3月, 2014年

『お墓参り(春分の日)』(2014.3.21)

2014-03-21

今日は、春分の日です。

昼と夜が同じ長さになる日とされております。

これから次第に昼の時間が長くなり、躍動の春が始まります。

「春分の日」は、祝日の一つですが

「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ことを趣旨としているそうです。

我が家では、家族でお墓参りに行ってきました。

家のお墓と富士吉田にある妻の実家のお墓です。

一昨年の2月に妻の父が、その年の10月に私の父が亡くなり、

その後のお墓参りでの家族の会話も今までとは少し違ったものになりました。

子どもたちにも、『じいじの所にいくよ』などと言いながら、

車中でも思い出話をしながらのお墓への道のりです。

生前の色々な事も今となっては懐かしい思い出にです。

お墓の周りで飛び回って遊んでいる子どもたちを見ながら、

彼らもいずれはこんな風に思う時が来るのかも知れないと思いました。

 

■今日の言葉『歴史に名を連ねる』

天地 終始なく 人生

生死あり 安(いず)くんぞ

古人に類して 千載(せんざい)

青史(せいし)に列するを得ん

 

解説

※天地は永遠で始めも終わりも無い。

しかし人間には必ず生があり、死がある。

それならば何とかして歴史上の偉人のように、

自分も日本の歴史に名を連ねたいものだ

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

頼山陽(歴史家・思想家)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(有)古屋商店

甲府市朝気1-2-66

055-237-0704

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

 

 

『屋内用風呂釜からより安全な屋外式給湯器への取替。(ガス給湯器)』(2014.3.20)

2014-03-20

今日は、息子の幼稚園で「お別れ会」がありました。

園児と先生方だけのお別れ会です。

父兄は立ちり禁止ですから、一蓮寺幼稚園を卒園した父兄の方でなければ詳しい内容はわかりません。

ただ、長女の時もそうでしたが、卒園する年長さんとの別れが悲しくて「べん、べん泣き」して帰ってきます。

「お別れ会」は園児たちにとっては特別な行事のようです。

私の幼稚園の頃を思い出してみると、そんな悲しい気持ちなどは、理解できなった気がします。

卒園の行事で泣いたことなんてありませでした。

素直に悲しい気持ちで泣けるのは、子どもでも大人でもすばらしいと思います。

きっと、感受性が強いのでしょう。

息子も今年は、見送る側でしたが来年は、見送られる側になります。

3月は別れの季節、また新たな出発の時でもあります。

4月からは年長のマツ組です。

一蓮寺幼稚園についてはこちらをご覧ください。

http://www.ichirenji.jp/k_sono/

 

仕事の方では、給湯器の取り付けに伺いました。

知り合いの方から聞いて、当社に連絡をくださいました。

今まで、古い風呂釜を使われていたそうですが、給湯の温度が上がらず調子が悪いので取り替えたいとの事でした。

浴室内に風呂釜があるタイプでしたが、屋外に設置するのをお勧めしました。

新しい給湯器で安心で便利にご使用いただけることでしょう。

 

1  工事前 屋内式風呂釜 30年位前のものです。

1  工事前 屋内式風呂釜 30年位前のものです。

2 試運転 浴槽にお湯をためています。シャワー水栓も取り付けました。

2 試運転 浴槽にお湯をためています。シャワー水栓も取り付けました

3 工事後 屋外式給湯器を設置これで安全で快適に使えます。

3 工事後 屋外式給湯器を設置これで安全で快適に使えます

 

 

■今日の言葉『縁を生かす』

縁を生かしていくためには

求める心を持っていなければいけない

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

牛尾治朗(ウシオ電機会長)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(有)古屋商店

甲府市朝気1-2-66

055-237-0704

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

 

 

『思い出がまた一つ。(つぼみ)』(2014.3.19)

