3月, 2013年

『カーポート修理』(ブログ3月19日 )

2013-03-19

昨日、お客様のところでカーポートの屋根の修理を行ないました。
20年以上経過していて、先日の風が強い日に壊れてしまいました。

最近、年数が経過したカーポートが壊れて相談を受けることが多くあります。

20年くらい前のものと今のものとでは、屋根の素材も変わり、今のものは耐久性がよくなっています。

日頃何気なく使用しているものでも、10年以上が経過したときには注意して家のものを点検しみるのも良いかもしれません。

 

1 工事前

2 工事後

3 工事後

4 工事後

 

■今日の言葉

素直な心で自分たちのできる最大限のレベルのことをやっていくと、天佑という出会いがある
…………………
江見朗(レストラン・エクスプレスCEO)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『進化するお店』(ブログ3月18日)

2013-03-19

先日の日曜日にイベントを見に調布へ行ってきたことを3月17日のブログでお話しました。

詳しくはこちらへ 

http://furuya-gas.com/?p=2845

 

その帰り道の近くにでんかのヤマグチという電気屋さんがあるので寄ってみました。

量販店よりもかなり高い値段で商品を売っているにも関らず、売り上げを伸ばしているお店です。

実は、15年前に一度お店を訪ねたことがありました。
その時は何かの試験で東京に行きたまたま帰りの途中にお店があることを知り、寄らせていただきました。

それから、2年位前にも友人が電化のヤマグチのDVDを貸してくれました。
その時のDVDを見て15年前と少しずつですがお店も仕事のやり方も変わっていることに気がつきました。

その時に私が書いたブログがこちらです。
http://furuya-gas.com/?p=79

 

今回、お店を訪れて感じたことですが、来店されるお客様の多くが年配の方が多いことやお店での社員さんの対応など勉強になりました。

やはり、少しずつ進化をしているのだと感じました。

見習いたいところが多くあった体験でした。

電化のヤマグチさんのホームページはこちらです。
http://www.d-yamaguchi.co.jp/corp/greeting.html

 

■今日の言葉

嫌々の努力では続かない。それを楽しい努力にしていく。
苦しいことも好きになろう、楽しみに変えてやろうと思っています
…………………
植木義晴(日本航空社長)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 今日のことば, 思ったこと |    

『楽しいこと』(ブログ3月17日)

2013-03-18

今日 東京の調布で開催された「GOOD FOOD MARKET」のへイベントを見に行ってきました。
10時開場と思った私たちは、9時30分に現地に到着していました。
どうも10時半からだったようです。でも、すでに多くの人が行列をなしていました。
 

 

色々なお店が並んでいて、特に印象的だったたい焼きやさんオープンから私たちがかえる午後1時半まで、お客様の列が途切れることはありませんでした。
焼いておられる方はお昼も食べずに一つ一つ焼いていましたがその表情がとても楽しそうだったのが印象的でした。
 

行列の鯛焼き屋さん

本当に楽しいそうに仕事してますコウでありたいな

 

長女は、コックさんの帽子をかぶり「こどもレストラン」で料理を作って親に食べさせてくれました。
また少しだけ大人に近づいたかも・・・。

子供たちが一生懸命に料理を作ってます

完成してみんなで並べました

結構美味しくいただきました

 

とにかくとても楽しいイベントでした。

できれば、5月18日(土)の当社のイベント「コテコテ市」お客様にあんなふうに楽しんでもらいたいと感じた1日でした。

 

■今日の言葉

「おまえ自身が感動しろ。感動するものを見つけろ」
…………………
棟方志功(版画家)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『ホットすること (第一回ワークショップ )』(ブログ3月16日)

2013-03-18

先日、妻がお店でワークショップをしました。
何でも 「トランスパラレントペーパーで作るモビール」 というものです。

トランスパラレントペーパーってなにか・・・?
モビールってなに・・・?

トランスといえば電気の変圧器・・・?

モビールといえばガンダムのモビールスーツそれは違うかモビルスーツでした・・・?

妻に聞いたところ、なにかとても癒される紙で、風でたなびくもの
といったいつものだいたいの答えです。

無知な私は、まったく分からないので、もしかすると失礼ながら私と同じくらいの知識の方がいるかも知れないと思い少しだけ調べてみました。

『トランスパラレントペーパーとは』

トランスパレントは、ドイツ語で透明な、透き通ったという形容詞で、                  透かし絵、透視画を意味するそうです。
北欧やドイツでは、冬の間、ひかりが乏しくなる為、窓から差し込む光をトランスパレントスターで楽しみます。同じ大きさの半透明の薄紙を、幾重にも重ね合わせて作り、オランダでは凧を作る時に、このワックスペーパーが使われてきました。透かし絵、星作りのほか、様々な創作に使われ、この用紙は森林から間引いた木材から作られており、食品包装にも適すると評価を得ているそうです。折り紙サイズなので、カットせずにそのまま使用する事が出来ます。

