5月, 2012年

植福って大切ですね

2012-05-28

古屋商店のフルフルです。

昨日、善光寺の植樹に参加しました。善光寺で今月第2土曜日15:30より開催される、こども論語塾の方からの誘いで長男と二人で参加することになりました。

初めは 「植樹のイベントに誘われたから行ってみるか」 位の気持ちでしたが、参加してみて驚いたことがいくつかありました。

1つ目は、すごい傾斜面の山の中での植樹だったことです。大人でも立っているのが大変なくらいの斜面での植樹は、3歳の息子にはもっと大変だったと思いましたが、家ではメソメソしてお姉ちゃんの後ばかりついているのに、泣き言一つ言わない姿に少し成長を感じました。

2つ目は、この植樹の目的を主催の人から聞いたときのことです。何十年後か先にも豊かな山を残すためにこのイベントをしていること、また、10年先までは続けることを決めていることなどです。
そういえば、前に福には積福、分福、植福があると聞いたことがありましたが、まさに植福だな~などと思いました。

3つ目には、植樹が終わってから、箸作りをするワークショップがありました。息子が疲れて帰ると言ったら参加しないつもりでしたが、 「やってみたい」 とのことで、一緒に箸を作りました。
初めはあまり関心のなかった私ですが、作り始めてはまってしまいました。 『ここを、こうしたら良いのでは・・・』 『もう少し持ちやすいように・・・』 など、考えをめぐらしました。

息子と一緒にとても楽しく学びの多い一日でした。帰り道、善光寺の掲示板に 「よき たねを まけば よき 花が 咲く」 と書いてありました。

植樹1

植樹2

植樹3

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: わが家のこと, 思ったこと |    

初めて出会ったタイプでした

2012-05-25

古屋商店のフルフルです。

前回のブログで 縁 について触れましたが、今週、今まで出会ったことのない不思議な人に出会いました。(このタイプは私の人生の中で初めてだ~)

私の友人や会社の女性社員も知り合いでしたが、、妻は一度会ったことがあり、妻曰く 「山下清さんのような人」 と言ってました。私の頭の中では、山下清さん・・・。裸の大将・・・。主題歌 「野に咲く花のように・・・」 が頭の中をぐるぐると巡りました。
その人は、絵をTシャツや、大きいものなら壁などに描くそうです。ちなみに、女性で主婦、子どもさんが3人いるそうです。

その人と会社で話をしてびっくり。なんとも不思議な雰囲気で、とてもやさしい感じがしました。人をやさしく包み込むその話し方や仕事についての考え方などを聴くと、今まで自分が忘れかけていたことを思い出させてくれるような感じがしました。

会ってみないとこの感じは伝えられないのですが。

何か自分の中のターニングポイントの一つになるような気がします。間違いなく私が持っていない何かを彼女はいっぱい持っていて、それをまた何かの機会に感じてみたい気がしました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 思ったこと |    

サムシング・グレート

2012-05-21

古屋商店のフルフルです。

土、日で久しぶりに知り合いの方々と京都に小旅行へ行ってきました。

その時のことです。
お土産を買うのに歩いていると、一人の方が 「最近は物産展などがあり、食べるものはほとんどいつでも食べることが出きるので、あまりお土産といっても買っていくものがないですね。前は、ここへ行ったらこれを買って帰ろうと思っていたのに・・・。科学の力ですよね。」 などと言っていました。

確かに最近は、昔はなかなか食べることが出来なかった生クリームのケーキなどもコンビニに行けば売っています。

そういえば、バスの中で何人かと話をした中で、色々なことが便利になって、もっと便利にと人類はしてきたけれど、本当にそれで良いのかなんて話をしていました。 「科学の力」 といえば、話の中でも遺伝子工学の有名な教授が遺伝子の研究をいろいろとした結果、遺伝子自身はどのように出来上がったかを考えると、その情報量の多さからも、まさに神技としか考えられないものが生きものの体内の中にはあると言っているそうです。それを神と呼ぶのか、又はなんと表現するのか考えた末、その教授は 「サムシング・グレート」 直訳すると 『偉大なる何者』 『人知を越えた偉大な存在』 と言っています。

最近は、色々なことに 「縁」 を感じますが、それを人は時に運命と言ったりしますが、本当に大きな力が働いているような気がします。金環日食をながめながら、そんなことを思い出していました。人の力の小ささを感じました。まさに 「驕れる者は久しからず」 ですね。そんなことを思いながら今日も一日頑張ります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 思ったこと |    

