『修理にするか、取り替えるか迷うところです』(ブログ 3月21日)

2013-03-22

「給湯器のリモコンの電源が入らなくなったので見て欲しい」とお客様から連絡がありました。

現場に伺ってみると、コンセントまでは電気が来ていますが、リモコンの電源が入りません。

製造から13年が経過しているので、修理が可能かメーカーに確認したところ、在庫を調べて連絡をくれることになりました。

しばらくして連絡があり、部品はまだ在庫があるので、修理は可能とのことでした。

お客様の方で修理金額と給湯器を丸ごと取り替えた時の金額を知りたいと言われたので、
およその修理金額と給湯器を丸ごと取り替えた時の金額をお伝えしました。

お客様はしばらく考えられて取り替えることになりました。

いつも思いますが、どちらが良かったかはその後の結果次第だと思います。

出来れば、あまりリスクが高い選択をされない方がよいと思いながも、正しい情報と今までの経験を正確にお伝えすることを心がけています。

 

■今日の言葉

「伸びる選手の条件」
13大会連続世界一という偉業を成し遂げたレスリングの吉田沙保里選手。
世界の強豪を相手に、闘志をむき出しにして闘うその姿は国民に勇気と感動を与えてくれました。
そんな吉田沙保里選手が活躍する傍にはいつも父であり指導者でもある吉田栄勝氏がいました。
   
  吉田栄勝氏(一志ジュニアレスリング教室代表)      

◆その1◆
…………………………………………………

「一度負けたくらいでクヨクヨするな」

…………………………………………………

私は沙保里によくこんな話をしてきました。

「もしおまえが途中で負けてしまったら、
 おまえに負けた子がまた泣いてしまうぞ。
 
 だからおまえに負けた子の分まで
 勝たなきゃいけない」と。

 一方、女房は2008年に
 連勝記録が119で途切れた時

「いままでおまえが勝たせてもらったその裏で、
 他の子は皆泣いていたんだよ。
 一度負けたくらいでクヨクヨするな」

と言いました。

 連勝の記録ももちろん大事ですが、
 やっぱり人間、負ける悔しさというのを
 覚えていってこそ、
 本当の成長へと繋がるのだと思います。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: ★工事・修理, 今日のことば, 給湯器   


Copyright(c) 2013 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.