『伝え方、伝わり方と信頼(感じたこと)古屋英司  2017.8.19』

2017-08-19

 

皆さんいかがお過ごしですか。

 

言葉の伝え方と受け取り方についてのお話です。

 

最近、色々な人とお話をして、特に感じるのが自分が伝えたい意図と相手が受けとる感覚の違いです。

 

 

特に、他の人からの又聞きには要注意です。

 

はじめに話をした人から、次の人に伝わった瞬間に伝えた内容の半分が伝えられた人の考えに変換されるそうです。

 

 

 

次に、その伝えられた人が別の人に話をすると1/4以下の内容になるそうです。

 

直接相手に伝えた場合でも

自分では、単純に事実だけを話しているつもりでも、それが相手にそのまま伝わっていると思っていても

自分の考えていることに近い形で伝わっている人と何でそんなことになるのかと思えるほど伝わらない人がいます。

 

 

なぜなんだろうと考えてみると、伝えた人のことを聞く側が信頼している度合による伝わり方の違いではないかとでしょうか。

 

もちろん話をする側の技量もあるでしょうが、話した内容を素直に聞けるか、違ったように受け取るかは、それはいかに信頼しているかによります。

 

信頼をしていただくのは簡単なことではありませんが、お互いに信頼できる関係が一番です。

 

 

 

その為にも、人として今まで信頼される行動をしてきたか、また信頼できる人と関係を築いてきたかをいま一度振り返るよい機会だと思っています。

 

いまこの話を聞いても受け取り方は様々だと思います。

 

 

この会社

住まいのふるやはお伝えした内容を信じていただき、当社もお付き合いするお客様は信頼できる方とよい関係を築くことができる会社を目指します。

 

 

お困りの時は

 

『住まいのかかりつけ医』 住まいのふるやにお任せください。

 

『住まいのかかりつけ医』とは

人の体をお医者さんが見るように、家も長年住んでいればどこか、不具合(病気)にかかります。

小さな病気から大きな病気まで困った時に安心して診てもらえる

町医者と同じような地元で必要とされるかかりつけのお医者さんのよう

 な存在を住まいのふるやは目指します。

 

 

過去の8月19日ブログ

 

『覚えていてくださり、ありがとうございます。(温水便座)』 2016.8.19

 

『朝の出来事から(感じたこと)』2015.8.19

 

『心に残ること(思い出)』 2014.8.19


『津金学校2』 2013.8.19

 

 

 

 

今日の言葉
こうしていま生きていること自体が
本当に幸運なことであり、
私たちの誰もがかけがえのない奇跡的な存在
━━━━━━━━━━━━━━
更科功(分子古生物学者)

 

 

9月『甲府論語塾』

平成29年9月16日(土)10:00~11:00

開催場所 甲府市総合市民会館内 2階 講義室1

甲府市青沼3-5-44

連絡先 遊亀公民会 電話 055-235-1428

甲府市総合市民会館内遊亀公民会 案内地図

参加費 一家族 500円

問合せ先 有限会社 古屋商店

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業51年

『住まいのかかりつけ医』

住まいのふるや
有限会社 古屋商店

甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


Copyright(c) 2017 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.