モビールは、紙やプラスチック、金属板、薄い木の板のような軽い素材を、糸や棒で吊るし、特定の位置でバランスを取って安定するようにしたものである。おのおのの部材は一箇所だけで吊られているので回転しやすく、風や人の手で揺り動かすと、複雑に予想しがたいような形に変化する。芸術品としての価値も高いが、多くの安価なものがインテリアや知育玩具として使用されている。と書かれていました。
後で妻に聞いたところ、参加された方々はお店で3時間ほどお茶を飲みながら楽しい雰囲気でワークショップを楽しまれたようです。

皆さんが集まって「ホットできる」お店を目指しているので、今後ともワークショップを行ないたいと考えています。

今回、ご協力いただいた「やとがりあ」さん ありがとうございました。
 

 

■今日の言葉

練習で手を抜くと、どうしても試合の時、自分自身に負けてしまう
…………………
吉田栄勝(一志ジュニアレスリング教室代表)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: イベント, 今日のことば |    

『どきどきトイレ修理』(ブログ3月15日)

2013-03-18

先日、お客様より連絡がありました。
『トイレが水浸しなので見てください。』
伺ってお客様と一緒に確認をしました。

水を流したときに漏れているのですが、どうしてもどこから漏れているか分かりません。
トイレの型式も分からず、メーカだけが分かりました。
メーカの方に写真で確認してもらったところ、すでに30年以上が経過していてない部品もあると回答がありました。

 

メーカから回答後に漏れ箇所が特定できないので、次のことをお伝えしました。
①  部品の在庫があるところを修理した場合の金額
②  もし部品がないところからの水漏れであれば修理が出来ないこと
③  その場合の対応と見積
それぞれのメリットとデメリットです。
 

それらを説明した後
お客様から家自体の年数も古いので、どうしても修理で直したいと言われました。

もし、修理で直らない場合はと考えながら修理をしたところ、今回は幸いある部品で修理が出き 「ホット」 胸をなでおろしたところです。
 

今回のようなケースがたまにあります。
・ お客様は出来るだけお金を賭けたくない。
・ 部品は年数が経過しており、あるものとないものがある。
このような状況の場合、何が一番よい方法なのかは私にも分かりません。
 

どんな状況でも、それぞれの人が色々な考えを持って判断をしています。
その時にメリット、デメリットを知った上で自分で選んで決めてのだと責任を持ってもらえるお手伝いをしたいと思います。

 

1 水浸しの状況

2 修理中

3 修理中

4 修理完了

5 お客様と水漏れがないことを確認

 

■今日の言葉

一度やろうと決めたら最後までとことんやり通しなさい
…………………
稲田明(帝京豊郷台柔道館館長)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『クーピーの神様』(ブログ3月14日)

2013-03-15

先日、自宅でいらないものを整理していると懐かしいクーピーが出てきました。

私が小学生の頃は、色鉛筆が主流でクーピーを持っている友達がうらやましかったのを覚えています。

出てきたクーピーは、おそらく私の妹が小学生のときに使っていたものでしょう。

長女は持っているので長男4歳と次女2歳にあげたところ、大切に使わず辺りにばら撒く始末、妻が幾ら叱ってもだめです。

そんな会話を隣の部屋で黙って聞いていた私は、ドアが閉まっているのをいいことに
大きな声で 『クーピーの神様じゃ~、クーピーを大切にしないのは誰じゃ~』

と言ったところ、2人とも半べそで 『ごめんなさい・・・。』 『おかあさん~』 と騒然となりました。
妻が大げさに 『ほら見なさい。クーピーの神様が怒って出てきたのよ!』 と言ったところ

『大切に使います』 と長男、それに続いて次女も 『つかいましゅ~』
その後は、2人ともおとなしくお絵かきをしていました。

いつまで、この手が使えるかは分かりませんが昔は、食べ物をはじめどんな物にも神様が宿っていると教えられたものです。

 

 

■今日の言葉

口は人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう
耳は人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう
目は人のよいところを見るために使おう
手足は人を助けるために使おう
心は人の痛みがわかるために使おう
…………………
腰塚勇人(「命の授業」講演家)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

  カテゴリー: わが家のこと, 今日のことば, 思ったこと |    

『便器の取替』(ブログ3月13日)

2013-03-15

先日、近所のお客様よりトイレの床が濡れていると連絡をいただきました。

現場を見てみるとウォシュレットの故障でした。

便器は一度も変えたことがないそういですが、ウォシュレットは10年位前に一度交換されたようです。

メーカーに問い合わせてみるとあと1ヶ月くらいで部品の供給が終わる商品でした。
修理も可能とのことです。

お客様に修理にするか、取り替えるか伺ったところ14年くらい前のもので、古いから交換するとのことです。

ウォシュレットも種類が色々とあるので、説明をすると今後のことも考えて自動でふたが開くも商品をご希望されました。
そのほかの機能の説明をして商品を決定しました。

ウォシュレットの各種商品は詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.toto.co.jp/products/toilet/washlet_list.htm
 

便器も新しいものの方が、節水であるため一緒に交換をするになりました。便器の種類についてはこちらをクリックしてください。
http://www.toto.co.jp/products/toilet/toilet_list.htm
 

