『当たり前のことを、当たり前にする(感じたこと) 古屋 英司 2018.2.11』        

2018-02-11

皆さんいかがお過ごしですか。

 

今日は、15年以上お稽古に通っている習い事の師匠の誕生日です。

 

お誕生日おめでとうございます。

 

習い始めの頃、(いまでもたまになりますが)お話くださることが分からことが多くありました。

師匠にとっては当たり前のことでも私には、特別なことだったからです。

 

そんな特別と思える当たり前で思い出すのが

 

仕事での師匠でもらる全国リフォーム合同会議のさくら住宅の二宮社長が仰った言葉です。

 

 

始めて参加した時に

 

『当たり前のことを当たり前にする』

 

この言葉を聞いたとき、なんだかわかったような、わからないような

不思議な感覚で聞いていました。

 

 

最近になり少しだけ

『当たり前のことを当たり前にする』の意味がわかってきました。

 

当たり前は人それぞれ違います。

 

でもよく考えると

 

まず、約束を守るのは当た前

嘘をつかないのも当たり前です。

 

これはみなさん納得することでしょう。

 

 

自分を正当化して、約束をまもらなかったり

都合のいい解釈で約束を破ったりする人が多いのも事実です。

 

 

また、嘘もそうです。

自分に都合がいいから

相手が気に入らないから

などで嘘をつく人もいます。

 

もちろん私にも経験があります。

 

出会いで色々なことが変わるように

 

『当たり前のことを当たり前にする』

の言葉から気づかされました。

 

当たり前の基本は約束を守る、嘘をつかないにありますが

 

一方で当たり前のレベルが会社により違うことも

この一年半で気がつきました。

 

平気で自社の都合だけを言う会社

一方、誠実で苦しくてもそれをやりぬく会社

 

『当たり前のことを当たり前にする』

を基準に考えたときに

今まで見過ごしてきたことが少しだけ見えてきたような気がします。

 

ちなみに、あるデーターでは

約束を守り、嘘をつかないで社員さん、協力業者さん、お客様等

人を大切にしてするよい会社と呼べるの会社は19%しかないそうです。

 

ちなみに、さくら住宅さんは19%に入っています。

 

『当たり前のことを当たり前にする』まずは

人としての当たり前

次に会社としての当たり前を考えてみたいと思いました。

 

ちなみに、15年以上お付き合いのある私の師匠は

お稽古に伺って、私が待たされたことは一度もありません。

待つて貰ったことは何度もありますが・・・。

 

これも師匠にとっては当たり前のことです。

 

 

 

新しいホームページはこちら

 

無題

 

過去の2月11日ブログ

 

『100目のイベント(感じたこと)』 2017.2.11

 

『最近の我が家の流行(感じたこと)』2016.2.11

 

『色々な出会い(感じたこと)』  2015.2.11

 
『驚きの言葉(お前さんはいくつだい・・・。)』(2014.2.11)

 

 

 

 

今日の言葉 『夢を叶える秘訣』

深刻がらず、流れに抵抗せず、決めたら実行する

 西田武生
(ファッションデザイナー)
『致知』最新号より

 

3月『甲府論語塾』

平成30年3月10日(土)10:00~11:00

開催場所 リフォームのふるや 会議室

甲府市朝気1-2-66

参加費 1組500円

問合せ先 リフォームのふるや

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 


Copyright(c) 2018 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.