11月, 2015年

『新しくする時期(漏水工事)』2015.11.30

2015-11-30

今日は、漏水工事に伺いました。

築30年位で、水道局の方が漏水をしていると教えてくれたそうです。

比較的早く漏水の場所が見つかりましたが

漏水はどこから漏れているか分からない為

時間や費用の予測がつきません。

古い配管を使用され、漏水を1度お客様には

新しく配管をすることをお勧めしています。

 

 

漏水をしている場所

 


2

 

新しく配管をやり直しました。

 

 

1
『こども論語塾』開催

開催場所 甲府市総合市民会館 3階  会議室3
場所 甲府市青沼3-5-44(電話 055-231-1951)
平成27年12月19日(土)15:00~16:00
参加費 一家族 500円
対象:小学生(同伴で家族可)

問合せ先 有限会社 古屋商店
電話 055-237-0704
平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

過去のブログ

『一年前の約束をはたして (感じたこと)』  2014.11.30


『今日で、ひとまずシーズンOFFかも・・・?』2013.11.30

 

■ 今日の言葉
『人生』

この地上に同じ人間は一人もいない。

たが一つだけ同じ条件の中で人は生きている。

それは1日24時間を平等に与えられていること。

それをどう活かすかがその人の人生であり、責任である。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
土光敏夫(経団連名誉会長)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『過去から学ぶ(感じたこと)』2015.11.29

2015-11-29

今日は、来週に控えた私と会社のことを話をする原稿の締切日でその作成をしました。

なかなか、人前で話す機会がありませんし、あまり向いているとは思いえませんが

今までの事を振り返る良い機会となりました。

明日のことは考えますが、過去のことを具体的に思い出すことがあまりないものです。

ただ、過去から学ぶことは多くあると今回のことで感じました。

誰もいきなり年を取るのではなく

そこには、それぞれの歴史があります。

 
『こども論語塾』開催

開催場所 甲府市総合市民会館 3階  会議室3
場所 甲府市青沼3-5-44(電話 055-231-1951)
平成27年12月19日(土)15:00~16:00
参加費 一家族 500円
対象:小学生(同伴で家族可)

問合せ先 有限会社 古屋商店
電話 055-237-0704
平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

 

過去のブログ

『完成 (トイレリフォーム)』 2014.11.29

 


『おそとDeキッチンガスのイロハ(NO7)』 2013.11.29

■ 今日の言葉
『温故知新』

故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知れば、以て師となるべし。

自分が以前に習ったことや昔のことをしっかりと習熟して、

新しいことを知ることができるならば、師(先生)となることができる。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『色気があったんだね・・・(リフォーム)』2015.11.28

2015-11-28

今日は、妻と一緒に浴室のリフォームを検討中のお客様のお宅に伺いました。

話が終わり、今度はショールームへ行くことになりました。

帰りの車の中で、服装の話しになりました。

その時、私が

『そういえば論語の孔子先生も

中身だけでなく、見た目も大切と言ってるんだよ。』

別に派手な服装でなくて、あまりにもみすぼらしくないその場に沿った見た目であようにと

説明をしました。

すると妻が

『見た目も大切なんて、孔子先生も色気があったんだね』

『え~』と私が驚いていると

『ぜったそうだよ。そうにきまってる。』

と断言していました。

周りに不愉快がないよう中身にそった格好をすることの意味でしたが

妻の頭の中では、孔子先生がどんな格好をしていたのでしょうね。

妻には驚くことばかりです。
新説色気のある孔子の話を聞きたい方は

おまめやまできてください。

おまめやのお店はこちら

 

 

 

 

こちらは真面目な論語塾です。
『こども論語塾』開催

開催場所 甲府市総合市民会館 3階  会議室3
場所 甲府市青沼3-5-44(電話 055-231-1951)
平成27年12月19日(土)15:00~16:00
参加費 一家族 500円
対象:小学生(同伴で家族可)

問合せ先 有限会社 古屋商店
電話 055-237-0704
平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

 