困難は冒険の始まり、自分を成長させるための不可欠なもの

2012-05-18

古屋商店のフルフルです。

いつも届くメールに書かれていた今日の言葉です。
この言葉、全盲の東久留米市議会議員 宮川 豊史氏の言葉だそうです。

こんなふうに前向きに生きられれば良いのですが、どうしても困難が目の前にくると逃げ出したくなります。
そんな時に思い出せたらいいなと思った言葉です。

この他に、前に聞いた言葉で 『自分が乗り越えられる問題しか目前にはこない』 という言葉を思い出しました。

今日も一日頑張りたいと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

  カテゴリー: 思ったこと |    

太陽熱温水器

2012-05-11

太陽熱温水器には大きく分けてふたつのタイプがあります。

ちなみに我が家は上のタイプを使用しています。

これからの季節は太陽熱温水器が大活躍します。

太陽のありがたさを体感してエコ生活を楽しんでいます。


 

◎ ガス給湯器または石油給湯器とソーラー温水器をあわせて使用するタイプ。

 

  

飲料水として使用出来るものもあり、給湯器とセットなので無駄な温水が少ないことが特長。


◎ ソーラー温水器のみでお湯を浴槽などに溜めるタイプ。

 

特長として他の温水器に比べて本体+取付費用がかからない。

  カテゴリー: 太陽光発電 |    

浴室の寒さと洗面脱衣室の狭さを解消!

2012-05-11

洗面脱衣室

お施主様のご要望

 「脱衣スペースが狭く洗濯機置き場も有効活用されていない。
洗濯機水栓の移動と脱衣スペースを広くしたい。
洗面台は既存のものを使うが水栓は使い易いものに取替えたい。

住まいのふるやのご提案

 浴室(ユニットバスルーム)を設置する必要寸法を最小限に留め、
なるべく脱衣スペースが広く使えるようにしました。
ユニットバスルームの成せるワザです。
今まで浴室で使用されていた浴室暖房機を脱衣室の窓の上部に移設しました。

 

リフォーム前 ↓               リフォーム後 ↓

 


浴室

お施主様のご要望

 「浴室内が寒く、浴槽も冷めやすい。今までの経験から高齢になったときの入浴方法が気になる。」

住まいのふるやのご提案

ユニットバスルームの断熱能力とガス給湯器のお湯の出が良くなり、
快適な入浴時間を過ごせます。
浴室の広さは変わらなくても浴槽はずいぶん広くなりました。
扉は引き戸をご提案しました。段差を解消したので安心入浴。
水はねの心配はありません。

リフォーム前 ↓               リフォーム後 ↓

 

 

給湯器のリフォーム

2012-05-11

お施主様のご要望 「お湯の出が非常に悪く、お湯が出てくるまでかなりの時間がかかる。この点をクリアしたい


お湯の出の悪さとお湯が出てくるのが遅いことを解消するために住まいのふるやからの提案

電気温水器本体が大きいため設置スペースから浴室の距離が長いことが原因のひとつでした。
壁掛型のガス給湯器をご提案しました。


電気温水器建屋 解体前 ↑ 解体後 ↓

↓ 下から流れているのは温水器内のサビです。


↓ 壁掛け型ガス給湯器

◎○●壁掛型ガス給湯器のメリット●○◎

①設置スペースをとらないため今まで電気温水器を覆っていた建屋部分を
撤去することで通路として使用出 来るようになりました。

②浴室からもキッチンからもそう離れていない場所に設 置したので
どちらにもお湯が早く出るようになりました。

③お使いの電気温水器は貯湯式(水を貯めて温める)でガス給湯器は直圧式
(水道の圧力をそのまま利用)です。そのため水圧が少し強くなりました。

④設置費用も他の給湯器よりお求め易い価格でした。

⑤今まではなかなかお湯にならなくて出しっ放しにして無駄にしていた水が節約
出来るのとサビで赤くなったお湯等衛生面も解消されました。
 

 

  カテゴリー: 給湯器 |    

流れに逆らわず自分の目指すことを

2012-05-11

古屋商店のフルフルです。

最近思うことですが、新聞、テレビ、その他、いろいろな情報が今は私たちの元に入ってきます。
それを見聞きして、それぞれ色々なことを感じて、色々な考えをしますが、あとから振り返ってみるととても役に立ったこともあり、良かったと思うこともあります。ただ、中には間違ったこと、その時は 「ああ、そうだ」 と思ったのに全く違っていたこともよくありました。
今振り返ってみると、それも自分にとって必要なことだったと感じています。

