11月, 2013年

『遊ぶ大切さを知る』(ブログ 11月18日)

2013-11-22

昨日、長男の幼稚園の親子遠足がありました。

遠足は、風土記の丘で家族がチームになりゲームをしながら散歩をする楽しいものでした。

毎年楽しみにしている行事の一つです。

この幼稚園に入園したきっかけは、子供の幼稚園を探そうと初めにこの幼稚園を見に来ました。

妻が一目で、昭和の香りのする机や椅子・遊具などを見てこの幼稚園が気に入りました。

私は、園長先生とお話をしたとき
『今しか出来ないことをさせる幼稚園です。遊びも含め幼児教育の大切さは今しか出来ないことをすることです。早期教育ではなく遊びなどから人間関係や社会のルールを学び取ること。』
とおっしゃった言葉が、私の考えと同じだったからです。

結局、他の幼稚園はまったく見ることなく、一蓮寺幼稚園に入園しました。

自分の人生を振り返えるとき、学生時代に私はほとんど勉強をしませんでした。
とても自慢できることではありませんが・・・。

しかし、子供の頃、友達と近くのひまわり広場(そんな広場が近所にありました)で野球をしたり、おじぼり(近くのフナがつることが出来る堀)で遊んだりしたことは今でも忘れられない思い出です。

勉強は、自分が本当にやらねばと思ったときにすればいいと思いっています。

もちろん、自分が学ぶことが好きで、小さいうちから勉強を一所懸命することはいいことだと思います。
どんなことでも、自らがやる気になった時が身につく時でしょう。

小さいときは、遊びと躾や習慣が大切だと思っています。

だからこの幼稚園を選びました。

小さなお子さんがいる方は、ぜひ一蓮寺幼稚園をお勧めします。
『今、何が大切か』

幼稚園も3歳~5・6歳は、一生のうちで、遊びだけが仕事みたいなものなんてないですから・・・。

一蓮寺幼稚園のことに興味のある方は、妻(おまめや店主)にお聞きいただくか、一蓮寺幼稚園に行ってみてください。

 

一蓮寺幼稚園ホームページはこちらから
http://www.ichirenji.jp/k_sono/

 
PS 実はこの幼稚園の隣にある一蓮寺は歴史資料の『甲斐国志』に正和元年(1312年)に一蓮寺が創建されたと書かれているそうです。

 

1 落ち葉のジュータン秋ですね

2 広いところでは精一杯かけ回る子供たちでした

3 みんな頑張ったので賞状をいただきました

 

+++++++++++++

 

『完訳 7つの習慣』について (No16)

『テクニックだけを考えるのは、一夜漬けの勉強に似ている。』

 一夜漬けで試験をうまく乗り切れることもある、良い成績も取れるかもしれない。
だが、日々の積み重ねを怠っていたら、教科書をしっかりと習得することは出来ないし、教養も身につかない。

農場に一夜漬けは通用しない。

春に種蒔きをわすれ、夏に遊びたいだけ遊び、秋になってから収穫のために一夜漬けで頑張る。そんなことはありえない。

農場には、自然のシステムで動いている。
必要な勤めを果たし、定められた手順を踏まねばならない。
種を蒔いたものしか刈り取れない。
そこに近道はない。

コメント

二宮尊徳さんの言葉が思い浮かびました。

『積小為大』
 
大事を為さむと欲せば、小なる事を怠らず勤むべし
 
小積もりて大となればなり
 
およそ小人の常、大なる事を欲して小なる事を怠り
 
出来難き事を憂いて 出来易き事を勤めず
 
それゆえ終に 大なる事をなすこと能わず
 
たとえば、百万石の米といえども、粒の大なるにあらず
 
『7つの習慣』の著者はアメリカ人ですが、言わんとしていることはどの国でも共通していることを改めて確認できた気がします。

あくまで、確認しただけで出来るとは違うけど・・・。

 

+++++++++++++++++

 

■今日の言葉 『小さなこと』

小さなことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただ一つの道
…………………
イチロー(ニューヨーク・ヤンキース)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: わが家のこと, 今日のことば, 思ったこと |    

『ウォシュレットの取替』(ブログ 11月17日)

