3月, 2013年

『会社にも取り付けました。防音、防犯対策にも有効な二重サッシ』(ブログ 3月28日)

2013-03-29

先日、事務所に二重サッシを取り付けました。

自宅にも取り付けてあったので効果はわかっていましたが、改めて防音効果には驚きました。

 

防音効果 http://www.ykkap.co.jp/products/reform/plamadou/feature/03.asp
防犯効果 http://www.ykkap.co.jp/products/reform/plamadou/feature/04.asp

 

外の音が気になる方にもお勧めです。

 

1 工事前

2 工事後

3 防犯上鍵が二つあると安心です

 

■今日の言葉

  「あすは運動」           松原泰道(龍源寺前住職)
 

これはかなり前のお話であります。
ある新聞を読んでいましたら、女子高で教える三十歳くらいの国語の先生の投書が載っていました。
それを読んで私は非常に感動したんです。
当時の女子高の生徒でも、
やっぱり挨拶を全然しなかったといいます。

だからその先生がやり切れなくなって、

「そんなふうに黙っていたら、
  家庭間も友人関係もうまくいかない。
  就職してもうまくいかないから、
  きょうからは少なくとも三つの挨拶を実行してほしい」
と言われたそうなんです。
先生が唱導されたのが
「ありがとう、すみません、はい」
の三つの言葉でした。

この三つさえ言えれば、交友関係もうまくいくし、
人に憎まれることも、人をいじめることも少なかろう。
君たちが上の学校に上がらず、このまま就職したとする。

その職場の中で皆が黙っていたら、
君たちが進んで大きな声で

「ありがとう、すみません、はい」

と言えばいい。これを繰り返せば、必ず事故が減る。

そして先生は三つの言葉の頭文字を取って
「あすは運動」と名づけたそうです。

私は、これはいいことを聞いたと思いましてね。

その後、いろんな会社やどこかでお話をするたびに、
この「あすは運動」をお勧めしたのです。
そうしたら確かに事故が減るんだそうですね。

皆さんも試しにやってごらんなさい。
ご家庭でも職場の中でもいいですから。

 

「ありがとう、すみません、はい」

 

この挨拶を繰り返していけば、自然に心が安らかになっていく。
これは禅語の上からも考えられます。

「ありがとう」という言葉は「感謝」と同義語になっていますが、
本来の意味は「有ること難し」です。
滅多にないということ。稀有の事実であります。

いまお互いがここに生きているということは、
考えてみれば稀有の事実です。

私なんか、後期高齢者も越えてしまって、
もう末期高齢者ですよね。
孫が挨拶代わりに「おじいちゃん、いつ死ぬんですか」
なんてことを聞いてきます(笑)。

この頃、朝起きて着物を着せてもらう時にしみじみ思うのですが、
あぁ、きょうもまた生きていた、と。

百歳を越えましてね。
何もかも人様のお世話になりながら、
生きさせていただいているんだということが、
本当に分かってまいりました。

有り得ないことが、いまここに有るんだという事実。
だから感謝の前に、まず、稀有の事実を知ることです。

 

それから「すみません」。

この言葉は若い女性が嫌うんです。
何にもしないのに「すみません」なんて謝るのは
侮辱だなんておっしゃるけれども、そんなふうに考えずにね。

すみませんとは、「謝る」という意味より前に、
「すんでいない」ということなんです。
決済をしていない、未済だということです。

皆様もお気づきでありましょうが、
私たちは自分一人で生きていられるんじゃなく、
大勢の人の力を借りて生きさせていただいている。

その恩返しがまだすんでいません、という深い反省の言葉なんです。
それを自分に言い聞かせる意味で「すみません」。
これなら気持ちよく言えるだろうと思います。

第三の「はい」は、単に人に呼ばれた時の返事だと思うから、
なかなか声が出てこないんです。

「はい」と返事をすることは、自分が自分になるということ、
自分自身を取り戻すことができるということです。

誰かに呼ばれた時にモゴモゴするよりも、
「はいっ!」と、こう返事をしてごらんなさい。

気持ちがスカーッとして、自分に出会うことができる。
だからそういう何でもないような挨拶や言葉の中にも、
これこれの意味が含まれているということを
考えていただければと思います。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『無事これ・・・。』(ブログ 3月27日)

2013-03-29

先日、春休みに入る前に息子が、皆勤賞の賞品を幼稚園からいただいてきました。
一年間一日も休むことなく、幼稚園へ通ったご褒美です。

無事に一年間通うことが出来たのも、幼稚園に行ってから元気に外で遊ばせて、大きな怪我もなく過ごせるよう面倒を見ていただいた先生方のおかげだと感謝しています。

昔、まだ私が独身の頃に先輩が言っていた言葉を思い出します。
「生まれるときは、なにしろ五体満足で無事に生まれてくれと思うが、次には早くある歩け、次には早く話をしないか。小学、中学、高校となれば、勉強がどうのと親なんてかってなもんさ」

