11月, 2012年

『電気は安全・・・・?』(ブログ 11月29日)

2012-11-30

今日、お客様から急ぎの連絡がありました。

「部屋の一部の電気が切れてしまったので出来るだけ早く見て欲しいとの事でした。」

電話で分電盤のブレーカーを確認してもらいましたが、「切れている様子がありません」とのこと

現場へ伺ってみたところ、ブレーカーの故障のようでした。

他の予定があるため、とりあえず別のブレーカーのところへ配線替えをして応急処置をしました。

出来れば早めに別の方法での工事をお勧めしたいと思います。

だいぶ古いブレーカーです。
次にもこんなことの無いように分電盤を取替えるのもひとつの手かもしれません。

工事については、いくつかの方法とメリット・デメリットをお話して決めたいと思います。

目に見えない電気は、多くのお客様が無意識に安心・安全と思いがちですが目に見えなく、匂いも無く、目に付きにくい高い位置にある分電盤なども古くなれば他のものと同じように故障をしたりします。

ぜひ、この機会に電気の安全に対する意識を高めてもらいたと思いました。

 

1 古い分電盤の外側

2 古い分電盤の内側

 

■今日の言葉

自分自身の幅を広げていかなければ相手を心の底から理解することはできない
…………………
桑原豊(ワタミ社長)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: ★工事・修理, ★電気工事, 今日のことば |    

『強風につき』(ブログ 11月28日)

2012-11-30

昨日の強風で、お店の日よけ幕を抑えている針金が切れてしまいました。

写真 直した日よけ幕

それを修理しているとガスのお客様から連絡が入りました。

屋根の一部が飛んでしまったので見て欲しいとの事です。

見に伺うと見事に屋根の棟の一部が飛んでいました。

今日は職人さんと現場を確認しましたが、雨が降ると困るのでブルーシートをかぶせて固定してきました。

写真 飛んでしまった棟

写真 ブルーシートを被せて応急処置

いくつかの工事方法を提案して、そのメリット、デメリットをお話しながら、お客様とも相談して、工事の方法を考えたいと思います。

■今日の言葉

自分でリミットを設けない。
自分の運命を他人に委ねない。
降りかかるリスクは自分で背負う
…………………
星野陽子(翻訳家)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

『お食事の言葉』(ブログ 11月27日)

2012-11-30

お食事の言葉
『御仏のおかげを喜び
このお食事を下さった お父様、お母様
いただきます。』

子供たちが、食事の前にこの言葉を言います。

通っている幼稚園(一蓮寺幼稚園で、お昼の時に食事の前に言っている言葉です)

そういえばもう何年も前のことですが、給食費を払っているのだから
「いただきます」を言う必要はない。と学校に申し入れた親がいる、という話を聞いたことがあります。

「いただきます」
の意味は、

色々な解釈があるようです。

例えば
命をいただくという意味

食物を与えていただいた天の恵み、自然の恵み、太陽の恵みに感謝する

今、自分自身が置かれている状況、それが、幸福であろうが不幸であろうが、健康であろうが病気であろうが、そのようなすべてを与えていただいている神様、仏様、そして、自身に関わって今の状況を与えて下さっているすべての人々、すべての物に、感謝していただく。

一言で言えば『全てのことに感謝します』私はそう思いました。

こんな偉そうなことをいますが、
実は、大人になってから「いただきます」と言うようになったのは、
子供が出来て幼稚園に入園してからです。

子供に感謝です。

 

■今日の言葉

どんなに辛くても悲しくても、自分が笑っていることができれば、皆も笑顔になる。まず自分自身が幸福でいることがすべての源
…………………
小宮正江(ゴールボール女子日本代表主将/ロンドンパラリンピック金メダリスト)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: わが家のこと, 今日のことば, 思ったこと |    

『工事の時に水が止まらない、止水栓が壊れているなんて困ります』(ブログ 11月26日)

2012-11-30

先日、お客様のところで工事をしたときのこと。

水を止めようと外でバルブをひねりましたが、水が止まらず工事をするのに苦労しました。

そこで、お客様から止水栓(外で家の水を止めるバルブ)を「取り替えて欲しい」と言われ取替えを行いました。

いざ、水を止めたいと思ったときに水を止められないのは本当に困ります。

時には、ご自宅の止水栓を止めて確認をされたらよいかと思います。

あまり古いと硬くなって動かないこともあります。

1 工事前

2 工事中

3 新設配管

4 工事完了

 