2013-11-18

先日、お客様よりウォシュレットから水漏れをしていると連絡をいただきました。

伺って、メーカーに問い合わすと18年くらい前のもので部品がありませんと回答をいただきました。

お客様に説明をしましたが、ご主人が留守なので、再度訪問をして色々な機種の説明をさせていただきました。

今回は、リモコン付のウォシュレットに取替をしました。

家族でご使用されるものなので、出来れば皆さんに機能などの説明を聞いていただきたいと思います。

 

1 工事前

2 工事後 ウォシュレット取替完了

3 リモコンはこんな形です

 

*********

 

『完訳 7つの習慣』について (No15)

『人格主義』を得ずに「個人主義」だけで思考する危険性
二面性や不誠実など人格に根本的な欠陥がありながら、人に影響を及ぼす戦術やテクニックを使って自分の思い通りに人を動かしたり、もっと仕事の成績をあげたり、士気を高めたり、自分を好きにさせたりしようとすることは、一時的にはうまくいったとしても長続きはしない。

二面性は相手の不信感を招き、どれほど効果的な人間関係を築くテクニックを使ったところで、相手を操ろうとしか見えないだろう。
どんなに巧みな言葉を使ってもたとえ善意からだとしても、効果は望めない。信頼という土台がなければ成功は長続きしない。

『基礎となる人格の良さがあって初めて、テクニックが生きてくる』
コメント

私は、子供と一緒に『やまなしこども論語塾』で『論語』を学ばさせていただいていますが、まさに『論語』の中にも同じことが書かれています。
人格を磨くとはどのようなことかは、はっきりとはわかりませんが、『論語』では『思いやりの心』を持つことだと言っています。
少しでも近づけたらいいと思いました。

 

************** 
■今日の言葉  『美』

与えられた環境の中で
ひたすら生きるものは美しい
…………………
特集総リード

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『エアコンの取替』(ブログ 11月16日)

2013-11-18

先日、ブログでご紹介をしたお宅に、エアコンの取替に伺いました。

 

先日のブログ
http://furuya-gas.com/?p=4394

 

新築時から取り付けてあるエアコンで、壁の中に配管されていました。

もちろん、見た目はきれいですが、出来れば露出の配管など後のことを考えた配管をお勧めします。

無事に作業も終わりご説明をして、『これで灯油の心配もない』と喜んでいただきました。
その後、台所のレンジフードの中の換気扇の取替の相談を受けました。

そういえば、もう少しで今年も終わりです。

油汚れの多い換気扇などは古くなれば取り替えることも検討しなければいけません。

メーカーに換気扇だけの取替の部品があるか問合せ中です。

 

1 工事前


2 工事後 新しくなり暖房も使えます

 

***********

『完訳 7つの習慣』について (No14)

「第一の偉大さ、第二の偉大さ」
第一の偉大さ=優れた人格を持つこと
第二の偉大さ=才能に対す社会的評価
はるか昔の子供の頃に教えられたことや自分自身の価値観の奥深くにあるもの
それとは反対に、日々取り巻くその場しのぎの応急処置的な考え方の違いがはっきりと見えた。
その場しのぎの応急処置的な考え方とは(個人主義)
「個人主義」でテクニック(成功は個性、社会的イメージ・態度・行動・スキル・テクニックなどによって人間関係を円滑にすることから生まれると考える。)
「個人主義」が成功に不要だといっているわけではない。
それどころか不可欠である。
ただ成功にはこれらの要素も必要だがあくまで第一の要素でなく二次的要素である。
なぜなら、人間は前の世代が築いた土台の上にさらに積み上げていく能力を与えられている。
その能力を使わず、自分の成功を築くことだけに目を向け、成功を支える土台を忘れてしまっていないだろうか?
種を蒔かずに刈り入れることだけを考えてきたせいで、種を蒔く必要性を忘れてしまっている。

 
コメント
自分ひとりではなく、今ここに自分が存在しているのは親を含めその前の人たちがいて、自分がここに存在することに感謝しなければいけないと思いました。
積み重ねの大切さ
それを自分の心の中にとめておきたいと思います。
日常の忙しさに負けることなく。
なかなか難しいけど・・・。

 