過去のブログ

『ソーラー温水器撤去(撤去工事)』 2014.11.28

 

『おそとDeキッチンガスのイロハ(NO6)』2013.11.28

 
■ 今日の言葉
『徳を積み、善行を重ねる』

積徳累善(せきとくるいぜん)でなくては
大事は出来ず。

【訳】
人としての徳を積み、
善行を重ねるのでなければ、
大切なことは成就できない。
◆心を鼓舞する四字熟語の教え100選
 『吉田松陰 四字熟語遺訓』(川口雅昭・著)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『素朴な疑問への答え(給湯配管)』2015.11.27

2015-11-27

今日は、昨日に引き続き給湯工事の配管に伺いました。

無事に工事は完了しました。

お客様は、今までよりお湯の出がよくなり喜んでいました。

古い配管(目安は20年以上)でお湯のでは悪いなどと感じている方は

早めに配管のリフォームをしましょう。
ところで、先日子どもと妻の会話に驚きました。

長女のことですが、お風呂に入ろうとしている長男のパンツを見て

『あれ?何でパンツの前に穴が開いてるの?なんで?』

答えは簡単なはずです。

私はだまって聞いていました。

『どうして?どうして?』

と聞く娘に妻はあっさりと

『こんどの自由研究で調べれば』と言いました。

私は、何を言ってるのか、この人はと思いっていると

娘が『そうだね。そうする。』と元気よく答えていました。

本当に自由研究で調べることになったらなんて言うのでしょう・・・。

 

工事前

0

 

工事中

 


1

 

工事完了

 

 

2

 

工事完了

 


3

 

過去のブログ

『直せる修理だけど・・・ (修理)』 2014.11.27

 

『今日も漏水工事です』(2013.11.27)

 

■ 今日の言葉
『努力』

努力は幸せになるための手段ではない。

努力そのものが幸せを与えてくれるのだ。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
トルストイ(ロシアの大文豪)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『古くなると他にも影響する(給湯配管)』2015.11.26

2015-11-26

今日は、給湯工事の配管に伺いました。

家を建ててから30年以上が経過して、台所のお湯が出なくなり連絡をいただきました。

配管を確認したとところ劣化による錆びのつまりでした。

今日と明日で工事を行います。

配管の寿命はおよそ20年~30年位です。

徐々に、お湯や水の出が悪くなるなるので住んでおられる方は気がつきにくいと思います。

一箇所でも異常を感じて、明らかに錆びていたら取替をお勧めします。

なぜなら、水栓を新しくしてもまた直ぐに配管の錆で故障をすることがあります。

見える部分でなく見えない部分こそ大切にしたいですね。

 

工事前

 

0

工事中


1

 

 

 

過去のブログ


『和式から洋式に (トイレリフォーム)』 2014.11.26

『漏水工事』2013.11.26
■ 今日の言葉
『偉大な人』

自分のためだけに生きて、

偉大なことを成し遂げた人は一人もいない。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
平光雄(社会教育家)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『年末前に点検(修理)』2015.11.25

2015-11-25

今日は、お客様のお宅で洗濯機が洗濯の途中で停止するので見てほしいと連絡をいただきました。

洗濯機は取替えて4ヶ月くらいでした。

納品された時に排水の流れが悪いと言われたそうです。

排水マスのフタを開けて確認をしたところ確かに少し流れが悪いように感じました。

ただそれが原因か確定できないので、他の方法でも調べたところ

洗濯機の排水を差し込んである所にゴミが溜まりそれで流れを妨げていたことが分かりました。

ゴミを取り除くと洗濯機は正常に動くようになりまいた。

長年使用していると機器だけでなく、排水の設備にもゴミが蓄積されるので

たまには点検をされるのも良いかもしれません。

 

排水詰まり

2015/11/25 11:12

 

 
過去のブログ

『お気持ちはわかりますが・・・。 (感じたこと)』2014.11.25

 
『伐採作業』2013.11.25

 