今での心の中に残る言葉の一つです。

「無事これ名馬」
なにはなくても、健康が一番です。

写真を撮るから、開けないでといったのに中を見たさに少し開けていまいました。

息子が通っている幼稚園はこちらです。
よかったら見てください。
http://www.ichirenji.jp/k_sono/

 

■今日の言葉

第一に心中常に喜神を含むこと
第二に心中絶えず感謝の念を含むこと
第三に常に陰徳を志すこと
…………………
安岡正篤(東洋思想家/昭和の歴代首相、財界人の指南役)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: わが家のこと, 今日のことば, 思ったこと |    

『雨にも負けず』(ブログ 3月26日)

2013-03-29

夜、時間があるとき子供たちに読んであげる本があります。
それは写真のような本です。

 

別に、頭の良い子供になって欲しいからではなく。
少しでも子供たちとの思い出をつくれたらとおもい、3分位なら私にも読めるのではと軽い気持ちでこの本を買いました。
もちろん、毎日よんでいるわけではありません。

色々な話がある中で、先日宮沢賢治の詩が載っていました。

子供たちは、本に書いてある絵の方に興味があるようでしたが、読んでいるうちはおとなしく聞いていました。
私も、この詩を初めて聞いたときは
「何を言っているのだろ?良く分からないや、何でこんな詩が国語の本に載っているのかな・・・。」なんて思っていました。

今改めて聞いてみるとなんとも意味深い詩であることを感じます。
子供たちもいつか、「そういえば、お父さんが本を読んでくれた中にあったな。今なら少し分かるような気がする」なんて思うであろう日が来ることを信じたいと思います。

雨にも負けず
風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫なからだをもち
慾はなく
決して怒らず
いつも静かに笑っている
一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを
自分を勘定に入れずに
よく見聞きし分かり
そして忘れず
野原の松の林の陰の
小さな萱ぶきの小屋にいて
東に病気の子供あれば
行って看病してやり
西に疲れた母あれば
行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば
行ってこわがらなくてもいいといい
北に喧嘩や訴訟があれば
つまらないからやめろといい
日照りの時は涙を流し
寒さの夏はおろおろ歩き
みんなにでくのぼーと呼ばれ
褒められもせず
苦にもされず
そういうものに
わたしはなりたい

 

渡辺健さんの朗読です。
http://www.youtube.com/watch?v=hvFEffacY5g

 

■今日の言葉

私たちは人生の中で様々な逆境や試練に直面します。
大切なのはその出来事には必ず意味があると信じて受け入れることです
…………………
鈴木秀子(シスター/文学博士)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: わが家のこと, 今日のことば, 思ったこと |    

『庇(ひさし)の修理』(ブログ 3月25日)

2013-03-26

先日、近所のお客様より連絡をいただき玄関の庇の下が剥がれてきたので直して欲しいとのことでした。

工事をしてみると雨が入らないようにコーキングなどをしておくべきところに処理がされていないのが原因でした。

漏れ箇所を処理して庇の下の部分を取り替え、照明器具も新しく取り替えました。

お客様も大変喜ばれ、他にも修理して欲しいところがあるとご相談をいただきました。

 


 

 

■今日の言葉


口は人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう
耳は人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう
目は人のよいところを見るために使おう
手足は人を助けるために使おう
心は人の痛みがわかるために使おう
…………………
腰塚勇人(「命の授業」講演家)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

『省エネ給湯器(灯油) リースもあります』(ブログ 3月24日)

2013-03-25

今日、石油の給湯器を取替しました。

10年以上使用された給湯器でしたが、修理ではなく取替をご希望されました。

今まで使用された給湯器はリースでしたが、今回もリースをご希望されました。

リースのメリットは、リース期間中の故障については、お客様の負担がないことと、購入時に一度に出費がないことです。

省エネの給湯器をご購入いただきました。

 

灯油の省エネタイプの給湯器の詳しいことはこちらをご覧ください。
http://www.noritz.co.jp/product/kyutoki/oil/ecofeel/ecolife.html

 

リースについてもご相談いただければ見積をします。

 

1 工事前 今までの給湯器の排気口がだいぶ黒くなっています。

2 工事後

 

