1月, 2012年

息子の○○子が空中を飛んだ日

2012-01-30

古屋商店のフルフルです。

前に息子が大切にしている、ぬいぐるみの話をブログに書き込みました。
いつも背中に背負って○○子と名前を呼んで大切にしています。その○○子が最近行方不明になったことがあります。妻と子どもで捜索しましたが見つからず、いつも寝る2階の寝室にいました。

妻は 「今日は2階に行ってないのに○○子が2階にいるのはおかしい」 と言い出し、「長女が隠したに違いない」 と言っていました。最近長女は息子と2人でおもちゃの取り合いなどをしてケンカをしています。私は 「よく話をしてみて本当に隠したかもわからないので疑ったらかわいそうだよ」 と言いましたが、妻は 「間違いなく娘だ」 と言います。

2日ばかりして夕食が終わり、ぬいぐるみの○○子が私の近くにいたので娘に聞きました。 「○○子がこの間いなくなったけど、どうして2階にいたか知ってる?」 娘は 「知らない」 と普通に言いました。そこで私は 「実はさ、お父さん、あるお坊さんの所でお祈りをすると口の聞けないぬいぐるみや人形が空中に飛んで、そのぬいぐるみに嘘をついているのは誰だ!と言うと、空中を飛んで嘘をついている人の首にかみついて首から血がバ~っと出てしまう。(バ~はオーバーアクションで)嘘つきをこらしめるお坊さんを知っているから、今度の日曜日に行ってみる。」 と言いました。
すると娘の顔色が少し変わり 「嘘ついてないよ。」
私は 「じゃ、家族みんなで行って確かめよう。もし嘘をついていないなら○○子は祈っても動かないし、誰にもかみつかないよ」
娘 「もしかみつかれたら死んじゃうの?」
私 「血がバ~っと出て死んじゃうかもね」
娘はますます怯えた顔になったので、「○○ちゃんは嘘ついてないんでしょう。それとも本当は嘘ついてる?」 と聞きましたが、嘘はついていないと言います。
そこで私は 「そういえば、前にお坊さんから、そのお祈りの方法を教わったのでやってみようか」 と言って 「オンソバカ~○○○」 と訳の分からない言葉を大きな声で言いながら、最後に 「かっ!」 と叫びました。
娘は飛び上がり、顔面蒼白 「△△ちゃん嘘ついてないんでしょう」 と言うと、またうなずきました。
なかなか強情な娘(本当、誰に似たのか・・・)。仕方がないので、ぬいぐるみを私の前に置いて 「今度、今のお祈りを○○子にすると、もし嘘をついている人がいたら空中を飛んでその人の首にがぶりと噛み付くかもしれないよ。」
娘 「本当にそうなるの?」
私はもし娘が最後まで嘘をつき通してぬいぐるみに祈っても空中を飛ばないことが分かると困るので 「お父さんはお坊さんに教わったお祈りをするけれど修業をしていないので、もしかしたら飛ばないかもしれないけど、もし飛ばなかったらお坊さんの所へ日曜日行こう。」(完全に娘を疑ったコメントですが、やっぱり5歳。そのことには全く気がつきません。)
ぬいぐるみを前に置いて 「さて」 と訳の分からない言葉を言おうとした時、娘が私に泣きついて 「ごめんなさい。○○子を隠したのは△△ちゃんです」 と自分がやったのを認めました。
もう妻はかんかん。何度謝っても許してもらえず、泣きながら眠りました。(次の日はケロッとしていました)

私も幼稚園のころ同じような経験があります。友達の家から小さなおもちゃを取ってきて親にすごく怒られて返しに行きました。
小さいうちはこの位いいだろうと思って小さな嘘をついて、それが成功してバレないと思ってしまい、それが癖になるのを親は心配します。少しかわいそうだけれど本人には良い経験だったと思います。

後日この話を友人にするとキツイ一言が返ってきました。 「嘘をつくなと言って○○子が空中を飛ぶなんてそれも嘘じゃないの」
ごもっともです。

■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: わが家のこと |    

学びの場 勉強会

2012-01-27

古屋商店のフルフルです。

先日の金曜日に3ヶ月に一度友人と行っている勉強会がありました。
毎回、本やビデオを見てそれぞれの感想を述べ合い、意見交換をする場です。
人数は少ないのですが、私にとっては本当に貴重な気づきと勇気を与えてくれる場です。

今回はいくつかの会社の成功事例をわかりやすく書いた本を友人が紹介してくれました。
うちの会社でも取り入れたいことがいくつかありました。その中から優先順位を決めて、急がず、あわてず、一つ一つ出来ることから始めたいと思います。

懇親会でも色々な話で会話が弾み、一人で考えていたのでは思いもよらない答えが返ってきます。なかなか日頃仕事をすることだけに追われて、自分を客観的に見たり、他人の仕事の話に意見を言ったり出来ることはないので、これが本当の勉強会だといつも満足して帰ってきます。
出来れば10年、20年と続けていければいいなと思います。

■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 思ったこと |    

ガンバレ! パン屋さん!!