■ 今日の言葉
『幸福』

私にとって自明なことと思われるのは、

「幸福になろう」と意欲しない限り、幸福になるのは不可能だということだ。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
アラン(フランスの哲学者/教育者)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『早いことが良いとは限らない(漏水工事)』2015.11.24

2015-11-24

先週、漏水工事にうかがいました。

築30年以上の建物です。

寒くなると漏水の連絡が多くなります。

漏水工事は、殆どの場合が地面の下で漏れているので場所が特定できません。

その為、作業時間の予測ができません。

他の修理と違い連絡をいただいて現場で直ぐに作業をすることをしません。

今回の工事も、浴室かトイレのどちらかの配管の系統であることは分かりましたが

後は、掘り進めてみて漏水箇所を確認できるまでどの位の時間かがわからないのです。

また、以前の配管工事の方法により工事が思ったよりも時間がかかることもあります。
予測の出来ない作業は無理に急いでするのはお勧めしていませんし、当社でそのようなやり方はしていません。

何でも、早くするのが良いとは思いませんので・・・。

 

コンクリートをハツリ、掘り進めました

 

0

 

漏水した配管を確認

 

1

 

修理完了

 


2
過去のブログ

『寿命を考える (家電製品)』 2014.11.24

 

『去年の今頃何をしていたか・・・。』2013.11.24
■ 今日の言葉
『運命の法則』

私たち一人ひとりの生命は無数の奇跡によって織り成され、いま、ここにある。

そのことに思いを馳せ、自らの生を全うすることこそ、すべての人に課せられた使命

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

▼月刊『致知』2015年12月号【最新号】P13「特集総リード」より

http://www.chichi.co.jp/info/month

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『その家にあったものを・・・。(トイレリフォーム)』2015.11.23

2015-11-23

先週は、トイレ交換に伺いました。

使用されて約30年が経過したタンクと便器でした。

便座を一度だけ取り替てをしています。

便座は、電化製品と同じで修理部品の保有期限が短いことや

便器やタンクよりも比較的早く故障をします。

今回の故障はタンク内の部品の不具合でした。

お客様は、古くなっているので全て取り替えることにされました。

便器、便座とも機能を説明して

便器はお求めやすい節水トイレ

便座は機能重視のウォシュレット選んでいただきました。

節水トイレの魅力は、やはり水の節約で水道代が以前よりはかからなくなることです。

便座は、掃除のしやすさが一番です。

毎日使うものだから、お客様の考えにあったものを選びたいものですね。

 

今までご使用のトイレ

 

1

 

 

節水機能の新しいトイレ

2

 

 

機能についての詳しいことはこちらをご覧ください。

 

 

節水

 

 

掃除が簡単

 

 

 

 

過去のブログ

 
『今日のはじまり (感じたこと)』 2014.11.23

 

 
『七五三』 2013.11.23

 

■ 今日の言葉
『運命の法則』

多くの方との素晴らしい出会いがあり、

その厚意と善意に満ちたアドバイスがあることに気づき、

不平不満を言うよりは、「感謝」をしようと思い始めてから、

私の運命が大きく好転していった。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
稲盛和夫(京セラ名誉会長)

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://furuya-gas.com/?p=4475

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『受け継がれるもの(感じたこと)』2015.11.22

2015-11-22

昨日は、東京で「こども論語塾」を見学した後に講演会を別の場所で聞きました。

その時の講師の方は、最後に聖徳太子の話をしてくださいました。

私が知っているのは

聖徳太子が制定した十七条憲法の第一条に出てくる言葉。

『和を以て貴しとなす』

和を以て貴しとなすとは、何事をやるにも、みんなが仲良くやり、いさかいを起こさないのが良いということ。

という意味です。

ところが、話では当時の中国で絶大な権力を持っていた隋の国に次のような国書を送ったそうです。
「日出る処の天子、書を没する処の天子に致す」

当時の随の皇帝は、この国書を見て激怒したと言われています。

その理由は
①日があがる国(倭国)と日が沈む国(随)のように、随が下に見られたことに対し立腹したのです。
②当時の外交背景はアジアで随(当時の中国)が最大の都市として栄えていました。
その周辺諸国は随に朝貢する(従う)ことで国家として認めてもらい
国の有事があれば随に守ってもらえるというように、国の安全を担保していたのです。