■今日の言葉

結局人生で大切なのは、人の和です。
人が喜ぶことをすれば周りに人が集まってくる
…………………
安藤久蔵(コーヒー豆輸入販売店を経営する101歳)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: ★工事・修理, ★水道工事, 水道工事 |    

『そろそろ本格的な冬に入ります。給湯器の調子はいかがですか? パート2』(11月25日 ブログ)

2012-11-26

急に寒くなり、給湯器の調子がおかしくなるお客様がこの時期多くなります。

今回は、ご高齢でお二人住まいのお客様です。

灯油の給湯器から同じく灯油の給湯器への取替えをご希望でした。

お二人でお住まいなので、今までと同じタイプの給湯器に取り替えました。

古い灯油タンクだと故障の原因になるので新しいものに取替えをお勧めしました。
タンクも取替えこれで安心

古い給湯器と灯油タンク

新しい給湯器

新しい灯油タンク

 

■今日の言葉  

一、初対面に無心で接すること
  有能な人間ほど、
  とかく慢心や偏見があり、
  どうしても有心で接する、
  これはいけない

一、批評癖を直し、悪口屋にならぬこと

一、努めて、人の美点・良所を見ること

一、世の中に隠れて案外善いことが
  行われているのに平生注意すること

一、好悪を問わず、人に誠を尽くすこと

 『安岡正篤一日一言』より

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

  カテゴリー: 今日のことば, 給湯器 |    

『そろそろ本格的な冬に入ります。給湯器の調子はいかがですか?』(ブログ 11月24日)

2012-11-26

給湯器の取替え工事を行いました。

前から調子が悪かったようで、たまにエラー表示が出ると一度電源を切ってから使用されていたそうです。

メーカー(長府)に確認したところ
『15年以上前のもので、もう部品がありません』といわれました。

お客様に内容を説明して取替え機種を選びました。
今回 灯油の給湯器からガスの省エネ給湯器に取替えになりました。

省エネガス給湯器とは
こちらをご覧ください。
http://www.noritz.co.jp/product/kyutoki/gus/eco_j.html
 

石油からガスに切り替えるメリット
灯油切れの心配がない。
大きな音がしない。
いやな臭いがしない。
十年に一度の点検がない。

石油給湯器の点検については詳しくはこちらをご覧ください
http://www.meti.go.jp/product_safety/consumer/system/gaiyoushouhi2012.pdf
 

 

給湯器が古くなっている方は、年末年始で給湯器が故障なんてことにならないように取替えを早めに考えられた方がよいかもしれません。

目安は十年以上使用されている機器です。心当たりの方はご検討ください。

■今日の言葉

工夫と訓練次第でやれることは限りなくある
…………………
浦田理恵(盲目のアスリート/ロンドンパラリンピック金メダリスト)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 今日のことば, 給湯器 |    

『塀の塗装工事』(ブログ 11月23日)

2012-11-26

先日、ポストを取り変えたお宅の塀の塗装工事が終わりました。

10年以上前に塗装をされたそうですが、その時は自宅の方も仕事で忙しく塗装屋さんお任せで色を塗ってもらったそうです。

今回は、色見本をお持ちして、お好みの色を選んでいただきました。

よく塗装工事をしますが、写真に撮るとわかりにくく現場では綺麗になっているのにうまくわかりません。

今回は、自分ではなかなかベストショットだと思っています。

1 塗装工事前

2 塗装工事前

3 工事中 高圧洗浄

4 工事中 下地処理

5 工事中 養生

6 完成

7 完成

■今日の言葉

ベースで自分の生活を守りながら時々波乱を起こす。音楽でいう変拍子。
人間はそうやって動的に生きなきゃいけない
…………………
五木寛之(作家)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 今日のことば, 外壁・門・エクステリア |    

『今 あるし幸せ 親への感謝・子供への感謝』(ブログ 11月22日)

2012-11-26

私のところへ、たまに送られてくるメールです。
よろしかったら、読んでみてください。

*****************************

サンケイの【夕焼けエッセイ】に掲載された、
大阪府岸和田市の西川和子さん(78歳)のお話です。

*****************************

私は子供に恵まれなかった。
結婚して15年目に縁があって、義弟の次男を養子として迎えることになった。
生まれて20日目の赤ちゃんを胸に抱き、
馴れない手でミルクを飲ませ、おむつを替えた。

