3月, 2015年

『動悸が原因 ・・・。 (感じたこと)』  2015.3.21

2015-03-21

今朝の我が家の出来事です。

今日はお彼岸で朝からお墓参りに行く予定になっていました。

その前に、朝食を食べていました。

今日一日は、私も妻も予定がいっぱいでした。

明日は、息子の卒園式です。

妻はそのための準備を色々としなければなりませんでした。

私も、仕事のほかに午後から用事があり出かける予定でした。

そんな気持ちが少しせいた状況の中で食事をしていました。

三人の子どもたちはそんなことはお構いなしです。

一度に三人が『ねえねえ、おかあさん』と話かけてきます。
ついに妻が切れてしまい

『一度に話しかけられると動悸がするからやめて!』と言いました。
あとからよく考えると、小学3年生と幼稚園児に動悸の意味がわかるわけもなく

しばらくは話をやめたものの、

『それで、おかあさん』とまた、一度に話しかけてきました。

すると妻は

『私は聖徳太子じゃないから一度に話かけないで』と言ったかと思うと
『きっと聖徳太子は病気じゃなったね。』

とわけのわからないことを言い出しました。

それを聞いていた私は

「みんながいっせいにしゃべるから、動悸がする。そんな自分は病気だから聖徳太子のように一度にみんなの言うことを聞けない」

ということかなと心の中で呟きました。

「じゃあ、病気でなかったら、聖徳太子のように一度に何人もの人の話を聞けるのかい?」

と言いたいところでしたが

それを言ったら、さらに動悸が激しくなり、火に油を注ぐ怒りの大火災とならぬように

心の中で呟く私でした。

夜になり、妻の様子を見ると

卒園式の準備は何とか終わり、これで動悸も少しは治まることでしょう。

明日の卒園式が楽しみです。

 

 

過去の3月21日のブログ

 

『お墓参り(春分の日)』(2014.3.21)

 

『修理にするか、取り替えるか迷うところです』(2013.3.21)

 

■ 今日の言葉

『最高の人』

最高の人というのは

この世の生を精いっぱい

力いっぱい命いっぱい生きた人

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
松原泰道(龍源寺元住職)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『間に合ってよかった。(ガス給湯器取替)』  2015.3.20

2015-03-20

昨日、お客様のお宅でガス給湯器の取替をさせていただきました。

家の方が忙しくて工事をするのにも時間の制約がありました。

故障の連絡をいただく以前から、給湯ができないままに使用されていました。

先日、ようやくご自宅に伺い故障の確認をしました。

メーカーに問合せをいたところ、修理部品が殆どないので取替えを促す回答でした。

機器は15年以上、使用されたため取替でご理解いただき見積もりをしました。

あらかじめお客様から、工事時間の制約を相談されました。

通常当社では、工事時間をあまりにも短縮する工事はお断りすることもあります。

理由は、速やかに行うようには心がけますが急いで工事をして良い事はないからです。

ただ、今回の場合に限り色々と方法を考えて何とかご希望の時間に終わることが出来ました。

設置上条件もよかったのも幸いしました。
父の時からの付き合いのお客様です。

初めに現場を確認した時に、家族の方が体調不良で入院をされていて

その看病のために自宅を留守にすることが多いことをお話してくださいました。

『これで、普通にお風呂に入れるお湯も出るようになる』と喜んでおいででした。
本当によかったと思います。

 

1 工事前 15年間ご苦労様

1

 

2 工事後 新しいガス給湯器は省エネタイプです。

2

 

3 工事後 わかりやすいリモコンでガスの使用量もわかります。

3

過去の3月20日のブログ

 
『屋内用風呂釜からより安全な屋外式給湯器への取替。(ガス給湯器)』(2014.3.20)

 

『あまり進歩はないけどそれでも少しずつ良くなっているかも・・・。』(2013.3.20)

 