2012-01-23

古屋商店のフルフルです。

昨年、店舗工事をさせていただいたパン屋さんが、いよいよオープンします。
私の中学・高校の同級生で丸十パンから独立して開業したのです。

彼は20代の頃に電気製品の製造メーカーに勤めていました。ある日、食事に行った時のことです。 「今の仕事は嫌ではないけれど、自分で考えて作ったものを人に食べてもらったりする仕事をしてみたいと話していました。私も話を聴いて 「自分がやりたいと思っていることがあるなら、その方が良いのではないか」 と話をした記憶があります。
その時にパン屋へ転職してから20年。本人の中では、初めから独立をしたい思いがあったことでしょう。

オープンに向けて奥さんと2人で毎日試行錯誤のことと思います。パン屋さんになった頃の夢に向けて頑張って欲しいと思います。

詳しい場所などは、チラシをご覧下さい。
 チラシをクリックすると鮮明なチラシが別ウィンドウで開きます。
   ↓


ちなみに、このチラシはうちの妻が書いたもので、本人曰く 「二人の人柄などを思い浮かべながら思いを込めた力作だよ!」 と言っていました。チラシの裏には子どもさん向けに、パンの絵が書けるようにもなっています。ちなみに、パンの絵はうちの子どもが書いたものです。

1月25日(水)にオープンです!!
1月28日までは1,200円以上お買い上げの方には有機ジャムのプレゼントもあるようです。
良かったら一度足を運んで見て下さい。

 “ ベーカリーキッチン ヤマグチ ”
         
TEL 055-287-7237

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 思ったこと |    

やっぱり体感すること

2012-01-23

古屋商店のフルフルです。

先週ショールームに木・金と、お客様と一緒に行ってきました。

どちらとも私の両親くらいの年代のご夫婦でしたが、木曜日のお客様は浴室と洗面脱衣場をリフォームされたいお客様、金曜日は浴室、洗面脱衣場、キッチンをリフォームされたいお客様でした。

いつもショールームへ行くと思うことですが、お客様に商品を見てもらって本当に良かったと感じます。カタログだけでは説明の出来ない品物を見て体感していただくことで、お客様にとっては、どんな商品を自分が欲しいのかを、よりわかっていただけるからです。
他にも勉強になることは、ショールームのアドバイザーの接客などです。どのようにお客様に接客するのが良いのかを学ぶこともできました。

また、今回は初めて妻と二人で行きました。終わってからの反省の中で妻が一言言いました。 「本当に良いお客様で良かったね」 私の方は 「いつもこんな雰囲気だよ」 と言うと、他の職場の時はすごいお客様もいたことを話してくれました。
妻は私よりも建築の仕事を長くやっていて、20年位になります。リフォームの会社、新築の会社などで経験があり、色々なお客様と接してきたようです。
いつも良いお客様と出会うことができることにも感謝したいと感じました。これも一つの勉強ですね。ショールームで品物を見るのも体感ですが、色々な人と出会って色々なことを感じる体感も大切だと感じました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 思ったこと |    

雪よ降るな!! と思ったけれど・・・。

2012-01-20

古屋商店のフルフルです。

今日は朝から雪が降っていました。夜中は雨だったのに雪に変わり、このまま降り続くのでしょうか。

先日も少しだけ雪が降り、家の前を竹箒で掃きましたが、慣れないため疲れました。子どもは喜んでいましたが・・・。

東北や北海道など雪国の人は、冬になれば毎日のように雪かきをしていることでしょう。本当、大変だろうと身をもって実感しました。(このくらいの雪では振ったうちに入らないのに、えらそうに・・・。)

雪国ではきっと、朝起きてまず雪かきをしないと車を外に出すことも出来ないでしょうし、家の屋根の上の雪も下ろさないと、など考えていると、こんな雪くらいで文句を言っている自分が何だか怠け者で小さな人間に思えてきます。