その後も無事に育ってくれて、桜の咲く小学校に入学した。
運動会や保護懇談会にも出席し、親としての喜びを体験させてくれた。

担任の先生は、
「彼が結婚するまで、養子であることを知らせずに成長してほしいと思います」
と言ってくれた。

大学受験の時には深海の魚のように重圧を感じて心配したけど
「桜咲く」結果で心から喜んだ。

その息子は今、39歳を迎え、小学校5年生と2年生の娘の父親として
一生懸命に頑張っている。

私の夫は5年前に世を去り、一人暮らしの私を会社帰りに毎日訪ねてくれる。
「お母さん元気か?寒いから気いつけや」と一言。
私は心を込めて一杯のコーヒーをいれ、息子に黙って差し出す。

13年前息子が結婚する時に、意を決して養子であることを告げた。
突然のことに息子は愕然となり、ぽろぽろと大粒の涙をこぼした。

しかし一晩明けた朝、

「お母さん、昨夜いろいろ考えたけど、僕はやっぱりお母さんの息子だよ。
 今まで通りだよ」

とにっこり笑った。

寒い日も雨の日も毎晩訪ねてくれる息子を玄関まで見送りながら、
その後ろ姿に「ありがとう。年老いた私には、あなたの家族が生きる支えだよ」
と胸いっぱいの感謝を込めて手を合わす。明日もまた頑張ろう。

*********************************

感動をもって読み終え、その時に思い出したのが「致知」12月号の28頁で紹介されている
内田美智子さんの記事でした。

・・・・・・・・・・【母性こそ人を幸せにし、国を豊かにする】より・・・・・・・・・

自分の目の前に子どもがいるという状況を当たり前だと思わないでほしいんです。

自分が子どもを授かったこと、
子どもが「ママ、大好き」と言ってまとわりついてくることは、
奇跡と奇跡が重なり合ってそこに存在するのだと知ってほしいと思うんですね。
 
そのことを知らせるために、私は死産をした一人のお母さんの話をするんです。

そのお母さんは、出産予定日の前日に胎動がないというので来院されました。
急いでエコーで調べたら、すでに赤ちゃんの心臓は止まっていました。
胎内で亡くなった赤ちゃんは異物に変わります。

早く出さないとお母さんの体に異常が起こってきます。
でも、産んでもなんの喜びもない赤ちゃんを産むのは大変なことなんです。

普段なら私たち助産師は、陣痛が5時間でも10時間でも、
ずっと付き合ってお母さんの腰をさすって
「頑張りぃ。元気な赤ちゃんに会えるから頑張りぃ」
と励ましますが、死産をするお母さんにはかける言葉がありません。

赤ちゃんが元気に生まれてきた時の分娩室は賑やかですが、死産のときは本当に静かです。
しーんとした中に、お母さんの泣く声だけが響くんですよ。

そのお母さんは分娩室で胸に抱いた後、「一晩抱っこして寝ていいですか」と言いました。
明日にはお葬式をしないといけない。
せめて今晩一晩だけでも抱っこしていたいというのです。

私たちは「いいですよ」と言って、赤ちゃんにきれいな服を着せて、
お母さんの部屋に連れていきました。

その日の夜、看護師が様子を見に行くと、
お母さんは月明かりに照らされてベッドの上に座り、子どもを抱いていました。

「大丈夫ですか」と声をかけると、「いまね、この子におっぱいあげていたんですよ」
と答えました。
よく見ると、お母さんはじわっと零れてくるお乳を指で掬って、
赤ちゃんの口元まで運んでいたのです。

死産であっても、胎盤が外れた瞬間にホルモンの働きでお乳が出始めます。
死産したお母さんの場合、お乳が張らないような薬を飲ませて止めますが、
すぐには止まりません。

そのお母さんも、赤ちゃんを抱いていたらじわっとお乳が滲んできたので、
それを飲ませようとしていたのです。
飲ませてあげたかったのでしょうね。

死産の子であっても、お母さんにとって子どもは宝物なんです。
生きている子ならなおさらです。

一晩中泣きやまなかったりすると「ああ、うるさいな」と思うかもしれませんが、
それこそ母親にとって最高に幸せなことなんですよ。

母親学級でこういう話をすると、涙を流すお母さんがたくさんいます。
でも、その涙は浄化の涙で、自分に授かった命を慈しもうという気持ちに変わります。

「そんな辛い思いをしながら子どもを産む人がいるのなら私も頑張ろう」
「お乳を飲ませるのは幸せなことなんだな」
と前向きになって、母性のスイッチが入るんですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