■ 今日の言葉

『仕事の本質』

仕事の本質は人の役に立つこと、

もしくは人の役に立つものをつくること。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
末石藏八(キシヤ会長)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『いつも思うこと、くるべき時がいつかくる引退の時(給湯配管工事』  2015.3.19

2015-03-19

世の中に、永久に使えるものなどないといつも感じるときがあります。

それは、人でも建物でもその中の設備、家電でも何らかの手を加えながら寿命は延びることがあっても

使い始めの時から変わることがないものはありません。

そんことを感じる機会が昨日もありました。

数日前に、お客様より漏水をしているので見てくださいと連絡をいただきました。

伺うと、地中の中でしかもコンクリートの場所です。

どこから漏水しているのか特定するのが難しい為、配管をやり直すことになりました。

その際に、今までの配管を確認したところ、錆がいたるところにありました。

これでは漏水がおきても仕方がないと思いました。

家を建てたのが24年程前だそうです。

年数としては寿命といわざるおえません。

今40歳の人であれば24年前は16歳の高校生です。

わが身を見れば、その年月の長さがわかるはずだと改めて感じます。

お客様のお宅の配管もくるべき時がきた、引退の時だと思う出来事でした。
工事の方は、無事終わり、今日補修作業をして完了しました。

 

1 工事前  コンクリートの下の地中で漏水

 

1 工事前  コンクリートの下の地中で漏水

 

2 工事中  漏水していない配管も錆がいっぱいでした

 

2 工事中  漏水していない配管も錆がいっぱいでした

3 工事中  新たに配管をしました

3 工事中  新たに配管をしました


4 工事完了  これで漏水の心配がありません

 

4 工事完了  これで漏水の心配がありません

 

過去の3月19日のブログ


『思い出がまた一つ。(つぼみ)』(2014.3.19)

 
『カーポート修理』(2013.3.19)

 
■ 今日の言葉

『二つの教育』

あらゆる人間は二つの教育を持っている。その一つは他人から受ける教育であり、

他の一つは、これよりももっと大切なもので、自らが自らに与える教育である。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ギボン(英国の歴史家)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『何を求めるかによって(埋め込みポスト)』  2015.3.18

2015-03-18

今日は、お客様のお宅に埋め込み用ポストを取り付けに伺いました。

当初は、カタログをお持ちして既製のポストの中から選んでいただこうと思い打合せを何度か行いました。

なかなかお客様が納得されるようなポストがないため、特注品のポストを取付ることになりました。

カタログ商品よりも割高になるので積極的にお勧めしませんでしたが、

カタログの商品では、お客様のご要望を満たすことが出来ませんでした。

一番こだわったのが、受け口と内側の出し口でした。

今までの受け口は斜めになっていて回覧板や送られてくる冊子がポストに入らない為、別に置き場を設けていました。

また、色にもこだわりがありました。

お客様が、ステンの色を好まれませんでした。
やはり、特注品だけあってお客様が思う通りになりました。

厚いものでも入り易く、取り出しやすいようになっています。
無事に、取り付けも終わりホットしています。

人にはそれぞれ色々なこだわりがあります。

お客様のご要望にあったポストがつけることが出来てよかったと思います。

 

1 工事前  斜めに入れるタイプで回覧板等が入りませんでした

 

 

1 工事前

 

 

 

2 工事前 取り出し口が壊れて修理の後があります

2 工事前

 

 

3 工事中 ポストの撤去完了

3 工事中

 

4 工事後 きれいに仕上がり今度は入れ易くなりました。

5 工事後

5 工事後 取り出し口も使い易くなっています。

6 工事後

 

 

過去の3月18日のブログ


『毎日使うものだから、自分が使いやすいものを選ぶのがよいでしょう。(ガスコンロ)』(2014.3.18)

『進化するお店』(2013.3.18)
■ 今日の言葉

『花と人』

美しい花より よい香りを持つ 花がいい

美しい人より よい性質の 人がいい。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
坂村真民(仏教詩人)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『あなたならどうしますか?(火災警報器)』  2015.3.17