よく寒い地方の人は我慢強いと言われますが、毎日の生活、環境の中でそのような精神力が自然と養われるのかもしれません。

たまに降る雪で自分の環境の有難みが少しだけわかったような気がします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 思ったこと |    

演劇に付き合わされて

2012-01-17

古屋商店のフルフルです。

先日の日曜日に少し遅い昼食を済ませてテレビをつけた時のことです。
NHKのEテレが映し出され、何か劇をやっていました。着物を着た女性が3人で舞っているシーンでしたが、私はしばらく見てもつまらないのでチャンネルを切り替えると、娘が 「さっきのが見たい!!」 と言い出しました。
私は 「お父さんは日曜くらいしか、ゆっくりとテレビを見れないのだから他のにしてくれる。」 と言うと 「踊りに役に立つから見たいよ」 と泣き出さんばかりの騒ぎ。近くでは下の2人が眠っているので静かにするようにと言ってもききません。日本舞踊をしている娘にとっては勉強になるので見たいと本人は言いました。
「私は本当かい、まったく」 と思いながら仕方がないので、どうせ10分もすれば飽きるのだろうと見せてあげることにしました。

私は一緒に見ていましたが途中で眠くなり 「コクリ コクリ」 途中で娘に 「起きてる」 と起こされ、結局、最後までその番組を見る羽目になりました。

はっきり言って(前の3チャンネル)NHK、Eテレで演劇などを見たのは初めてでした。
あとであの演劇は何だったのかと新聞のテレビ欄でチェックをしたところ 不朽の名作舞台「天守物語」。姫路城に住む魔界の姫君と美男との恋物語と書いてありました。なんと2時間の番組でした。5歳の子どもに内容がわかったのか疑問ですが、最後まで一生懸命に見ていたのは確かです。
誰に似たのでしょう? ちなみに私はNHK Eテレで演劇やオーケストラを見ると眠くなってしまいます。

もし娘がいうとおり踊りに役に立つので見ていたのなら、その向上心は見習いたいものです。その気持ちを大切にして欲しいとも思いました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: わが家のこと |    

AKB48

2012-01-13

古屋商店のフルフルです。

先日、テレビを見ていた時のことです。
昨年大ブレークをした 『AKB48』 のヒットするまでの物語をTBSテレビの金スマでやっていました。
華やかに見える芸能界ですが、売れない時に秋葉原の劇場で彼女たちなりに頑張って、昨年はレコード大賞を受賞した物語でした。
頑張ったことが報われて本当に良かったと思いました。

その反面、10代~20代で大きな成功をして、今後の人生どうなるのか?
成功をおさめた瞬間から 「レコード大賞をとったAKBの○○さん」 として人は見るようになるのかと、いらぬ心配をしてしまいます。
うちの長女が昨年、七夕の短冊に書いた中に 『AKBになりたい』 とあったからかもしれません。

ところで、私がもっとも驚いたのが 『AKB48』 の仕掛人 秋元康 氏のことです。
私の世代では、おニャンコクラブやその他色々な所で成功をおさめている彼ですが、秋葉原でAKB48の劇場をつくり忙しい中、毎日劇場に足を運んで彼女たちを見守り育てたことです。
また、初めのうちは自分がAKBのことを決めていたのに、突然お客様からの人気投票によりメンバーを選抜したこと、人の意見に耳を傾けられる人であること、色々なことにチャレンジする秋元氏は本当にすごいと感心するばかりです。

彼が前にテレビで成功する秘訣を聞かれた時のことです。
「もうだめだと思った時に、自分が手を伸ばしている1ミリメートル先に成功があると、いつも思い続けることだ」 と言っていたのを思い出しました。今でも彼はそれを思い続けていることでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: 思ったこと |    

今年の目標と思ったけど・・・

2012-01-06

古屋商店のフルフルです。

今年初めてのブログです。本当は今年の目標を書き込む予定でしたが、年末に大事件があったのでそれを書きます。

年末、仕事も終わり自宅の大掃除をしていた時のことです。
子どもたちは一生懸命に掃除をする親のことなどお構いなしに、娘(長女)と息子(長男)でじゃれあっていました。
「あぶないから向こうでおもちゃを片付けなさい」 と言う私の言葉など無視して部屋の高いところへ登っては飛び降りたりしていました。
「まったく、そのうち大けがをするぞ」 と言って私は、浴室の方へ行った間に事件は起こりました。

