本 感想

『自らを省みる(感じたこと)』 2017.3.5

2017-03-05

みなさんいかがお過ごしですか。

お正月に読み始めた本を今日ようやく読み終えました。

時間があるときに、1、2ページ区切りのよい所まで読んでいました。

 

 

内容は

比叡山の僧侶の修行のお話です。浪人生が生きることについて考え、生涯を徳を積むことに費やしたいと思い、比叡山の門をたたきます。その中で最も厳しい修行の1つといわれる12年の籠山修行(ろうざんしゅぎょう)を希望します。その修行に入るにはその前に幾つかの課題をクリアしなければなりませんでした。そのひとつが、好相行(こうそうぎょう)という行うです。一日三千回、三千仏の名前を唱えながら五体投地の礼をします。

 

*五体投地(ごたいとうち)とは、五体すなわち両手・両膝・額を地面に投げ伏して、仏や高僧などを礼拝することである。

 

それを目の前に仏さまが見えるまで行います。通常3か月で見えると言われている仏さまが、9月たっても見えなく寒さと精進料理による栄養失調などすさまじい行の様子が書かれています。最後には阿弥陀様が見えます。こうした厳しい好相行の後で、いよいよ12年の籠山修行に入ります。12年と決められているわけではなく次にこの行を希望する人が現れなければ何年でも続けるそうです。比叡山の浄土院にいらっしゃると信じられている伝教大師の生きた魂に仕えることを続けるのです。その修行は、毎日同じ作業の繰り返しです。親の死に目にも会えず病気になっても医者に診てもらうこともできません。過去に、この行の最中に亡くなった方もいるという厳しい、命がけの修行です。なぜ、このような修行をするかそれは、少しでも自分の魂を高めるためだそうです。そして自分を成長させ、その場所を照らすよな人になりるためです。

 

お釈迦様やキリストを初め多くの宗教は、個人を救うことを一番においているそうです。

そのことをあるお話を例にして次のように書かれています。

 

 

ある人が聖者に次のように聞きました。

「今、世界のいろいろな場所で紛争が起きて苦しんでいる人がたくさんいます。そのことをどう思いますか?」

すると聖者は

『世界のことは神に任せておけばいい』

と答えます。

その人が

「では、我々は何をしたらいいのですか」

聖者は

『まず自分自身を知りなさい』

 

なぜ自分を知るのかといえば

自分を知ることが全てに関わってくるからです。

世界平和も、自分の成功も、自分を知るところからはじまります。

人間ですから、ついつい自分の周りに目を向けたくなります。

それも身の回りのことだけなくて広く日本、世界を眺めてみたくなりますが現実に1人では何もできません。

自分自身を知った1人ひとりの知恵を集めてどうしたらよいを考えればよいのです。

そのためにも、自分自身を知り少しでも変わることで自分の周りを照らす人間になり

『一隅を照らす』存在となれるのです。

 

そのための第一歩の修行が自己反省だと言っています。

 

何も難しいことではないと思うかもしれませんが、日々の生活に追われている我々には自らを省みて反省する時間をとる単純な作業でも12年の籠山修行(ろうざんしゅぎょう)にもつながるものがあると感じました。

 

 

このお話で感じたことは

自らを知ることはもちろんですが、自らを知ったもの同士が知恵を集めることです。

そこに自分のこともよくわかろうとしない人が入れば、よい知恵ではなくなるのだと思いました。

そのためは、自らを省みることが出来る人になり

この本の中にも何度出てきた『一隅を照らす』存在になることだと思います。

 

*「一隅(いちぐう)を照らす」とは

これは、天台宗の開祖である
最澄(さいちょう)の言葉。

「それぞれの立場で
精一杯努力する人はみんな、
何者にも代えがたい大事な国の宝だ」
という意味です。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

読んだ本ですが 『覚悟の力』  宮本祖豊 (著)

 

 

今日の言葉

『最善を尽くし、諦める』

意志の範囲にあるものとないものを見定めて、

あるもので最善を尽くし、ないものは諦める。

渡部昇一

 

 

過去の3月5日ブログ

 

『思い出のアルバム(感じたこと)』 2016.3.5

 

『配管の錆びによるトラブル(水道工事)』  2015.3.5

 

『直ぐに暖かくなるのはガスの浴室暖房機(寒い季節・梅雨時・暑い夏にも便利)』(2014.3.5)

 

『天からの自分への一言かも・・・?』(ブログ 3月5日)

 

 

 

 

 

 

 

3月『甲府論語塾』

 

平成29年3月18日(土)10:00~11:00

開催場所 甲府市総合市民会館内 2階 講義室1

甲府市青沼3-5-44

連絡先 遊亀公民会 電話 055-235-1428

甲府市総合市民会館内遊亀公民会 案内地図

参加費 一家族 500円

問合せ先 有限会社 古屋商店

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業51年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    