2015-03-17

今日、作業に伺ったお客様から質問をされました。

『うちでは、以前にテレビなどで火災警報器を取り付けなければいけないと聞いたけど、取り付けてないけどどうなのかしら』

確かに取れつけの義務化がされたました。

取り付けをしてないお宅もたしかにあります。

本来なら、『それなら直ぐに取り付けるべきですよ。』

と申し上げるべきでしょうが

たまたま持っていた火災警報器の資料をお渡しして簡単に説明をしました。
義務化されましたが取り付けていない殆どのお客様が、本当に必要とは考えていないからつけないのだと思います。

 

 

ではなぜ火災警報器は義務化されたのでしょう。

総務省消防庁の調べによると、2009年に建物火災で死亡した人のうち、約9割が住宅火災によるもだそうです。

そして、住宅火災で死亡した要因として最も多いのが「逃げ遅れ」で、全体の約6割を占めています。

また、住宅火災による死者を年齢別に見ると、65歳以上の高齢者が6割と、半数以上を占めており、

今後さらに高齢化社会が進んでいくことで、死者の増加が懸念されています。

「逃げ遅れ」の死亡の要因は、主に深夜の就寝時間帯に火災の発生に気が付かず、招いてしまった惨事と考えられています。

少しでも早く火災の発生に気づくことができれば、救われた命だったかもしれません。

特に火災の恐ろしさは煙にあります。煙により、呼吸を妨げられるだけでなく、視界を奪われてしまい、結果、避難することが困難になってしまいます。

つまり、火災から命を守るには、初期段階の発見により、避難する時間を少しでも多く作ることが重要なのです。

このような背景から、住宅火災発生時の「逃げ遅れ」を防止するため、すべての住宅について、住宅用火災警報器の設置が全国で義務付けられました。

アメリでは、過去に年間約6,000人の住宅火災による死者が発生していましたが、

1970年代後半に州法等によって寝室や廊下などへの住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

これにより、アメリカでは住宅用火災警報器の普及が進み、現在は普及率が95%を越え、死者数も2,865人(2007年)とほぼ半減しています。

このように、住宅用火災警報器の設置は死者の低減に大きく貢献することが実証されており、日本でも死者数の大幅な減少を期待して義務化されたようです。

以上が火災警報器がなぜ義務化されたかですが
そうわいっても、つける必要はないと思われる方もいると思います。

今日のお客様もお話させていただきましたが、検討されるとのことでした。

結局、どこまで安全性を高めるのかはそのお宅の考え方だと思います。

先のことは誰にもわからにので

大切なのは、納得して選択することではないでしょうか?
過去の3月17日のブログ
『見た目だけではわからないこと。(その歩んできた道)』(2014.3.17)

 
『楽しいこと』(2013.3.17)

 
■ 今日の言葉

『挫けずに生きる』

人間というのは誰しもが孤独であり、

重い荷物を抱えながら歩んでいくものですが、

同時に、それを見事に乗り越える力も持っている。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
鈴木秀子(文学博士)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『潜んでいる危険。(電気工事)』  2015.3.16

2015-03-16

今日、ある会社からコンセントの電源が入らなくなったので見て貰いたいと連絡をいただきました。

伺って、確認をするとコンセント使用不可の張り紙がありました。

コンセントの中を見るとおそらく、電気工事士の資格を持たない人がされたであろう工事でした。

電気が来ているか測定をしましたが、電圧は0Vでした。

配線のどこかが断線しているようです。

原因はわかりませんが、配線をやりかえることになりました。

帰りがけに、今一度確認をすると電圧が100Vです。

そこの職員の方に

『電気が来たらら使用していいですか?』

と聞かれました。

『原因がわからないので使用しないで工事をするまで別のコンセントを使ってください。』

とお願いしました。

結果だけを見れば、電気が使えればよいのかもしれませんが、原因がわからずしかも、

配線方法が怪しいのに、私からは『大丈夫です。』とはお答えできませんでした。

今までにも、コンセントが溶けて連絡をいただいたことが何度かありました。

その場だけよければよいのではなく安全を考えてのアドバイスをしたいと改めて感じました。

 