■今日の言葉

リッツ・カールトンを日本に根づかせた伝説のホテルマン・高野登氏。

高野氏が語った「運や縁を掴む方法」とは。

 * * *

やっぱり目の前のことにがむしゃらに取り組んできた。その先にしかチャンスは与えられないと思っていたんです。

そうしていただいたご縁に運ばれ、プラザホテルに行ったり、リッツ・カールトンに行ったりして、いまこの「場」まで運ばれてきました。

僕が思うに、強い人間は運や縁を自分から掴みに行けるんです。でも僕は強くないので、運に運ばれた人生だなと思いますね。

とりあえず運ばれるところまで運ばれてみようと。

でも、行った先々では、これ以上ないというレベルでがむしゃらにやる。その連続でした。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

  カテゴリー: ★工事・修理, 今日のことば, 給湯器 |    

『思い出の場所』(ブログ 3月23日)

2013-03-25

昨日、懐かしい人たちと集まる機会がありました。

今月の30日にお店が閉店になる 「おたやん」 という居酒屋さんに集まりました。

私は、お酒は飲めませんが、この居酒屋さんには大変お世話になり色々な楽しい思い出があります。

昨日もみんなで集まって遅くまで色々な会話に花が咲きました。
誰かが若い後輩に叱るところを見ていて、大人になるとなかなかその人のことを本気で考えて「お前のここがよくない」と言ってくれる人っていないよな、なんて思いながら話を聞いていました。

そんな先輩がいてくれることは本当にありがたいことです。

そんな「ホッと」する場所が一つなくなるのは寂しいことですが、別の場所でお店をはじめるそうなのでオープンしたら行ってみたいと思います。

■今日の言葉

火花の散るような、抜き差しならぬ勝負の世界に身を置いてこそ、自分を磨くことができる
…………………
占部賢志(中村学園大学教授)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 今日のことば, 思ったこと |    

『駐輪場(サイクルポート)』(ブログ 3月22日)

2013-03-25

先日、駐輪場の工事をさせていただきました。

子供さんが大きくなり、自転車置き場が必要になったためだそうです。
 

駐輪場についてはこちらをご覧ください。
http://tostem.lixil.co.jp/lineup/exterior/cycleport/sigmaport/

 

リフォームも子供の成長や年齢に応じて、家を少しずつ住んでおられる方の使いやすいように、変えていくのが良いかもしれません。
 

工事前

工事後

 

 

■今日の言葉

目標達成を目指す人の時間は未来に向かって流れている。
しかし、目標を絶対に達成すると決めている人の時間は未来から逆算して流れており、未来は固定されている
…………………
横山信弘(アタックス・セールス・アソシエイツ社長)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『修理にするか、取り替えるか迷うところです』(ブログ 3月21日)

2013-03-22

「給湯器のリモコンの電源が入らなくなったので見て欲しい」とお客様から連絡がありました。

現場に伺ってみると、コンセントまでは電気が来ていますが、リモコンの電源が入りません。

製造から13年が経過しているので、修理が可能かメーカーに確認したところ、在庫を調べて連絡をくれることになりました。

しばらくして連絡があり、部品はまだ在庫があるので、修理は可能とのことでした。

お客様の方で修理金額と給湯器を丸ごと取り替えた時の金額を知りたいと言われたので、
およその修理金額と給湯器を丸ごと取り替えた時の金額をお伝えしました。

お客様はしばらく考えられて取り替えることになりました。

いつも思いますが、どちらが良かったかはその後の結果次第だと思います。

出来れば、あまりリスクが高い選択をされない方がよいと思いながも、正しい情報と今までの経験を正確にお伝えすることを心がけています。

 

■今日の言葉

「伸びる選手の条件」
13大会連続世界一という偉業を成し遂げたレスリングの吉田沙保里選手。
世界の強豪を相手に、闘志をむき出しにして闘うその姿は国民に勇気と感動を与えてくれました。
そんな吉田沙保里選手が活躍する傍にはいつも父であり指導者でもある吉田栄勝氏がいました。
   
  吉田栄勝氏(一志ジュニアレスリング教室代表)      

◆その1◆
…………………………………………………

「一度負けたくらいでクヨクヨするな」

…………………………………………………

私は沙保里によくこんな話をしてきました。

「もしおまえが途中で負けてしまったら、
 おまえに負けた子がまた泣いてしまうぞ。
 
 だからおまえに負けた子の分まで
 勝たなきゃいけない」と。

 一方、女房は2008年に
 連勝記録が119で途切れた時

「いままでおまえが勝たせてもらったその裏で、
 他の子は皆泣いていたんだよ。
 一度負けたくらいでクヨクヨするな」

と言いました。

 連勝の記録ももちろん大事ですが、
 やっぱり人間、負ける悔しさというのを
 覚えていってこそ、
 本当の成長へと繋がるのだと思います。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: ★工事・修理, 今日のことば, 給湯器 |    