長女の声: 「助けて!痛いよ○○ちゃん動かないで!」 と弟のことを叱っています。
『何か大変なことでも起きたのか?』
『ケガをしたのか?』
私は慌てて浴室から飛び出して見てみると1才の次女が食事の時に座る椅子に、どうも2人でふざけて一緒に座って抜けられなくなったようです。私は 「ほら見たことか」 と言いたいのを我慢して2人の様子を見守りました。
娘の方は私を見つけて 「お父さん助けて」 息子の方は泣き叫ぶだけ。
私はというと 「自分たちでしたことなんだから、何とかしなさい」 と冷たく言いました。
すると、気の強い娘(誰に似たのか?)は、怒りながら 「助けてよ!!」 と半分キレ気味で怒鳴りました。

私は、これはブログに使えると思い、デジカメを持って写真を撮ると今度は怒りながら 「撮らないで」 と娘が叫びながら顔を隠して、どこかの芸能人が “フォーカス” か “フライデー” にでも撮られているみたいでした。

後ろで気のいい息子は泣くばかり。娘は私が助けてくれないことがわかったらしく、自力で抜け出そうとしますが、息子が 「痛いよ、痛いよ」 と泣きわめき、キレた娘は 「○○ちゃん、うるさい」 と連呼。それでも3,4回抜け出そうと挑戦しましたが無理でした。
その状態が10分程続いた後、今度は何か2人で諦めのようなものを感じたのか、沈黙が5分ほど、本当にこんなに静かにしている2人は眠っているとき以外は初めてでした。(半分、放心状態)

それでも気の強い娘は、私にはもう助けを求めず沈黙の後また自分で抜け出そうとしました。息子の方は 「痛いよ」 とまた叫びましたが、今度はそれに反応することなく 「我慢しなさい」 と冷静になった娘。そしてしばらくすると片足が抜けて、無事脱出。2人で喜ぶかと思ったら、意外にも何事も無かったように遊びはじめ、私の所へ来て一言 「お父さん、抜けられたよ」 と悪びれもせず普通に話す娘に、私の方が驚きました。まさに人生の縮図を見た思いでした。

調子に乗っていい気になり思っても見なかった困難にぶちあたり、慌てふためき、泣き叫び、助けてもらえないとわかり諦めかけたが、それで冷静になり、もう一度チャレンジする。最後に、どんなもんだいと言わんばかりに出来たことを言ってくるかと思った娘が、冷静に 「お父さんで抜けられたよ」 と普通に言ったのには、娘ながら大したものと思いました。本人の気持ちはわかりませんが本当に素直な気持ちで言ったような気がします。

私も今年一年、どんな困難があったとしても慌てふためかず冷静に問題を解決したいと思った出来事でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  カテゴリー: わが家のこと |    

安心リフォーム ~手すりの取付~

2012-01-01

こちらのお宅では、浴室3ヶ所と階段に手摺を取付させて頂きました。

 

リフォーム前 リフォーム後

 

リフォーム前 リフォーム後

 

取付予定の位置にテープを貼り確認。
リフォーム前 リフォーム後

 

リフォーム前 リフォーム後

 

取付前には、お施主様と取付位置の確認をし、浴室の場合は特に、入浴時の動線を考えながら打合せをさせて頂きました。

 

※ 手すり選びは、使う方の身体状況に合わせて設置することが一番重要です!!

洗面脱衣所の化粧台取替と床の張替え

2012-01-01

こちらのお宅では、洗面化粧台取替え、洗面脱衣室の床の張替え、給湯器の取替え工事をさせていただきました。

下の写真はきっかけとなった洗面化粧台の中の底板の様子です。

 

お施主様の気がかり浴室と洗面脱衣室との境の床が『ギシギシ』と音が鳴るので、床が腐っているのではないかということでした。床下はこのような状態でした。

幸いシロアリが原因でなく、築後20年以上ということによる劣化で、お施主様のご要望で脱衣室の内装は床のみの張替えで、壁と天井は既存のままにしました。

洗面化粧台は、シャワー水栓つきのものがご希望でした。水栓の位置が壁面なので、お掃除もし易く、鏡は三面鏡で、鏡の裏は全て収納というタイプのものをお選びいただきました。

リフォーム前 リフォーム後

 

石油風呂釜の写真です。調子が悪くたまに止まっていまうとのことです。ガスと石油との燃料費の違い、省エネタイプと通常タイプとの違い等、ご提案させて頂き、ご検討の結果、省エネタイプの追い焚き機能付き石油給湯器に取替えました。オイルタンクも取替えました。

リフォーム前 リフォーム後

 

Copyright(c) 2012 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.