2014-03-19

今日の夕方に、仕事を終えて会社に帰り、来月のホット情報の締め切りに追われて、必死にあいさつ文をを考えている私の横で

『アハ、アハ、アハ、ハ、ハ、ハ~』

と楽しそうに大笑いをしている妻がいました。

突然、笑い出したので何事かと思い、

『なに、なに』

と聞くと

『83歳の現役女子高校生だって』

とまだ笑っています。

実は、昨日のブログでの「今日の言葉」に

取り上げた上中別府チエさんの(83歳の現役女子高校生)を見て笑い出したのでした。

なんだか、私は複雑な気持ちになりました。

でも、そんなこととは別に、今日は良い事もありました。

実は、次女のYMCAの卒園式でした。

去年の4月からYMCAでお世話になりました。

お陰さまで、休むこともなく一年間通うことができました。

3歳の子どもたちを根気よく面倒を見ていただいた先生方には感謝しております。

娘は週3回行くYMCAの『つぼみ』さんが大好きでした。

初めて、家族以外で接する先生やお友達と楽しく、時には喧嘩もしたりしながらも色々なことを学んだ一年でした。

残念ながら、私は仕事の都合で卒園式には行くことができませんでしたが、1年間楽しく過ごせたことは

彼女にとって、これからの幼稚園での生活を楽しみにさせてくれたみたいです。

感謝

 

山梨YMCA『つぼみぐるーぷ』についてはこちら

http://www.yamanashiymca.org/%E3%81%A4%E3%81%BC%E3%81%BF%E3%81%90%E3%82%8B%E3%83%BC%E3%81%B7-2%E6%AD%B3%E5%85%90%E4%BF%9D%E8%82%B2/

卒園おめでとう。

卒園おめでとう。

 

■今日の言葉『人生の道程』

人生は生涯をかけて 自分を完成させていく修養の道程

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

特集総リード

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(有)古屋商店

甲府市朝気1-2-66

055-237-0704

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

 

 

『毎日使うものだから、自分が使いやすいものを選ぶのがよいでしょう。(ガスコンロ)』(2014.3.18)

2014-03-18

今日は、ガスコンロの取替にお客様のところへ伺いました。

先日、別の工事で伺った時、コンロを買い換えようと思っていると言われました。

『できれば、キッチンも新しくしたいのだけど、リフォームをすると時間がかかるのでコンロだけにします。』と仰いました。

そのお客様は、ご高齢のお母様とお住まいです。

あまり長い間工事をするのは、負担が大きくなるのを心配されておられました。

私も、キッチンがそんなに古いわけでもないので、もうしばらく考えたほうがよいのではと思いコンロの取替をお勧めしました。

以前ご使用されていたメーカーをお気に入りのようで、今回も同じメーカーの商品を選ばれました。

特に、ドイツ製のガラストップ天板がお気に入りのようでした。

毎日使うものなので、自分が使いやすい商品を選ぶのが一番です。

 

今回のコンロの特徴はこちらをご覧ください。

①ヒートオフ

http://rinnai.jp/products/kitchen/gas_conro_verie/gc_verie/verie_heatoff

②スモークオフ

http://rinnai.jp/products/kitchen/gas_conro_verie/gc_verie/verie_smokeoff

③操作部は見やすく使いやすいデザイン

http://rinnai.jp/products/kitchen/gas_conro_verie/gc_verie/verie_design

④お手入れ

http://rinnai.jp/products/kitchen/gas_conro_verie/gc_verie/verie_care

 

1 工事前 当時流行った内燃式コンロは少ないガス消費量で、効率がよいが売りでした

1 工事前 当時流行った内燃式コンロは少ないガス消費量で、効率がよいが売りでした

 2 工事後 最近のコンロは掃除のしやすさが売りです。ある程度のお値段のものは、汚れが入りにくい構造になっています2 工事後 最近のコンロは掃除のしやすさが売りです。ある程度のお値段のものは、汚れが入りにくい構造になっています

 

 

 

 

■今日の言葉『心の持ち方』

心の持ち方一つで目の前の出来事は 光にも闇にもなる

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

上中別府チエ(83歳の現役女子高校生)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(有)古屋商店

甲府市朝気1-2-66

055-237-0704

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

 

 

『見た目だけではわからないこと。(その歩んできた道)』(2014.3.17)