*********

 

■今日の言葉  『成功の反対』

成功の反対は目標を持っていないこと
…………………
鍵山秀三郎(イエローハット創業者)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『おそとDeキッチンガスのイロハ(NO3)』(ブログ 11月15日)

2013-11-18

11月10日に行なわれた当社のイベントをご紹介します。

今回は、自然食品のお店ナチュラリアです。

先日、私も友人とお店に伺いました。

私は、あまり鶏肉を食べませんが、塩こうじの鶏肉が鳥の臭みがないお肉でやわらかく、とてもおいしかったです。

『ナチュラリア』さんはワークショップと出店をしてくださいました。

ワークショップでは皆さんにとても楽しくお弁当作りを教えてくださいました。

また、ワークショップを開催したいと思います。

 

『ナチュラリア』さん詳しくはこちらから
https://www.facebook.com/Naturalia.kofu

 

1 先生が食材や作り方について説明をしてくれました。

2 まずは、準備から

3 皆さん役割分担を上手にしていました

4 この方は先生ではありません。お客様ですが、とても盛り上げてくれてみんな楽しく料理ができました。ありがとうござます。

5 美味しそうな食材がいっぱい

6 体にやさしいものばかり

7 つまみ食いしたくなります

8 お弁当もきれいに出来上がりました。

9 出店したお店も大盛況でした

 

********

 

『完訳 7つの習慣』について (No13)

著者の体験談
『個人主義』と『人格主義』の違いが分かってはじめて、自分が子供の行いや成績で評価を得ようとしていたことを思い知らされる。そうしたレンズで見るのなら子供はどうしても「不合格」となる。

自分たちの目に映る子供よりも、世間の目に映る自分たちの姿が気になり、良い親と見られたいと思うあまり、子供を見る目が歪んでしまう。

そもそも他の子と比較するのは基本的価値観とはちがい、そんなことは条件つきで子供を愛するようなものであり、子供の自尊心傷をつけるのは間違いない。

子供が、独自性を表現できるよう、邪魔にならないよう決意した。
子供を肯定し、価値を認め、成功を喜ぶ、それが親の自然な役割なのだ。

親自身が、子供に向かう自分たちの動機にも働きかけ、子供が「良い子」であることに満足感を得ようとする態度を改めた。

親自身の心(内面的)が安定することに努力した。

そのことにより、息子と過ごす時間を楽しめるようになった。
親自身が勝手に思い描く子供のイメージに押し込めること、世間の基準に照らし合わせて息子を判断することをやめた。
その結果、はじめのうちは子供にも戸惑いは見えたが、親自身が『おまえを守ってやる必要はない。一人でも十分にやっていける』という無言もメッセージにより、子供は自身を持ち始め、自分を認められるようになった。自分自身のペースで花を咲かせ、学生団体のリーダーとなり、スポーツでは代表選手となり、成績もAが並ぶようになった。

子供が、「社会的に得た高い評価」は、周囲の期待に応えようとしたからでなく、本来の自分を素直に表現したからに他ならない。かけがえのない体験をしたと思う。

聖書の一節
『油断することなく、あなたの心を守れ、命の泉は、これから流れでる』

コメント

まずは、自分が幸せであることから、はじまるのだと思いました。
私にとっての幸せとは、心が穏やかであること
言葉で言うほど、日常生活では簡単ではありませんが・・・。

 

***********
■今日の言葉 『うねりを起こす』

失敗しようが行動しないと活路は開けない。
小さな実践の積み重ねが、
やがて大きなうねりを起こす
…………………
手登根安則(NPO法人フェンスクリーンプロジェクト代表)

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: イベント, 今日のことば, 思ったこと |    

『浴室・脱衣場リフォーム工事完成』(ブログ 11月14日)

2013-11-15

昨日、お客様のところで浴室・脱衣場リフォーム工事が完了しました。

とてもきれいになりました。

たまたま、犬の散歩で店の前を通りかったそのお宅のご主人と出くわしました。

私が
『ありがとうございました。』と申し上げると

ご主人が
『や~ きれいになり、お風呂に入るのが楽しみになりました。』
と言っていただきました。
『また仕事がんばろう!』

なんて思う本当にうれしい瞬間でした。

 