私が今思う一番大切なことは、自分が体験したこと、目前の中で大切なことからまずは片付けていくことではないか? 本当に自分が大切にしていることは何なのか? 何のために自分はそのことをするのか? そんなことをたまには考えてみます。

そうはいっても、まわりの状況や環境によって、どうしても振り回されたり、対応せざるを得ないことがよくあります。自分が変えること、対応できることは準備をしておく必要がありますが、どうしようもないことは受け入れて前に進むしかありません。
先日も、昨年の震災についての話を聞きましたが、自分ではどうしようもないことの一つだと思いました。

それならまずこの先、自分が今の立場で出来ることに向き合い、それに対しての準備をしていくことが必要だと思っています。

前にある人から、織田信長が今川義元に桶狭間で勝った時の話を聞きました。
その方が言うには 「織田信長は劇的に今川義元に勝ったような物語が伝えられているが、実は用意周到に準備を進めていて、その準備により何十倍もの兵力の差があったのに勝つことが出来たのです。その証拠に勝利のあとの褒美(ほうび)の一番から六番くらいまでは、まったく名の知れない人の名前が残っています。本来ならば、今川義元を討った家臣が一番多くの褒美をもらうはずなのに、おそらく今川義元の情報をもたらしたその地域の野武士などの功績を重視したのでしょう。よく信長は若い頃は遊びまわり、うつけ者と知られていますが、何年後かに今川義元が京都を目指して自分の国へ攻めてくることを知っていたため、自分の国の地形やその土地の情報を知るために動き回っていたと考えられ、何年も前から準備を進めていたと思われます。多くの人は必ず来るであろう自分にとって都合の悪いことには目を背けますが、信長はそれまでの期間に何度も自分の頭の中で、どのようにすれば良いか考えていたと思われます。」

そんな話を思い出し、次の言葉が頭に浮かびました。

「強い者が生き残ったわけではない。賢い者が生き残ったわけでもない。変化に対応した者が生き残ったのだ」 チャールズ・ダーウィン

情報も色々ありますが、人から聞いた勇気をもらう言葉ってあるなと感じます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 思ったこと |    

今年のゴールデンウィークは

2012-05-07

古屋商店のフルフルです。

ゴールデンウィークも終わり、今日から仕事ですが、みなさんどんな休みを過ごされましたか?

私は前半の4月の休みは東京の伊勢丹で妻の知り合いの方が絵の展覧会をされたので、それを見に行くついでに、有名なリフォーム会社のお店を見に行ったのと、妻が東京で仕事をしていた時の友人宅 (昨年4月に新築した家) を見に行ってきました。

展覧会は動物の作品が多くあり、子ども達は大喜びでした。
リフォーム会社も大変参考になり、今後の店に活かしたいと思います。
友人宅ではとても凝ったキッチンを見せてもらい、外国メーカーの食器洗機なども入っていてとても使いやすそうでした。実際に使ってみての感想も聞けて、とても有意義な前半の連休でした。

5月3日からの連休は、正ノ木祭りで毎年子ども達がお神輿に参加させてもらっています。 (まだ小さいので山車を引いています) 日本の伝統行事を子供たちにも知ってもらいたいと思います。
当日は天気が良くなく雨に降られましたが、最後まで参加することができ無事に終わり、出店で食べ物を買って食べ楽しい一日でした。

正ノ木祭り子供神輿

5月5日には2月に亡くなった妻の父の四十九日に吉田へ行ってきました。
お坊様の都合で大分日が過ぎてしまいましたが、親戚が集まり、こちらも無事終わることができ、本当に良かったと思います。
お寺は浄土真宗で親鸞 (しんらん) というお坊さんが開祖だそうです。そう言えば、たまたま先日聞いた言葉に親鸞の言葉がありました。
「明日ありと 想う心の 仇桜 夜半に嵐の 吹かぬものかは」
(世の中や人生も明日はどうなるかわからない。明日をあてにせず今を精一杯生きよ)

今年のゴールデンウィークは本当に色々なことを体験できた有意義な休みでした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: わが家のこと, 思ったこと |    

Copyright(c) 2012 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.