2014-03-17

人の人生はわからないものです。

近所のいつも明るく冗談を言ってラジオ体操に来る80歳を超えた旦那さんですが

その方のお母様がお亡くなりになり、お手伝いに伺って時に

七日の席で、幼い頃に父親を亡くしてお母様の手伝いをして学校に通い

兄弟の面倒を見たそうです。

そんな話を弟さんがされました。

何もなく、幸せそうに暮らしてきたように感じれても、それまでの過程では色々なことがあるものです。

そんなことを思い出させてくれた今日のメールでした。

 

かつて一世を風靡した伝説の料理番組『料理の鉄人』。

同番組の審査員を務め、「おいしゅうございます」

の名セリフで注目を集めた岸朝子さん。

私は、どこかのお金持ちの奥さんが、毎日おいしいものを食べて

お上品に料理の評論をしているのかと思っていましたが・・・。

このメールを読んで驚きました。

そして、今なお仕事をされていることにも驚きです。

よろしければご一読ください。

 

届いたメールから

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

駆け出しの料理記者から身を起こし、 90歳のいまも食生活ジャーナリストとして 第一線で活躍し続けています。

そんな岸さんが語った 「人生を好転させる魔法の言葉」とは――。

┌─────今日の注目の人─────┐

 

「人生を好転させる魔法の言葉」

岸朝子(食生活ジャーナリスト)

※『致知』2014年4月号    連載「生涯現役」より

└─────────────────┘

大変だったのは戦後です。

戦争が終わると同時に 職業軍人だった夫は職を失い、 父の勧めもあって千葉に移り住んで 牡蠣の養殖に携わりました。

――お父様と同じ道を歩まれようとしたと。

でも数年間努力したのですが、 どうしても事業を軌道に乗せることが できませんでした。

夫は養殖業に見切りをつけると同時に、 今度は東京に新しい働き口を見つけて 再び引っ越しです。

暮らし向きはかなり厳しくて、 私も何かしなければと考えていたところ、 たまたま主婦の友社の募集広告を 妹が見つけてくれたんですよ。

「料理の好きな家庭婦人を求む」とあって、 子供がいてもいいという条件だったので、 これならと思って試験を受けに行きました。

もっともおなかの中にいた5番目の子供が かなり大きくなっていたので、 いくらなんでも難しいかなと思っていましたけど(笑)。

――どのくらいの応募があったのでしょうか?

300人くらいだったと思います。 試験は書類審査、筆記試験と身体検査、 そして実地試験があって どんどん振り落とされていきました。

最終的には7名が残って、 そのうちの1人が私だったんです。 嬉しかったですね。

4月に入社してからすぐに出産だったので、 初出勤はその年の8月1日。

思い返せば、この日が50年以上続く 料理記者としての第一歩となりました。

――記者としての力量はどのように磨かれたのでしょうか。

素人でしたから最初は苦労しました。 会社の決まり事として社員全員に日記を書かせていて、 これが大いに役に立ったんです。

退社時に提出すると翌日朱筆で校正が返ってくるのですが、 特に最初の頃は句読点の打ち方から 行がえ、表現法などの指摘でページが 真っ赤になっていました(笑)。

その繰り返しの中で 基本を覚えていきました。

時代は高度成長期にさしかかる頃で、 家庭で手の込んだ料理をつくろうとする主婦や、 花嫁修業で料理学校も大盛況だったため、 カラーの料理本なども本当によく売れました。

だから仕事も次から次へと本当に忙しくて、 料理学校で撮影の仕事がある日なんか、 授業が終わってから始めるものだからほぼ徹夜でしたね。

それが何日か続くともうふらふらで。

――日々体当たりで仕事に臨まれていたと。

体重がガタッと落ちるくらい大変だったけど、 この時期に料理記事の何たるかを学ぶことができましたし、 一流の先生方や優れた調理人との交流によって 料理記者として育ててもらうことができました。

(中略)

