して床はびしょ濡れになってしまいます。
お客様は「修理で何とかならないですか?」と言われましたが、とても修理は出来ないので取替をお勧めしたところ、トイレが一つしかなく、明日にでも工事をして欲しいとの事でした。

何でも今まで、便器にひびが入っていていたそうですが、そのまま使用されていて、立ち上がるときにその部分に手を付いてしまい、割れてしまったそうです。

今使えないので、近所にトイレを借りにいっているとのこと。今は残念ながら震災の影響もあり、注文してから早くて一週間くらい、遅いものでは一ヶ月もかかるものもあります。
会社へ帰って取引先を5社程あたりましたが在庫はありませんでした。最後の一社に確認したところ、タンクなしトイレが一台だけありましたが、お客様がご要望された、出来るだけ安く仕上げたい費用とは差があり、翌朝見積もりをもって「これしかありません」と、お伝えしたところ「無いのなら仕方ないので工事をしてください」と言われました。

何とか使えるようになりましたが、当社が日ごろ考えるお客様と相談して希望に合ったものをご提案することが出来なかったのは残念です。

お客様はトイレが使用できて満足のようでしたが、家のこと全般(設備や家電品なども含め)体と同じように手の施しようがなくなる前に早めに診断を受けることをお奨めします。
自分だけの判断で、まだ大丈夫は危険です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


Copyright(c) 2011 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.