1 工事前 浴室

2 工事前 脱衣場

3 工事前 給湯器

4 完成 浴室が見違えるように

5 脱衣場の洗面台も新しくなりました

6 脱衣場暖房も取り付きました

7 給湯器も省エネタイプのものになりガス代も節約

++++++++++++++++++++ 

『完訳 7つの習慣』について (No12)
 
成功に関る『個人主義』と『人格主義』の決定的違い

『個人主義』と『人格主義』について
『成功の鍵』が書かれている文献について200年さかのぼり調べた。
次のようなパターンが見えた。
最近50年間の出版された『成功に関する文献』はどれも表面的なものである。
多くに人の悩みに効果がなさそうなものはなく、その場しのぎのテクニックばかりである。
痛みに鎮静剤など応急処置を施せば、痛みは消えが何の問題解決にもなっていない。根本的な慢性の原因をほったらかしにして再発する。
これとは対照的なのがそれより前の150年に書かれた『成功に関する文献』には誠意・謙虚・誠実・勇気・正義・忍耐・勤勉・質素・節約・黄金律などが、人間の内面にある人格的なことを成功の条件に挙げている。
* 『黄金律』は、多くの宗教、道徳や哲学で見出される「他人にしてもらいたいと思うような行為をせよ」という内容の倫理学的言明である。現代の欧米において「黄金律」という時、一般にイエス・キリストの「為せ」という能動的なルールを指す。

『人格主義』には実りのある人生、それを支える基本的な原則がある。
その原則を体得し、自分自身の人格に取り入れ内面化させて初めて、真の成功、永続的な幸福が得られることになる。
『個人主義』は、成功は個性、社会的イメージ・態度・行動・スキル・テクニックなどによって人間関係を円滑にすることから生まれると考える。
個人主義は大きく2つに分けられる。
1つは人間関係と自己PRテクニック
もう1つは積極的な心構え
このような考え方には「態度が成功を決める」「笑顔が友達をつくる」「どんなことでも思い、信じれば達成できる」元気づける言葉が正当な格言となる。
しかし、個性をもてはやすか数々の『成功に関する文献』では、人を操るテクニック、ひどいときには明らかにだましのテクニックさえ紹介されていた。
もちろん、個性主義の文献にも『人格』を成功の要因と認めているが、重要は考えず添え物的に扱っている。

 

コメント
個人主義よりも人格主義で人生を歩むことが大切であると書かれています。
人格主義とは誠意・謙虚・誠実・勇気・正義・忍耐・勤勉・質素・節約・黄金律、人間の内面にある人格的なことですが、それを自らが実践すること意識せずに見につけば最高ですね。

 

 

■今日の言葉 『覚悟』

人を恨まない、人を憎まない、
人のせいにしない覚悟を持つ
…………………
塩沼亮潤(慈眼寺住職)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『老い』(ブログ 11月13日)

2013-11-15

今日、エアコンを取り替えたいとお客様から連絡をいただき、伺いました。
色々とお世話になっている方ですが、今まで暖房を灯油でしていたが買い行くことが出来ないので、エアコンで暖房との事でした。
今あるエアコンは、少し型が古く冷房しか出来ないそうです。
実は、旦那さんが痴呆になられ奥様は車の運転が出来ないため灯油を買いにもいけないそうです。

私の父も生前少し痴呆気味なところがあり、母が面倒を見ていました。

誰でも、年はとるものです。

それにより、今までとは違った環境に変えていくことがいくつかあります。

エアコンの取り付けで少しでも、お客様の負担が減ればいいと思います。

 

+++++++++++++++++

『完訳 7つの習慣』について (No11)
インサイド・アウト

 正しい生き方なくして真の成功はありえない。(デイビット・スター・ジョーダン)