母親の無償の愛は、子どもに必ず伝わります。

その愛を受け止め、感謝の心を育むことがこれからの日本を豊かにしていくことに繋がります。

産みの親、育ての親と、たとえ形は違っても、
いま・ここにある命のありがたさに感謝しながら生きていくことが
親への恩返し、自分自身の幸福に繋がることかと・・・・

*****************************
以上がメールの内容です。

『私たちは、日ごろ、日常生活に追われ目の前のことだけに目が行きがちです。ただふとした時間の合間にでも、自分とは違う体験や非日常を感じる時が人には必要なのかも知れないと思うことがあります。』

 

■今日の言葉

いつ降りかかってくるかわからない思いがけない出来事は
その後の人生を大きく変えてしまいます。

「人生には三つの坂がある。
 上り坂  下り坂  まさかの坂」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 今日のことば, 思ったこと |    

『埋め込んである古いポストの交換 』(ブログ 11月21日)

2012-11-26

お客様からポストが古くなり取替えをしたいと連絡がありました。

塀に埋め込まれているタイプで、昔のポストなので牛乳瓶が入るようになっているため回覧板など多きものが入らないので、少し大きな新しいポストを取り付けたいとのご要望でした。

いくつかのポストを探してお客様と相談しながら大きさを決めました。

今のポストを取り外し、少し大きく開口をして今までよりも大きいポストを取り付けました。

何日かしてお客様に感想を伺ったところ、大きなポストにして郵便物や回覧板も濡れなくて良かったとのことです。

1 工事前 ポスト正面

2 工事前 ポスト裏

3 工事後 ポスト正面

4 工事後 ポスト裏

■今日の言葉

喜び上手というのはとても大事です。

だけど同時に悲しみ上手も大事なんです。

戦後よくなかったのは、なんでもプラス思考、プラス思考で、

笑うこと、ユーモア、明るい気持ち、前向きと、そんなことばかり持てはやしていることです。

でもそれは車の片方の車輪でしかない。

もう片方の、深く悲しむ、嘆く、泣く、涙をこぼすことも大事なんです。…………………
五木寛之(作家)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 今日のことば, 外壁・門・エクステリア |    

『早めに取り替えないと困るもの』(ブログ11月20日)

2012-11-26

先日、朝早くにお客様より連絡がありました。

洗濯機が急に動かなくなり、どうしても今日使いたいとのこと・・・。

たまたま会社にあった洗濯機をお昼に持って行きました。

本当にラッキーだったのですが、出来ればもう少し早いうちに取替えをした方が良かったのではと思いました。

お客様に伺ったところ、20年以上前の洗濯機だそうです。

よくお客様から 「急いで」 といわれますが、通常、故障しても急を要しないものと、どうしてもすぐに必要になるものとがあります。

お客様からよくすぐに対応して欲しいと言われるのが

家電なら
①『冷蔵庫』、夏に故障すると最悪です。なぜなら中のものが腐ってしまいます。

②次が、洗濯機

③その次が、夏場のエアコンです。

家電以外だと
冬場の給湯器と水道の凍結・そして排水の詰まり・水漏れです。

『特にトイレ関係は急を要します。』

水道の凍結については、解けるまで待つしかありませんが、他のものは早めの交換で不便な思いをしなくてもすみます。

今まで最悪だったのが、下水の詰まりでした。

これについては、日ごろ皆さんあまり意識がありません。
前に、築30年以上前のお宅で長年の使用で排水配管が逆の勾配になっていて、排水マスからあふれているのを気がつかず使用していて排水管が一部でなく長い距離にわたり詰まっていて、つまりを直せなくなり配管ごと取替えをしました。

配管をやり直すのに3日間かかりました。
排水マスなどは、たまに注意して見られた方がよいでしょう。

もし、古いお宅で一度でも詰まったことがある方は、一度見てもらった方がよいかもしれません。

さて、家電商品や給湯器などの機器は出来れば10年~15年くらいで取り替えた方がよいでしょう。

今回のような洗濯機などは家族が多いとコインランドリーがあるにしても、外まで行くのも大変ですね。
まさか手洗いというわけいかないと思います。

いずれにしても、転ばぬ先の杖がよいのではないでしょうか?

1 壊れて取り外した洗濯機

2 車に積んで底を見たら錆びだらけでこれは限界ですね


 

■今日の言葉

やれることからすぐに始める。これが本気さの証明
…………………
宮脇昭(横浜国立大学名誉教授/世界の森を蘇らせている)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 今日のことば, 家電製品 |    

« 次へ
Copyright(c) 2012 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.