これは鎌倉時代の封建制度と類似したものです。
武士は鎌倉幕府から土地を与えてもらう代わりに、軍役や経済の負担をするというもので、当時は「御恩と奉公」と言われていました。

それまでの日本も随に対してこのような関係でした。
③国書の「天子」という言葉です。
天子はそもそも中国思想で君主を表し、国を治める者を指していました。
統治しているはずの国(倭国)が随と対等である天子を名乗ったことに対し、激怒したというわけです。

実はこの頃、高句麗(今の中国東北部南部から朝鮮北中部にあった国)が隋に進攻し、隋に打撃を与えていました。

聖徳太子はこのタイミングを捉えて「日出る処の天子」の国書を送ったといわれています。

隋は、高句麗と日本が合同しては困ると考えたようです。

その後に聖徳太子は次のような国書を送っているそうです。

「東の天皇、敬しみて、西の皇帝に白す(まをす)」

皇帝の文字をさけることで隋の立場に配慮しつつも、

称号を使うことで、両国が対等であることを表明したのです。

これに対して隋の皇帝は正式には認めませんでしたが、黙認するような形になりました。

これが「天皇」という称号が使われた始まりとされています。

日本の自立の姿勢を示す天皇の称号は、その後も使われ続け、とぎれることなく今日にいたっています。
聖徳太子は、対等を目指したというよりは随からは独立した国家であるということを認めさせたのです。
『和を以て貴しとなす』とは、何でも相手のことを認めるのではなく

その状況に応じて相手の立場も考えて、こちらの主張を通すことも必要であるというお話でした。

そしてこの話を聞きながら
過去から今に受け継がれる歴史にはそれなりの意味があるのだと感じました。

受け継がれる歴史といえば身近なところでは、親と子、師弟関係などや仕事では店の名前などももあります。

私も、古屋商店を継ぎましたが、お客様にも古屋商店と父のことでよく聞かれることがあります。

『古屋さんとこの息子さん』とか

『真面目なお父さんは・・・・。』

以前はそんなことがうっとうしく感じましたが

最近は、受け継がれる歴史があるからこそ、それを引き継げること

また、それがありがたいとも感じます。

そして、その体験は自分しか出来ないことだからです。

それとは反対に、人を見て大変だな感じることもありました。

たまたまそんな機会が今日ありました。

ある研修会でのことです。

知り合いの方が、皆さんの前で成果を発表する場がありました。

応援で私も駆けつけましたが

その方の家は、おばあさん、おかあさんが先生でした。

既に他界されて、今は別の先生のところで教えを受けています。

その先生も、山梨では名前がよく知れている方です。

その為、今日の成果発表の時に、他の人達とは明らかに周りの注目度が違うとを感じました。

その場の空気が変わり張り詰めたことを感じとまりました。

そんな中でも、一所懸命に取り組んでいる姿を見て、立派だと感じと共に

自分が与えられた状況を真摯に受け止め逃げることなく受け入れる大切さを学びました。
人にはそれぞれ、与えられた環境があります。

それを、マイナスととらえるか、プラスととらえるかはその人しだいです。

冒頭の聖徳太子の話もその時に日本がおかれている立場で最善を尽くしたからこそ

今の日本があるのはだと感じます。

今の日本は平和の国ですが、それはそれより前の人達の行いによるものです。

そしてこれからは、ここにいる我々が次の人達に何を残せるかだと感じます。

まずは、自分が、そして周りの人が自分に誇りをもてる正しい行いのできる人間になれればいいと思います。
そんな思いの中で昨日もお話をした『こども論語塾』をはじめることにしました。

論語はとてもよいと分かっていますが

このやり方がいいのかは正直、わかりません。

そして、自分が人に対してえらそうなことを言えるとも思っていませんが

共に学ぶことができればといいなと思います。

 

そういえば、

今日はいい夫婦の日だと教えてくださった方がいます。

まずは、周りがよくなればいいなと思います。

 