――そうやって長年第一線で活躍し続けてこられたのですね。

そうね、ずっと休むことなく 料理記者として働いてきたわけだけど、 楽しいことばかりじゃなくて、 辛いことも数多くありました。

そんな時いつも私を励ましてくれたのが、

「嫌なことは夜、布団の中で考えないこと。  太陽の下で考えれば何事も明るくなる」

という綾先生の言葉でした。

歯を食いしばって一所懸命頑張ってきたから、 いろいろな人に会うことができたし、 仕事のやりがいにも気づくことができたのだと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 今日の言葉 『一途に進め』

人間の人生っていうのは短い。

だからこそ自分で選んだ道は一途に進め

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 桂歌丸(落語家)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(有)古屋商店

甲府市朝気1-2-66

055-237-0704

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

 

 

『昨日の自分より少しでも成長する。(苦手の克服)』(2014.3.16)

2014-03-16

昨日、研修会があり夕方から出かけました。

とても、勉強になり充実した時間を過ごさせていただきました。

ただ、私は、どうしても人の顔を覚えるのが苦手で似たような人だと間違えてしまうことがあります。

特徴がある人でも、同じような特徴がある人だとしたら、どちらの人がどちらかわからなくなってしまうことがあります。

もうこうなったら、話しかけることができません。

そのことを恐れるあまり、色々な会で二度、三度とお会いしても、こちらから話しかけてなかなか打ち解けられないのです。

昨日の研修会でも以前お会いしたかどうかなどと考えてしまい会話をこちらからすることができませんでした。

今朝の朝食の時間に研修が楽しかったことも含め、人の顔を覚えるのが苦手で悩んでいる話をしました。

すると妻が

『それも仕方ないよう。それが、自分の特徴だから』と言った後

『新規を入れられないてことね。』

とあっさり言われました。

私の頭の中は、すでに飽和状態で「新規を入れられない」と言う意味でしょうか?

なんだか、慰められたのか?

バカにされたのか?

わからなくなった会話の結末でした。

こんな私の特徴を覚えていてください。

けして無愛想でなく、慣れるのに時間がかかるだけです。

ところで、昨日の研修会ですがJAL(日本航空)の役員の方が

JALが破綻してから、復活するまでのお話をしてくださいました。

まず、なぜ破綻したか?

そしてなぜ、今のように復活できたか?

また、今後の課題などを事細かにお話いただきました。

詳しい話はをすると、とても長くなるのでその話を聞いて感じたことをお話します。

①どんな大企業と言えども、人が会社の要であり、その人たちの意識により衰退や反映が起こること。

②紙やメールなど書面のやり取りだけでなく、実際に会って話すことの大切さそれによりよりよい人間関係が生まれること。

③目に見える形で、表すことの大切さ、数字や文章をうまく活用してそれを活かし、最後は行動ににつなげなければ意味がないこと。

④あらゆる行動に、目的を明確にすること。

他にもいろいろありましたが

一番感じたことは

『会社の一人一人が、昨日の自分より少しでも向上すること。』

この意識こそが会社の成長発展に繋がるのだと思いました。

人との比較でなく、自らが少しでも向上できていると思える自分自身の満足感が、感謝となって現れてくるのだと感じさせくれた研修会でした。

とても、充実した時間を過ごせたことに感謝したいと思います。

そして、昨日の自分よりは、少しでも人の顔が覚えられるようになるよう努力したいと思います。

 

■ 今日の言葉 『挫折はプラスに変わる』

人生には失敗や挫折、病気がつきものですが、

それによって人生が深まることがあるし、

人の痛みがわかることがある

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

村上和雄(筑波大学名誉教授)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(有)古屋商店

甲府市朝気1-2-66

055-237-0704

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

 

 

『言葉一つで元気になるね(ガス給湯器)』(2014.3.15)

2014-03-15

今日は、午前中にガス給湯器の取替工事に伺いました。

木曜日の夕方に、お湯が出なくなったので見て欲しいと連絡を頂きました。

近所のお客様でした。運よくその日のうちに見に伺えました。

給湯器を見ると古くて型式がわかりません。

仕方がないので、台所リモコンの品番とエラー番号をメーカーに伝えると

『一番新しくて18年前のものです。すでに部品があありません。』との回答でした。

お客様に伝えると『そうだよね。もう大分古いので取替えるよ。』と仰いました。

『木曜日の夕方でしたかあら、給湯器の納品が来週かもしれません。』とお伝えしました。

たまたま在庫があり、運よく今日取り付けることができました。

取り付けが終わり奥様が

『少し暖かくなったとはいえ、水だと冷たくて早く取り付けてくれて助かりました。ありがとう。』

と仰っていただきました。

なんだか、お客様から感謝をされて疲れも吹っ飛びました。

 