① 社会的に大きな成功を遂げている人でも、見た目の成功と裏腹に虚しさを覚えている人もいる。
具体的な例
・ 仕事では成功を収めたが、それと引きかえに私生活と家族を犠牲にしてしまった。
・ 自分との約束を守れない=ダイエットを始めたが、今回で5回目やる気満々ではじめるが、2~3週間するとやる気はどこえやら。
・ 子どもに仕事の大切さを教えたい=家の手伝いをさせても文句ばかりを言い嫌がる感じで指示をしなければやらない。自分がしたほうが簡単だと思う。言われる前に進んでやったためしがない。
② 著者の体験談
人生において何で成功したいかと問われれば、親としての成功以外にないと思っていた。
子供が、何をさせてもうまくいかない、野球でもピッチャーの手からボールが離れる前にバットを振るありさまである。
息子のためになると考え、積極的な心構えというテクニックで彼を励ました。

『頑張れ、お前ならきっとできる』しかし、何をやってもダメで息子は自信を失い野球をやめたいと言うありさだった。
そんな時、仕事の関係で
・ 人は物事をどう認知し、それが行動をどう支配するか、もの見方が行動にどう影響するか、強い関心を持つようになった。

『ものの見方が人の内面の深いところで作用していることに気がついた。』

何を見るかというよりも、どのようなレンズを通して見ているかが問題である。
そのレンズこそが一人ひとりの世界観をつくるのである。
自分が息子を見るレンズは『お前は他の子よりも劣っている』というメッセージだったのだ。
これではうまくいくはずがない。
状況を変えたければ、まず自分が変わらなければならない。

『自分が本当に変わるには、ものの見方を変えなくてはならない。』

コメント
自分にも、思い当たるところがありました。

『ものの見方を変えなければ』とまず気がつく自分にならなければいけないがそのためには、どのようにすればよいのか?と疑問が生まれまいた。

誰での自分は正しいことを言っていると思っているわけですから

これから読み進めていけば、わかるかも知れません。

 

 

■今日の言葉 『道は必ずある』

行き詰っても行き詰らない。
困っても、困らない。
道は必ずあると信じて行えば、
心に希望が持てる
…………………
松下幸之助

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『どじょうのどどちゃん』(ブログ 11月12日)

2013-11-15

息子が、書いた絵が三重県のコンテストで入賞して表彰式の招待状が届きました。

三重県で遠いのですが、記念になるので行きたいと思いましたが、息子幼稚園の行事があり、本人は行くことが出来ません。

なんせ入園以来、一日も休むことなく皆勤です。
家族で話し合い、私と娘が表彰式に行こうかと考えています。
残念ながら、絵の写真はありません。

まさか、入賞するとは思ってもいませんでした。

家族の良い思い出にはなりました。

ちなみに、表彰式は12月です。

 

 
『完訳 7つの習慣』について (No10)

「中国の竹」 の話 (コヴィ-博士の教え)

その竹は、種を蒔いても3年間まったく変化を見せない。
3年後地上に芽を出すとあっという間に20メートル以上に伸びる。
その竹は、3年もの間いったい何をしていたのだろうか?
それは一気に20メートル以上も伸びる自分自身の体を支えるために、くる日もくる日も地中深く根を張っていたのである。

コメント
この「中国の竹」の話を聞いて、ある言葉を思い出しましました。

それは、『短期間で得たものは残らない』です。

前に、「易経」という本の話を聞いたことがあります。
その中に、書いてある言葉です。
試験勉強でも、短期間で覚えたものは残りません。

どんなことでも、長い時間をかけた基礎が大切だと思います。
足があってこそそこに立っていられる。
そのことを忘れないでいたいと思います。

「中国の竹」の地中深く張っていた根とは、自分自身の考え方・そして家庭・家族ではないかと私は思いました。

 

 

■今日の言葉  『生き抜く道』

勝つこと以上に負けないことが大事
…………………
坂井三郎(零戦エースパイロット)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: わが家のこと, 今日のことば, 思ったこと |    

『おそとDeキッチンガスのイロハ(NO2)』(ブログ 11月11日)

2013-11-15

昨日のイベントですが、出店者・ワークショップ開催のお店の方には本当にお世話になりました。

これから、『おそとDeキッチンガスのイロハ』の内容をブログで紹介したいと思います。

 

今回は、染物とはたきのワークショップを行なってくれた西染物店さんと寺田ミシンさんをご紹介します。

どちらのワークショップもとても楽しそうでした。

 

