10月, 2018年

『恩送り 古屋 英司 2018.10.21』

2018-10-21

皆さんいかがお過ごしですか。

今日は、父の命日でした。

他界してから早いもので6年が過ぎました。

 

親は子供に無償の愛を注ぎますが、多くの子供はそれに気がつかないで

当たり前と思っているのではないでしょうか。

 

私もその一人でした。

今は、両親だけでなく、受けた恩をできるだけ返せるような人間になりたいと思います。

その恩返しの一つが仕事を通じてできるのではないかと最近は感じています。

 

以前に日本理化学工業というチョ-クを作る会社を訪問しました。

なんとその会社は働く半分以上が、障がい者の方でした。

 

初めて障がい者を雇用したときのこと、社長さんがうれしそうに働く障がい者の社員さんをみて

施設で暮らしているほうが楽で幸せではないかと思い

そのことをたまたま法事であった導師に話をされたそうです。

その時に次のようなことを言われたそうです。

 

「人間の究極の幸せは


人に愛されること、
人にほめられること、
人の役に立つこと、
人から必要とされること
 

の4つです。


働くことによって愛以外の3つの幸せは得られるのだ。」

と言われました。
私はその愛までも得られると思う。と社長さんは仰っていました。

 

父も仕事をすることが生きがいのような人でした。

仕事をすることで自分以外の人が喜んでくださるのであればそれが恩送りになると感じています。

 

 

恩送りとは

「恩」とは、めぐみ、いつくしみのことである

 

誰かから受けた恩を、自分は別の人に送る。

そしてその送られた人がさらに別の人に渡す。そうして「恩」が世の中をぐるぐる回ってゆくということ。

 

 

お困りの時は

『住まいのかかりつけ医』 リフォームのふるやにお任せください。

『住まいのかかりつけ医』とは

家も長年住んでいればどこか、不具合(病気)にかかります。

人の体をお医者さんが見るように、小さな病気から大きな病気まで困った時に

安心して診てもらえる町医者と同じような地元で必要とされる

かかりつけのお医者さんのよう な存在を住まいのふるやは目指します。

 

モットー

 

 

今日の言葉 「悲しむということ」

悲しむということは、笑うことと同じように大事なこと。
本当の幸福を手にするためには、
そういうところにも目を向けなければなりません。
━━━━━━━━━━━━━━

五木寛之(作家) 
月刊『致知』10月号「人生の法則」【最新号】より
━━━━━━━━━━━━━━

『思い切ってよかった 大沼 佳人 2018.10.17

2018-10-17

皆さんこんにちは。

 

最近急に寒くなって来ましたね。

 

前回、お話しましたベランダの工事が完了しました。

 

思い切って屋根に載っていた古いベランダを撤去し、新たに洗濯物を干しやすい

 

場所にベランダを設置しました。

 

ちょうど工事中に台風が来たりで大変でしたが解体が終わってからだったので

 

特に被害はなく良かったです。

 

工事後はお客様も「すっきりして、キレイになりよかった」と喜んでいただきました。

 

 

 

古いベランダ 工事前

DSC03500

 

 

足場をかけて解体しました。工事中

DSC04735

 

新たにベランダ設置 完了 

DSC05206

 

 

 

 

 

 

気になる方は「リフォームのふるや」にお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

お困りの時は

 

『住まいのかかりつけ医』 リフォームのふるやにお任せください。

 

『住まいのかかりつけ医』とは

 

家も長年住んでいればどこか、不具合(病気)にかかります。

 

人の体をお医者さんが見るように、小さな病気から大きな病気まで困った時に安心して診てもらえる

 

町医者と同じような地元で必要とされるかかりつけのお医者さんのよう な存在を住まいのふるやは目指します。

 

 

 

 

今日の言葉 

どんなに悔いても過去は変わらない。

どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。

いま、現在に最善を尽くす事である。

松下 幸之助

 

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■

 

おかげさまで、創業53年

 

『住まいのかかりつけ医』

 

リフォームのふるや

有限会社 古屋商店

 

甲府市朝気1-2-66

 055-237-0704

営業時間9:00~17:00

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

『成長記録  廣瀬恵里 2018.10.5』

2018-10-05

皆さんいかがお過ごしですか?

10月に入り一段と秋らしくなってきましたね。

 

今週末は子ども達の保育園の運動会が開催されます。

運動会の模様を記録するため、ビデオカメラを購入しました。

思い返すと、私が子どもの頃のビデオカメラはカメラと録画機器本体が別でそれぞれ

がかなりの大きさと重さでした。撮影する時はどちらも必要なので、外に持ち出

すときは慎重に持ち運んでいたのを今でも覚えています。

父親が熱心に撮影してくれていたおかげで色んなイベントの思い出が後で皆で

見返せてとても感謝しています。自分も親になり子ども達の成長を記録しておきたい

という気持ちがよく理解できるようになりました。父ほど熱心ではありませんが成長

する姿を残していけたらと思っています。

最近のビデオカメラは小さくて軽くてびっくりです。使いこなせるかが大問題です。。。

 

住まいのかかりつけ医

 

【今日の言葉】

十里の旅の第一歩
百里の旅の第一歩
同じ一歩でも覚悟がちがう
三笠山にのぼる第一歩
富士山にのぼる第一歩
同じ一歩でも覚悟がちがう
どこまで行くつもりか
どこまで登るつもりか
目標が
その日その日を支配する
━━━━━━━━━━━━━━
後藤静香(せいこう)(明治から昭和に活躍した社会教育家)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業53年

『住まいのかかりつけ医』

リフォームのふるや
有限会社 古屋商店
 
甲府市朝気1-2-66
 055-237-0704
営業時間9:00~17:00
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

  カテゴリー: 今日のことば, 思ったこと |    

Copyright(c) 2018 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.