1   工事前 木曜日の夜

 1   工事前 木曜日の夜

 2 工事前 リモコン

2 工事前 リモコン

 

3 工事後 新しいリモコンになりました。

 

3 工事後 新しいリモコンになりました。

 

4 新しい給湯器でお湯も出るようになりました。

4 新しい給湯器でお湯も出るようになりました。

 

■ 今日の言葉 『人生の秘訣』  

 

宮本武蔵の『五輪書』は  剣の道の極意を説いたものだという。

米を作る人には米作りの極意がある。

棋士には将棋に勝つための極意があるのだろう。

同様に人生にも極意とは言わずとも、
人生をより良く、

より豊かに生きる秘訣というものがあるのではないか。

ホイッティアという詩人にこんな詩がある、  と聞いたことがある。

学窓を終えた二人の少女が前途の希望を語り合って、

一人は女王になりたいと言い、

一人は広い世界を見たいと言った。

数年を経て再会したとき、

その一人は貧しい人の妻になったが、

愛する夫は王様、楽しき家族は民、  愛のつとめが私の掟で、  一家の女王になることができたと言った。

もう一人は母の病気のために  愛と義務から病室にいるばかりで、  そこから広い世界を見ることはなかったが、  ここに私の本当の世界があると言って、  二人で手を取り合って感動した。

『人生の大則』 藤尾秀昭 著(致知出版社刊)⇒ http://tinyurl.com/kfsgzkn

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(有)古屋商店

甲府市朝気1-2-66

055-237-0704

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

 

 

『迷子(ガス給湯器)』(2014.3.14)

2014-03-14

 

昨日、会社の材料置き場に行くと見たことのない鳥が迷い込んでいました。

いきなり鳥がいるので驚きましたが

それ以上に鳥の方も驚いたらしく、飛び上がって右へ、左へ 動き回りました。

きっと通路を入ってきたのでしょう。

「そこで舞いあがっても上は屋根があり飛びたてないよ。」と思いながら

私は、出かけなければならない用事がありそのまま、必要なものだけ取って心配になりながらも、その場を立ち去りました。

夕方、会社に帰るともう彼の姿はありませんでした。

鳥も驚い事でしょうが、私もあんなところに鳥がいるなんて驚きです。

今週は、ガス給湯器の取替えを行いました。

据え置型の給湯器で24号と比較的大き目のものです。

今まで、追い炊きができなくなりながらも使用されていたそうですが、消費税があがる前に取り替える事を決められたそうです。

商品説明に伺った時に、

今までは、親しい電気屋さんから購入されていたと話してくださいました。

今回はガスも取り扱っている当店にご注文をくださいました。

ありがたいことです。

感謝

 

1 なんて名前の鳥かな?

1 なんて名前の鳥かな?

 

2 工事前

2 工事前

 

3 工事後 新しくなり便利になりました。

3 工事後 新しくなり便利になりました

■ 今日の言葉 『一すじであれ』

狭くともいい、 一すじであれ

どこまでも掘りさげてゆけ

いつも澄んで 天の一角を見つめろ

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

坂村真民(仏教詩人)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(有)古屋商店

甲府市朝気1-2-66

055-237-0704

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

 

 

『春の訪れを感じて(水道修理)』(2014.3.13)