西染物店の西さんは、今回の染める染料にうちの近くの公園の落ち葉をあらかじめ混ぜて染めていただきました。

寺田ミシンさんの寺田さんは、はたきの作り方を事前に研究してくれました。

皆さんの色々な工夫のおかげで楽しいワークショップになりました。

ありがとうございます。

 

西染物店さんはこちらをご覧ください。
https://ja-jp.facebook.com/NishiSomemonoten

 

寺田ミシンさんはこちらをご覧ください。
http://our.sunnyday.jp/sewing-notebook/2013/11/

 

1 染物のワークショップ 会話が弾み楽しそう

2 染めかたを職人さんに教えていただけるなんてなかなかありません

3 片付け 西染物の西さんお疲れ様でした

4 はたきのワ-クショップ はたきのをみんな楽しく作りました。

5 寺田ミシンの寺田さんです。はたき完成とてもたのしそうでした。

 

『完訳 7つの習慣』について (No9)

「香港でのタンポポ探し」 の話

ある研修で、香港でタンポポ探すことになりました。
誰に聞いても「香港でタンポポを見たことがない」と言われます。
タンポポを一日中探しまわりましたが見つかりません。
疲れ果てた帰り道、並木道の木の根元にタンポポが咲いているのを見つけたという御話でした。 
                         
『タンポポはないのではない。「見つけよう」という目で探していないから「見えない」のだ。そして何事も「できない」のではなく、「やらない」から出来ないのだ。』

コメント
誰でも、自分の固定観念を持っています。
このお話しを聞いて 出来ないのではなく、やってみようとしないのだなと感じました。
ただ、何でも闇雲に挑戦すればよいのではなくそこには、その状況にあった判断力も必要かも知れないとも思いました。
バランスが大切かも・・・。

 
■今日の言葉 『熱意』

二階に上がりたいという熱意のある人が梯子をつくる
…………………
松下幸之助

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: イベント, 今日のことば, 思ったこと |    

『おそとDeキッチンガスのイロハ』 (ブログ 11月10日)

2013-11-11

今日は、当社でのイベントが開催されました。

おかげ様で雨の予報でしたが、ほとんど雨も降ることもなく天気にも恵まれ大盛況でした。

ワークショップでも、お客様が楽しんでいただけたようです。

出店していただいた方々にも、楽しんでいただけたようです。
今回、色々な方にご協力をいただき開催できたことを感謝します。

この経験を活かして、次回また楽しいイベントを開催したいと思います。
ワークショップや販売の様子はこのブログで少しずつお伝えします。

 

0 開店前準備中

1 多数の方にご来場いただきました。

2 どら焼き作成

3 どら焼きが出来上がりました

 
完訳 7つの習慣』について (No8)

斜め読みをせず、しっかりと読み込み、演習の一つひとつを実行し、自分の生活の各場面において、ここに提唱してある原則を応用してみる。

コメント
知識だけではなくそれを活かしてこそ学んだ意味があるのでしょう。
前に、何かの本で活学なんて言葉を目にしましたが、きっとそのことかもしれません。

 
■今日の言葉  『誠』

神は見ている。
心を静めて、誠を尽くせ
…………………
廣池千九郎(モラロジー提唱者)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: イベント, 今日のことば |    

『ユニットバス工事』(ブログ 11月9日)

2013-11-11

今週の火曜日から浴室と脱衣場の工事をさせていただいているお宅のユニットバスの取り付けが今日終わりました。

まだ、来週内装工事・器具の取り付けが残っています。

もう少しで、完成です。

1 ユニットバス工事完了

『完訳 7つの習慣』について (No7)

第5の習慣『まず理解に徹し、そして理解される』を学ぶ中で、共感や正しい傾聴法を学ぶ。

コメント

前回、『相手を理解する為のコミュニケーンが大切だと感じました。』と書きましたが、理解される=自分のことも理解してもらうことも大切なのですね。
自分が相手を理解しようとしても、相手が自分を理解しなければ良い関係は生まれないことに気がつきました。

 

■今日の言葉  『やり続ける』

不可能だと言われていたことでも、
やり続けることで必ず結果は出てくる
…………………
鍵山秀三郎(イエローハット創業者)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

« 次へ  ||  前へ »
Copyright(c) 2013 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.