永遠に使い続けられるものはないでしょう

2012-06-22

古屋商店のフルフルです。

昨日、メーカーで点検回収しているガス給湯器(屋内設置型)の製品をもう一度お客様に周知して欲しいと会社の方に連絡がありました。
すでに23~32年経過している商品です。詳しくはコチラをクリックして下さい。

人が作ったものはいずれ壊れます。ある程度時期がきたら交換をしないと大きな事故につながることもあります。既に20年以上経過している商品ですからなかなか見つけることが大変です。
当店のお客様でも1件だけ2、3年前にすでにご使用されていなかったのですが、該当の機種があり取り外しました。
お客様(使用する側)の意識にもある程度の期間経過したものは取替をすると思っていただいた方が良いかもしれません。

最近は一部メーカーで 「設計上の標準使用期間10年」 などと表示をするようになりました。また、屋内用給湯器など一部の商品は10年に一度点検をすることが決められています。詳しくはコチラをクリックして下さい。

いろいろな制度の変更また事故により、情報などもお客様に安全にご使用いただけるようにお伝えするのも仕事の一つと考えています。ご自宅の機器などご確認下さい。

何でもそうですが時期を逃すと大きな問題となってしまいます。正しい判断をすることが大切ですね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 思ったこと, 給湯器   


Copyright(c) 2012 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.