『働く幸せ(感じたこと)』 2017.2.1

2017-02-01

みなさんいかがお過ごしですか。

毎朝、会社で専務の大沼と2ページ読んでいる本があります。

その本は、横浜のリフォーム会社の社長さんが送ってくださった本で、何度でも読み返すようにと言われました。

ちなみに、リフォームのことが書いてある本ではありません。

一度読み終えたのですが、気になるところをいま一度読み返しています。

 

今日は、日本理化学工業という全従業員81人中60人が知的障がい者(内27人が重度の障がい者)が働いている、学校で使うチョーク製造を主とした会社のお話でした。

障がい者多数雇用を目指したのは、初めて障がい者の方と働いた時に社長さんが疑問に思ったことありました

それは、わざわざ仕事をして大変な思いをするより福祉施設で大事に面倒をみてもらう方が幸せではないのかと思ったそうで、そのことを禅寺のお坊さんに話をしたところ次のように教えていただいたそうです。

「人間の究極の幸せは、1つは愛されること、2つ目はほめられること、3つ目は人の役に立つこと、4つ目は人に必要とされることで愛されること以外の3つが働くことで得られるのです。だから、福祉施設で大事に面倒をみてもらうことが幸せではなく、働いて役に立つ会社こそが人間を幸せにするのです。」と教わったからでした。

 

その話を読んで毎日仕事があるのは幸せだと感じました。

 

今日の言葉

『寄り道』

つまずき、寄り道、回り道は財産になる

藤岡克義(フジゼミ塾長)

 

過去の2月1日ブログ

『ラジオ体操休憩中(感じたこと)』2016.2.1

 
『修理(ドアノブ)』  2015.2.1
『息子がやりたいこと(修錬による人間形成の道である)』(2014.2.1)

 

 

2月『甲府論語塾』

平成29年2月18日(土)10:00~11:00

開催場所 甲府市総合市民会館内 2階 講義室1

甲府市青沼3-5-44

連絡先 遊亀公民会 電話 055-235-1428

甲府市総合市民会館内遊亀公民会 案内地図

参加費 一家族 500円

問合せ先 有限会社 古屋商店

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

    

『休みの日(感じたこと)』 2017.1.2

2017-01-02

みなさんお正月休みをいかがお過ごしですか。

今年は、天気も穏やかで過ごしやすい年初めです。

今日は、今月にある勉強会の課題本を読んでみました。

 

 

3ヶ月に一度ある勉強会では、毎回課題本を決めてそれを読んでそれぞれ感想を発表します。

どんなジャンルの本でもよいことになっています。

今回は私が、当番でした。

4冊候補がありましたが、迷った末にこの本に決めました。

その理由は

この本は毎月送られてくる月刊誌『致知』に連載をしている鈴木秀子さんです。

いつも連載を読んで女性ならではの優しく分かり易い表現がとても好きです。

一度何か著書を読みたいと思い調べたところ、タイトルと内容が気に入り今回の課題本に選びました。

 

 

『逆風のときこそ高く飛べる』 鈴木秀子

 

 

読んでみての自分なりの感想です。

【逆風】 の意味は

1 進行方向から吹いてくる風。向かい風。

2 不利な状況。進行を妨げる出来事。

自分に都合の悪い状況ということです。

その様な状況でも、苦しむ人とあまり苦しまない人がいますがそれは考え方だと思いました。

そんなこと当たり前と思うかもしれませんが、現実に目の前に自分の不利な状況がおこった時のことを具体的な例で書かれています。

目に見えないものを信じることが出来る人は強くなれることを感じました。

とても読みやすい本です。

 

年末年始のお休み

平成28年12月29日~平成29年1月4日まで

 

 

今日の言葉

『新しい心構え』

新しい年を迎えるには、新しい心構えがなくてはならぬ。決してただ漫然と迎えてはならぬ。そしてその心構えには年相応のものがなくてはならぬ。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

坂村真民(仏教詩人)

※『坂村真民一日一言』より

 

 

過去の1月2日ブログ

 

『百人一首(感じたこと)』 2016.1.2

 

『今日は寒かった(思い出)』  2015.1.2

 

『人の心にかなう』 2014.1.2

 

 

1月『甲府論語塾』

平成29年1月21日(土)10:00~11:00

開催場所 甲府市総合市民会館内 2階 講義室1

甲府市青沼3-5-44

連絡先 遊亀公民会 電話 055-235-1428

甲府市総合市民会館内遊亀公民会 案内地図

参加費 一家族 500円

問合せ先 有限会社 古屋商店

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業51年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    

『求めるところ(感じたこと)』 2016.12.18

2016-12-18

みなさんいかがお過ごしですか?

