3月, 2010年

~既存の配管を使っての床暖房工事~

2010-03-25
先日、あるお客様の所で、床暖房熱源器の取替工事をしました。
 
23年前に配管をしたもので、当時は銅管しかなかったようです。
今では、樹脂管の工事が一般的です。
 ←樹脂管
 
銅管は配管がやわらかく、壊れやすいうえに、ロー付けといって、バーナーであぶってハンダをつけるやり方なので、手間がかかりました。
 
現場調査の時には、簡単に出来ると思っていましたが、大誤算で工事担当の大沼君にはすまない事をしたと思っています。
 
時代が変われば品物も変わり、簡単に取り替えられる場所ならよいのですが、建物の中に入ってしまっている部分は、そのまま使用しても問題がなければ、コストの事も考えて、そのまま使用します。
 
その為には、工事に高い技術を要するものもあるので、今回の工事はそんな意味でも良い経験になりました。
 
今後もお客様の要望に応えられる工事をしていきたいと思っています。
 
—————————
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
—————————
 

 

  カテゴリー: 床・壁・建具のリフォーム |    

~朝の出来事~

2010-03-25
いつも朝散歩をしている時に、あいさつを交わす犬を連れたおじいさんが、道路を掃き掃除していました。
今日は、犬を連れていないので、どうしたのかと尋ねてみると、
 
「もう年で20年以上生きているので、いよいよ動けなくなっただよ…。」
 
との事でした。
「それはかわいそうですね。」と言った後の私の中に色々な思いがよぎりました。
20年以上前の事ですが、19年間飼っていた猫が死んでしまった時の事です。
きっとあのおじいさんにも、犬との色々な思い出があったことだろうとか、この世に生を受けたものは、必ず死を迎えるけれど、その時々で出会った人や、出会った事に、一所懸命に向き合わなければいけないなと感じました。
 
まさに
『一期一会』です。
 
そんな朝の出来事でした。
 
————————–
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
————————–
  カテゴリー: 思ったこと |    

~不老園~

2010-03-25
3月14日に家族で不老園へ行ってきました。
 
長女が、1歳になった時から、毎年『不老園』へ行っています。
今年は、2月の日曜日に雨が多かったり、子供が風邪を引いたりで、
3月になってしまい、だいぶ梅も散ってしまっていました。
少ない梅の中、赤やピンクばかりと思っていた梅の花の中に、
 
黄の梅の花があることを発見しました。
 
 
長女は、1歳11ヶ月の時から、
3回とも不老園の中を自分の足で歩き今年も完歩しました。
来年は、長男も抱っこではなく歩いてのお花見が出来ることでしょう。
 
 
—————————
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
—————————

  カテゴリー: わが家のこと, 思ったこと |    

~下水道工事~

2010-03-23
 
先日あるお宅で、下水が詰まって流れないので詰りを直して欲しいと連絡がありました。
 
現場へ行ってみると、トイレからの排水に汚物など様々な物が詰まっていました。
 
 
緊急での水道工事の連絡をいただく事はよくありますが、
その中でも、漏れと下水の詰りでは、
 
下水の詰りの方が最悪です。
 
なぜなら、漏水であればそのまま1日位放っておいても生活に問題は無いのですが、
下水道が流れないとなると、トイレも使用できないのはもちろんの事、
食事やお風呂にも入れないなどが起こります。
 
 又、応急的な処置といっても、詰まっているので、溜まった物をくみ出すしか方法がありません。
 
コンクリートマスがすでに壊れているのと、
配管のこう配(下水管は高い所から低い所へしか流れていきません。)
その為、流れの悪い所の配管を交換しなければいけません。
 
お客様にも、たまには下水道のマスを確認していただくように、お話をしなければと思いました。
 
 
—————————
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
http://www.furuya-gas.com
—————————
 
 
  カテゴリー: ★水道工事, 水道工事 |    

Copyright(c) 2010 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.