以前にあったトラブル

 

電気が突然こなくなったコンセント

 

2015031614500000.jpg

 

 

こちらのコンセントもたこ足配線をされていました。

2015031614500001.jpg
過去の3月16日のブログ

 

『昨日の自分より少しでも成長する。(苦手の克服)』(2014.3.16)

 

『ホットすること (第一回ワークショップ )』(2013.3.16)

 
■ 今日の言葉

『生きること』

与えられたことはどんな苦しい、

意に沿わないことでもめげちゃいけない。

焼け火箸を握りしめて離さない稽古をすること。

それが生きることだ。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
西田天香(一燈園創始者)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『初めの気持ちを忘れないで・・・。(感じたこと)』  2015.3.15

2015-03-15

先週、長男が初めて書道の稽古に行きました。

親が勧めたわけではありません。

私が、近所のお宅にお邪魔した時、習字の道具がありました。

その時に、親戚のお子さんに書道を週に一度教えていることを知りました。

その方は、毎朝ラジオ体操で会うおじさんでした。

それから、1週間位して妻から長男が書道を習いたいと言い出したと聞きました。

習い事は本人が希望するのなら、できることなら望みをかなえてやりたいと思っています。

ただ、我が家には決まりがあります。

毎日、決められたことが出来ていなければその習い事はやめると約束をすることです。

 

『どこで習わせようか』と妻に言うと

『本人の希望は、近所のおじさんのところで習いたいそうよ。』と言いました。

私が家で、その方が書道を教えていることを妻に話しているのを長男が聞いていたのでしょう。

近いうちに、教えてもらえるかお願いしてみることにしました。

数日して

『息子が書道を習いたいので教えていただけますか?』とお願いをすると

『この間、ボクが来て習字を習わせてください。』と言ってきたよ。

どうやら、外で見かけたときに直接お願いをしたようです。

その方が言われるには、

『親戚の子だけ教えているから少し考えさせてください。』とのことでした。

それが2月の初めの頃

それから、息子が何回か同じようにお願いをしたようでした。

ついに、お許しが出てました。

当初は、4月になり小学1年生になってから通うつもりでしたが

特別に、先週から通わせていただくことになりました。

本人は楽しかったと喜んでいました。

初めに習いたいと思ってお願いした気持ちだけは忘れないで欲しいものです。

 

名前を書いてきました。

 

2015031306320000.jpg

 

 

 

縦と横に真っ直ぐに、押さえをしっかりと

2015031306320001.jpg

 

 

 

 

過去の3月15日のブログ

 

『言葉一つで元気になるね(ガス給湯器)』(2014.3.15)
『どきどきトイレ修理』(2013.3.15)

 

■ 今日の言葉

『真心』

真心が縁を生かす秘訣

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
板橋興宗(御誕生寺住職)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『これで安心してお迎えができます。(玄関ドア)』  2015.3.14

2015-03-14

今日は、会社の入口のドアをリフォームしました。

このお店が出来たころからのガラスの重いドアを使用していました。

私はそれなりに、外の光が入り、気に入っていたのですが

ドアが重いためお客様が開けにくのとガラスのドアの為に隙間があり指を挟んだお客様もいました。

幸今までも大きな怪我には至りませんでした。

また、隙間があるので風が強いときは隙間風にも悩まされました。

念願かないようやくお店が休みの今日取替工事が終わりました。

このお店が出来て30年近く働いてくれたガラスドアにはありがとうと感謝したいと思います。

これからは、今までと同じに会社の顔となる新しいドアを大切にしたいと思います。

隙間もなくなり、安心してお客様をお迎えできます。

 

1 工事前 室内から見る風景もこれで最後

 

1 工事前 室内から見る風景もこれで最後

 

 

2 工事前 店の前からはこんな感じでした

2 工事前 店の前からのガラスドア

 