『あまり進歩はないけどそれでも少しずつ良くなっているかも・・・。』(ブログ 3月20日)

2013-03-22

今日やっと4月号のホット情報が仕上がりました。
目標の期日を3日も過ぎています。

ホット情報とは、毎月当社で出している手作りの情報紙です。
4月で154号ですから、12年とちょっと続けてきたことになります。
1号は白黒のA4でしたが、今ではA3で両面カラー1枚になりました。

こんなことをブログに書きながら、そういえば前にもホット情報のことブログに書いたような気がして調べました。ちょうど一年前の3月26日に書いていました。
 

詳しくはこちらをご覧ください。
http://furuya-gas.com/?p=789
 

その内容を見るとなかなか進歩していない自分に気がつきます。

でも、去年は3月26日ですが、今年は3月20日なので6日ばかり早く仕上がったことにはなります。これって進歩でしょうか?

3月号のホット情報の一部です。良かったら読んでみてください。

 

<<エイジのコテコテ話>>

みなさんいかがお過ごしですか。先日、我が家でおでんを食べていたときのことです。子供たちは、蒟蒻(こんにゃく)が好きなようで、蒟蒻ばかりを食べていました。そんな時、蒟蒻はおなかの砂を取ると聞いたことがあるけれど本当なのかという話になりました。そこから話は発展して、いつ頃から蒟蒻があるのかなど疑問が湧いてきたので調べて見ることにしました。皆さんは、蒟蒻がどのように作られるかご存知でしょうか?蒟蒻は、蒟蒻芋を蒸してすり潰し石灰水(アルカリ水)を混ぜて煮込むと固まり蒟蒻になります。現在は凝固剤として石灰を使用しますが、昔はわらを燃やした炭を水に溶かし、ろ過したものを凝固剤として使用していました。蒟蒻芋は、非常にエグみが強く、そのままでは食べることは出来ません。昔の人の知恵には感心させられます。日本には中国から仏教の伝来とともに精進料理として伝わった説や飛鳥時代に朝鮮や遣唐使が持ち帰ったという説があります。初めの頃は医薬用として珍重され貴族や王族しか食べられなかったようです。蒟蒻の名が載っている日本で一番古い書物は平安時代の源順(みなもとのしたごろう)が書いた「倭名類聚抄」(わみょうるいじゅしょう)(931~938年)という辞書で次のように述べられています。「蒟蒻の根っこは白く、灰から作ったアク汁で煮ると固まり、酢をつけて食べる。」この記述から、当時すでに蒟蒻芋を灰汁で処理することで食用となることが知られていたようです。しかし庶民が食べられたのは江戸時代からです。俳人の松尾芭蕉も「こんにゃくの刺身も少し梅の花」と詠って好んで食べたそうです。ところで蒟蒻には白と黒のがあります。元来、蒟蒻芋から作ると蒟蒻は白では無くやや黒っぽくなります。しかし、現在は蒟蒻粉を水に溶いて作る事が多いため、そうすると白い蒟蒻ができます。黒くするために「ヒジキ、アラメ、カジメ」といった「海藻粉末」を入れて色をつけて作ったのが黒い蒟蒻の始まりだそうです。それにしても蒟蒻は日本では、千年以上前から食べられていた非常に歴史のある食べ物であることがわかりました。ちなみに、おなかの砂を取ると言うのは俗説で、繊維質が多く腸によい働きをするので、そのような説が伝わったようです。

 

これからも、続けて行きたいと思います。

 

■今日の言葉

自分を追い込む習慣を身につけた人は間違いなく成長する
…………………
吉越浩一郎(トリンプ・インターナショナルジャパン元社長)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 今日のことば, 古屋商店, 思ったこと |    

『消しゴムハンコがお店に・・・。』(ブログ 3月19日)

2013-03-22

先日、お店にお客様がこられました。

なんと、消しゴムでハンコを作る方です。

何年か前に消しゴムでハンコを作るイベントに参加して、それから面白くなり作るようになったそうです。

色々な人から頼まれて、今では販売をするようになったとのこと。

好きなことをするのが一番ですね。

「住まいのふるや」のお店にも置いていただけることになりました。

今度、お店にこられたらご覧ください。

 

1 色々な消しゴムハンコがあります

2 お店においてあります

 

■今日の言葉

魂と魂のぶつかり合いの中で厳しい練習を乗り越え、選手一人ひとりの実力やチームワークは育まれていく
…………………
中井哲之(広陵高校硬式野球部監督)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 今日のことば, 古屋商店 |    

« 次へ
Copyright(c) 2013 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.