2014-03-13

今日は、長女と次女が一緒に公園のラジオ体操に行きました。

最近、少しやる気が出たのか以前のように早起きをするようになった長女です。

子どもの中では、3歳の次女が一番早起きでラジオ体操がはじまる時間には起きています。

たまに、気が向くとラジオ体操にも行きます。

そんな二人とラジオ体操を終えて、家の前に来ると

鶯の声が聞こえると娘たちがい言いました。

耳を澄ますと『ホーホケキョ』と聞こえてきました。

身近で、春の訪れを子どもたちと感じたひと時でした。

その後は、天候が崩れて雨が降り出しました。

今日は、先日自宅で、工事をしていた業者さんが水道の配管を壊してしまい見に来て欲しいと連絡を頂いたお客様のところへ修理に伺いました。

無事に、修理は完了してその業者さんに送る修理の写真をお客様に郵送します。

水が漏れてお困りだったようで修理が終わり安心していました。

工事写真は、こんな感です。

 

1 工事前

1 工事前

2 折れた配管

 

2 折れた配管

 

3 無事に工事も終わりました

3 無事に工事も終わりました

■ 今日の言葉 『自靖自献』

自ら靖(やす)んじ自ら献じる

※自らやすらかな境地を確立し、 そして世の中に貢献していくこと

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 『書経』(中国の五経の一つ)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(有)古屋商店

甲府市朝気1-2-66

055-237-0704

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

 

 

『10倍の不快感でも動じません。(そのうち大人になるさ)』(2014.3.12)

2014-03-12

昨日、4月から親元を離れ大学生になる姪っ子がおばあちゃん(私の母)にお別れの挨拶に来ました。

まだ、彼女が3歳の頃に当時は独身だった私は、初めての姪っ子がかわいくて本を買ってきました。

『ねえ、○○ちゃんおじさんが本を読んであげる。』

と言ったところ彼女は喜んで私のところに来ました。

私が、一ページ目を読み終わり次を読もうとすると

『ねえ、ねえ、おじちゃんこの本は○○には難しいからもう少し大きくなってから読んでね』

と言っておもちゃで遊びはじめました。

「なんでだろう???」

と私は思いその本を閉じて表紙の隅を見て

「あ・・・」

と思いました。

〔5歳以上の幼児向け〕

とそこには書かれていました。

3歳の子どもの方が、賢いとその時思い自己嫌悪となりました。

確かその本は、「フランダースの犬」でした。

かわいい挿絵に引かれて買い求めた私は、〔5歳以上の幼児向け〕の表示にまったく気がつきませんでした。

「そういえば、そんな事があったなあ」と思いつつ

女の子らしくなった大学生になる彼女を見て、月日の立つのは本当に早いと感じました。

ところで、我が家の3歳児の次女ですが、オムツが大好きです。

そろそろ、幼稚園にも行くので何とかオムツを卒業させようと

『オムツをしたままだと、ず~と赤ちゃんのままでお姉さんになれないよ。』

と言っても

『赤ちゃんのままでいいもん。』

なんて答えが返ってきます。

本人はオムツを卒業する気がさらさらありません。

「まったく困ったものだ」と思いつつ

苦肉の策で妻が、トレーニングパンツなる紙オムツを買ってきました。

普通の紙オムツでオシッコをするのとは違いなんと『10倍濡れた感覚がある』そのためトイレに行くようになるそうです。

早速、使ってみましたが、当の本人はぜんぜん平気、いくらお漏らししても教えることもなく

今までのオムツと同じように平気で遊んでます。

「こりゃだめだ」とあきらめましが

 

 

これで、10倍ぬれを感じるはずなのに なぜ?

 

これで、10倍ぬれを感じるはずなのに なぜ?

 

そういえば、長男が幼稚園に行く直前の日曜日にトイレにいけるようになったのを思い出しました。

焦らず、本人のいい様にさせよう思います。

 

ブログ 2012.4.2 『トイレでウンチ』

http://furuya-gas.com/?p=796

 

きっと後、15年もすれば姪っ子のように女の子らしくなるのだから・・・。

 

 

■ 今日の言葉 『チャレンジ精神』

目の前にある壁をいかに乗り越えるか、
というチャレンジ精神がなくては
充実した人生を送ることはできない

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

江崎玲於奈(物理学者)

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(有)古屋商店

甲府市朝気1-2-66

055-237-0704

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

 

 

« 次へ  ||  前へ »
Copyright(c) 2014 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.