節水.節電効果についてはこちらをクリックしてください。http://www.toto.co.jp/products/toilet/seiketsu_ecology/eco.htm

昨日取替を終え、取扱説明をしました。

便器交換ならほとんどの場合、作業は1日以内で終わります。

 

1 取替前

2 便器撤去

3 新しい便器取り付け前

4 完成

 

 

■今日の言葉

何事でも乗り越えられないことはない。
自分たちで限界を決める必要はない。
ただ全力を振り絞って前に進むしかない。
…………………
菅原裕典(清月記社長)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『玄関ドアの修理』(ブログ 3月12日)

2013-03-12

お客様から玄関ドアが鍵を掛けてないのに外から開かなくなる時があるので見て欲しいと連絡をいただきました。

現場で確認をしたところ、一部部品が壊れかけていました。
メーカーが判ったので、問い合わせをして部品があるか調べて、先日交換をしてきました。

約20年経過したものでしたが、幸いに部品があったので修理で対応が出来てよかったと思います。

玄関ドアの場合など、枠のゆがみやドアの調整が出来ない部分では取替をするほかありませんが、ドアを入れ替えると大掛かりになります。
出来ればおかしいと思ったら出来るだけ早いうちに修理をするのがよいと思います。

今回修理で直すことが出来て、本当によかったです。
 

1 故障した玄関ドア

2 修理後のチェック

■今日の言葉

8000メートルの世界ではあらゆるものが命の炎を消しにかかってきます。
時に消されたほうが楽だと思うこともあります。
だけど、その力にあえて対抗して、メラメラと燃えていこうとする自分もまたいる。
やはり生きるとは何かに一所懸命打ち込んでいく、命を燃やしていくこと
…………………
栗城史多(登山家/世界初となるインターネット生中継によるエベレスト単独・無酸素登頂に挑む)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『2年前の3月を振り返る』(ブログ 3月11日)

2013-03-12

2年前のこの日以降について自分の身近な出来事をふり返ってみようと思います。

2011年3月11日は、お客様のところのトイレリフォームをしていました。

2011年3月11日のブログです。
http://furuya-gas.com/?p=210

ここには、書いてありませんがトイレは何とか完成しましたが、竜王からの帰り車が渋滞していたのを思い出します。まだこのときは、東北はあんなことになっているとは知りませんでした。

3月16日の計画停電のときに、会社に設置してあるソーラーパネルから緊急用電源を取り何とか仕事をしたのを思い出します。

2011年3月18日のブログです。

http://furuya-gas.com/?p=241

生まれて初めて体験する計画停電で電気の本当のありがたみと今後の生活を見直す機会となりました。家族で停電する前に用事を済ませて、早く寝る習慣がこのときからつきました。今も当時の気持ちのままか、もう一度自分に問いかけたいと思います。

2011年3月22日と3月25日のブログです。

http://furuya-gas.com/?p=251
http://furuya-gas.com/?p=255

計画停電の影響なのか、自宅の冷蔵庫が壊れてしまいました。結局、新しい冷蔵庫に買い換えました。

2011年3月28日のブログです。
http://furuya-gas.com/?m=201103

せめて少しでも、あの日のこと、その後に感じたことを忘れないためにも過去をふり返って見ることも必要だと感じました。

 

■今日の言葉

人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは苦しくて辛いことです。
しかし、日本が一つになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。
だからこそ、日本中に届けます。
感動、勇気、そして笑顔を。
見せましょう、日本の底力、絆を。
…………………
阿部翔人(石巻工業高校硬式野球部主将/2012年センバツ甲子園での選手宣誓)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 今日のことば, 古屋商店, 思ったこと |    

『誕生日のケーキ』(3月10日ブログ)

2013-03-11

今月は、娘の誕生日が3月31日にあります。

 

最近、我が家では家族の誕生日ごとに色々なところにケーキをお願いして作ってもらいます。

 

先月の妻の誕生日には、マルヨさんがケーキを作ってくれました。

私は、マルヨさんのケーキの横についているマカロンが大好きです。

(いくつでもいけます)

 

前回の当店で開催したコテコテ市にも参加いただきました。

前回のコテコテ市の様子です。

 

http://furuya-gas.com/?p=1882

 

今回、5月18日のコテコテ市にも参加いただく予定です。

よろしければ一度食べてみてください。

美味しいですよ。


■今日の言葉
稲盛氏が語った「心を高め、運命を伸ばす」生き方とは。

 * * *

「思念は業(ごう)をつくる」。

人間は人生のその時々でいろいろな思いを抱くわけですが、その思いが様々な業、つまり原因をつくっていくんだと。

いいことを思えばいい原因をつくるし、悪いことを思えば悪い原因をつくる。

仮に思っただけで、口に出したり実行しなかったとしても原因になるのです。

だから「思い」というものを軽々に考えてはいけないと思っています。

本当に長い間、人生を極めていこうと思えば、「どんな思いを抱くか」が大切だと思いますね。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

« 次へ  ||  前へ »
Copyright(c) 2013 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.