3 工事中 傷がつかないようにダンボウルで養生されていました。断熱ドアと隙間風がないので、これからは寒くありません。

3 工事中 傷がつかないようにダンボウルで養生されていました。断熱ドアと隙間風がないので、これからは寒くありません。

 

 

4 工事後 室内から見た感じ

5

 

5 工事後 外から見た感じ、ドアも軽くなり防犯上も安心

6

過去の3月14日のブログ

 

『迷子(ガス給湯器)』(2014.3.14)

 
『クーピーの神様』(2013.3.14)

 

 

■ 今日の言葉

『人間の格』

希望をもって生きることの出来るのは、

人間だけである。

希望の内容が人間の格を創る。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
平澤 興(京都大学元総長)

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『間違いと勘違いの違いてなにかな・・・。(感じたこと)』  2015.3.13

2015-03-13

朝も大分温かくなり、我が家の裏の公園にラジオ体操に来る人も多くなりました。

ラジオ体操を終えて食事をした後に、昨日いただいたクッキーを食べました。

それが、サザエさん家族の顔のクッキーでした。

マスオさんの顔のクッキーが私に似ているという話題の後に

妻が『かつお兄さんて言うんだよね。』

とかつお君のマネをしましたが

『かつお兄さんじゃなくて、マスオ兄さんじゃないのか』とつ込みをいれたところ

『そんな勘違いよくあるよ。』を言いながら

『おかあさんが小学生のころ

近所の美人の娘さんのことをおばあちゃんが

「マドンナだよ。」

といったのを聞いて

窓女

まどおんな

マド女

と頭の中で想像して勘違いをた凄い怖い思い出があるよ。』

と子どもに話していました。
私はそれを聞きながら

マスオ兄さんをカツオ兄さんと間違えたのとどこが似てるのかまったくわかりませんでした。

気の弱い私は朝からのもめ事がいやで、それと妻に言うことが出来ませんでした。

窓女

確かに、どこかで覗かれていて怖そうですが・・・。

 

みんな元気にラジオ体操、もう春ですね。

 

2015031306330000.jpg

 

 

マスオさんクッキーそんなに似てますか?

2015031307480000.jpg
過去の3月13日のブログ

 

『春の訪れを感じて(水道修理)』(2014.3.13)

 
『便器の取替』(2013.3.13)

 

■ 今日の言葉

『人生を支えるもの』

割りに合わないことほど、

将来よいことが起こる種まきになる。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
鍵山秀三郎(日本を美しくする会相談役)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『よくあるご連絡(感じたこと)』  2015.3.12

2015-03-12

今日は、2年位前に便器を交換させていただいたお客様のお宅にリモコンの電池交換に伺いました。

『リモコンを押しても上手くウォシュレットが動かないので見てください。』

と連絡をいただきました。
電話で、一度電池の交換をして様子を見ていただこうかと思い説明をしましたが、良くわからないようでした。

取り付けた時には、説明をするのですが

私でも、昨日の食事ですら覚えてないないのに

2年前のことなんて覚えていのかも知れないと思い伺いました。

また、電池ではなく別の原因も考えられます。

現場で、電池の電圧を確認したところ、通常1.5ボルト以上のところが1.1ボルトしかありませんでした。

お客様が『年をとって、いろんなことを直ぐ忘れてしまうので、悪いね。』

とおっしゃいましたが、こちらのお客様だけでなくこのようなご連絡がたまにお客様から寄せられます。

電池交換不要のリモコンをの要望をメーカーにお願いしたいと思います。

 

 

 

過去の3月12日のブログ

『10倍の不快感でも動じません。(そのうち大人になるさ)』(2014.3.12)

 

『玄関ドアの修理』(2013.3.12日)

 

 

 

■ 今日の言葉

『人生を支えるもの』

できない、できないと思っている。

その先に、実は無限に可能性が広がっていて、

それに気づけるかどうかで人生は変わる。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
大胡田 誠(弁護士)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

« 次へ  ||  前へ »
Copyright(c) 2015 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.