 

『こども論語塾』開催

開催場所 甲府市総合市民会館 3階  会議室3
場所 甲府市青沼3-5-44(電話 055-231-1951)
平成27年12月19日(土)15:00~16:00
参加費 一家族 500円
対象:小学生(同伴で家族可)

問合せ先 有限会社 古屋商店
電話 055-237-0704
平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

 

過去のブログ


『そんな時代から今がある (感じたこと)』 2014.11.22

 


『おそとDeキッチンガスのイロハ(NO5)』2013.11.22

 

■ 今日の言葉
『自分と向き合う』

人間にとって、一番恐ろしい敵は不遇ではなくて、
自分の心。自分で自分をこんな人間だと思っていると、
それだけの人間にしかなれません
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ヘレン・ケラー

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『ありがたいお言葉(論語塾)』2015.11.21

2015-11-21

今日は、12月19日(土曜日)からはじまる「こども論語塾」に向けて

論語の指導を受けた先生が講師を務める「こども論語塾」を東京へ見学に行きました。

東京の「こども論語塾」はこちら

 

6月~11月の『論語指導者養成塾』で冒頭に

「私が教えられることは自分が体験したことであって、その後は自分で道を切り開いてください。」

というような意味の厳しくも温かいお言葉をいただきました。

その言葉で、開塾をする決意が固まりました。

あの言葉から5ヶ月が過ぎました。

 

「こども論語塾」の見学を終えて、少しだけお話をさせていただきましたが

先生が『山梨のこども論語塾にいつかは伺います。』と言ってくださいました。

私が『そんなお忙しいのに』と言うと

『弟子のところに行くのは当たりです。』

『私が弟子にしていただけるのですか?』と聞くと

『当たりまえです。だって一緒に学んだのだから』

とありがたいお言葉をいただきました。

 

 

私が論語をこどもに学んで欲しいと思ったきっかけは以前のブログでお話しました。

詳しくはこちらをご覧ください。

『論語塾セミナー(感じたこと)』2015.11.6

 

 

 
論語を学ぶことで何がよいか。

 
1、思いやりのある子を育てる

論語の中で一番大切なのが、思いやり心です(仁)です。

論語の中でも、この仁は度々登場します。

 

2、バランスの取れた人になる。そして言葉よりも行動が大切(実践することが大切)

論語の中で語られている孔子先生の言葉は

学ぶだけでなく、行動に移さなければ意味がないといっています。

また、論語の中には、考えることの大切さと、それを実践することの大切さ、そしてわからないことがあれば学ぶこと

それらの大切を色々な言葉で語っています。
3、よい習慣を身につける(おのれに厳しく)

自分を律してよい習慣を身につけることを修身といいますが

昔は学校でも修身教育がされていました。

まず、自分の身を正すことからはじまります。

 

この1~3だけでは、ありませんが私は論語を学ぶことで色々な気づきがありました。

こどものうちに、論語を学ぶことで自然と心の中に残り生きる力となると思います。

論語を学んで直ぐに実行できるわけではありません。

理想を目指して行動することで少しでも理想に近づけることに意味があると思います。

日本人が昔から愛した論語に触れることで少しでも気づき行動でたらよいのではないでしょうか。

私も皆さんと共に学んで行きたいと思います。
『こども論語塾』開催について

開催場所 甲府市総合市民会館 3階  会議室3
場所 甲府市青沼3-5-44(電話 055-231-1951)
平成27年12月19日(土)15:00~16:00
参加費 一家族 500円
対象:小学生(同伴で家族可)

問合せ先 有限会社 古屋商店
電話 055-237-0704
平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く
過去のブログ
『取替時期を考える(照明器具)』  2014.11.21
『年末に向けて気になるところの取替は早めに』2013.11.21

 

■ 今日の言葉
『利他の精神』

ホンのわずかな事でもよいから、他人のためにつくす人間になろう
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
森信三(哲学者/教育者)

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

« 次へ
Copyright(c) 2015 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.