水道管の劣化~漏水

2011-01-24

古屋商店のフルフルです。

最近、寒い日が続くため、漏水のお電話をよくいただきます。

お客様からのご依頼内容は 「水道局のメーター検針の人から、漏水をしているので直した方が良い、と言われたので見て欲しい」 とか 「水道局に漏水の検査をしてもらったら漏れているらしい」 などです。

多くの場合、家を建ててから20年以上経過しており、水道管の劣化によるものです。

工事をする場合、選択は3つ程あります。

① その場所だけを直す
② 例えば、台所の配管で水漏れをしたら、その配管の系統だけ直す
③ 全ての水道管を直す

状況や、お客様の考え方によっても、どれを選ぶかは違いますが、漏水してしまうと "早く直して欲しい" と思うため、ほとんどの方が①を選択されます。

先日は、3回目の修理というお客様もいました。工事金額を考えると、何度も修理をされるよりも、最初の段階で、全ての水道管を修理された方が良かったのではないかと思います。

目安として、築25年以上でしたら、全ての水道管を直す方法を選択することをお勧めします。永久に使用できるものではないので・・・

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: ★水道工事, 水道工事   


Copyright(c) 2011 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.