今日は、次のような言葉を教わりました。

多岐亡羊(たきぼうよう)

羊が一匹逃げたので大勢で追いかけたが、分かれ道が多くて見失ってしまった。

「岐」は、枝道・分かれ道のことです。
「亡」は、逃げるという意味です。

本来の意味は枝道が多いため逃げた羊を見失うように、どれを選んだらよいのか思案にあまることの例えだそうです。

道を求める者が末節にこだわり、真理に到達し難いこと。

学問の道があまりに細分化しすぎ、真理が見失われがちになるそうです。

 

 

この言葉を聞いて本来の意味とは違うかもしれませんが次のようなことを思いました。

現場のトラブルについてある人に尋ねて解決方法を教えて頂きました。

ある時にその話と同じことを他の人が話していたのでそれとなく聞いてみました。

すると同じことについてですがまったく違うことを言っていました。

結局、自分で直接調べてみると両方の話と違う答えになりました。

どれが正しいとかではありませんが

解決したいことは同じでも、そこにたどりつく経過はそれぞれだと思います。

 

羊を探すのに道が多すぎるから諦めるのか

色々な道をたどりながらも諦めないで羊を探し出すのか

 

最後に羊を探せるのは諦めずに探し続けた人だけではないかと思いました。

 

 

今日の言葉

『自分らしく』
目先の小さな利益や結果だけを追いかけると、

自分らしく生きていけない。

良い結果が出なくても仕方がない、そう考えることも必要
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
野村克也(野球評論家)
▼『人生を勝利に導く金言』(致知出版社刊)

 

 

過去の12月18日ブログ

 

『なぜ気にしているのかがわかりました(感じたこと)』2015.12.18

 

『毎年のこの時期(感じたこと)』  2014.12.18

 

『井戸ポンプ取替』2013.12.18

 

 

1月『甲府こども論語塾』

 

平成29年1月21日(土)10:00~11:00

開催場所 甲府市総合市民会館内 2階 講義室1

甲府市青沼3-5-44

連絡先 遊亀公民会 電話 055-235-1428

甲府市総合市民会館内遊亀公民会 案内地図

参加費 一家族 500円

対象:小学生(同伴で家族可)

問合せ先 有限会社 古屋商店

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業51年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

    

『新たな発見(幸せになる勇気)』 2016.11.3

2016-11-03

みなさんいかがお過ごしですか?

今日は、文化の日ですが暖かく過ごしやすい一日でした。

サッカーではヴァンフォーレ甲府も何とかJ1残留が決まりました。

終わりよければすべてよしですか。

 

先日、3ヶ月に一度の勉強会がありました。

毎回、課題本を読んで感想を発表します。

今回の本は『幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えⅡ』

でした。

『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』をより詳しく説明した続編です。どちらも、2人に人物の対話による物語でした。

印象的だった言葉がいくもありました。

その中の一部をご紹介します。

 

 

 

 

テーマ 教育の目標は『自立』である

まず人は意識のなかで『課題の分離』をしなければなりません。

『課題の分離』とは、「自分の課題」と「他人の課題」を分けることです。

 

自分も他人もそれぞれが、

他の人の期待を満たす為に生きているのではないということです。

だから、選択を迫られたとき自らが信じる最良の道を選ぶことを意識することが大切です。

この次が一番大切かもしれません。

そしてその選んだ結果は自分が引き受ける。

 

覚悟を持ち、言い訳をしない。

この後にも色々と話は続きますが長くなりそうなので本を読んでください。

この勉強会で参加者のみなさんの考えを聞くことで新たな発見がありました。

 

 

 

■今日の言葉

『立派な世界人』

誰よりも我慢ができる人。誰よりも知識を求めてやまない人。そして苦しい時にも悠然と笑顔で生きられる人。それが私は立派な世界人だと思うのであります

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

平澤興(京都大学元総長)

 

過去の11月3日ブログ

 

『体験すると・・・。(感じたこと)』2015.11.3

 

『和便器から洋便器へ早めの準備 (トイレリフォーム)』  2014.11.3

 

『完訳 7つの習慣(読みきれるだろうか・・・。)』 2013.11.3

 

 

 

 

11月『甲府こども論語塾』

 

平成28年11月12日(土)10:00~11:00

開催場所 甲府市総合市民会館内 2階 講義室1

甲府市青沼3-5-44

連絡先 遊亀公民会 電話 055-235-1428

甲府市総合市民会館内遊亀公民会 案内地図

参加費 一家族 500円

対象:小学生(同伴で家族可)

問合せ先 有限会社 古屋商店

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業51年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

    

Copyright(c) 2017 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.