解体工事

『予期せぬ影響 古屋 英司 2017.10.28』     

2017-10-28

皆さんいかがお過ごしですか。

今日からフェンスの取付と壁の解体工事が始まりました。

 

甲府市では、空き家が多くなってきています。

お客様のお隣のお宅もしばらく空き家でした。

 

1ヶ月ほど前に解体をされ、それまでは空き家のため草、木がはえ放題で困っていらっしゃいました。

 

いざ解体をしてみると

道路から家が丸見になり隣との境にある崩れそうなブロック塀が気になりました。

そのため道路から見えにくいように新たにフェンスを設け

ブロック塀は取り壊して、新たにコンクリートの塀を設けることになりました。

 

リフォームの仕事をしているとそのお宅やご近所との建築物に関係するお悩みもよくあります。

愛着があり、長く使う家ならばできるだけ住みやすい環境にしたいものです。

 

工事前

1

 

工事後

 

2

 

 

 

 

お困りの時は

『住まいのかかりつけ医』 リフォームのふるやにお任せください。

『住まいのかかりつけ医』とは

人の体をお医者さんが見るように、家も長年住んでいればどこか、

不具合(病気)にかかります。

小さな病気から大きな病気まで困った時に安心して

診てもらえる町医者と同じような地元で必要とされるかかりつけのお医者さんのよう

 な存在を住まいのふるやは目指します。

 

 

今日の言葉 

「天を相手に」

己を尽くすとは、誠を尽くすことです。
自分の人間としての真心、誠を尽くすこと。
人は騙せても天には通用しない。
だから人を相手にせず、天を相手にする
━━━━━━━━━━━━━━
田口佳史(東洋思想研究家)

 

 

過去の10月28日ブログ

 

『見えない所もきれいに(トイレ換気扇)』 2016.10.28

 

『早いものでそろそろ1ヶ月(感じたこと)』2015.10.28

 

 

『本音で語らなければ何も見えてこない (感じたこと)』 2014.10.28

 


『どんな会社と付き合いをしたいか?』2013.10.28

 

 

10月『甲府論語塾』

平成29年11月11日(土)10:00~11:00

開催場所 リフォームのふるや 会議室

甲府市朝気1-2-66

参加費 1組500円

問合せ先 リフォームのふるや

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業52年

『住まいのかかりつけ医』

リフォームのふるや
有限会社 古屋商店

甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

    

『住まいのふるやではこんなこともします(解体工事)』 2017.5.19

2017-05-19

みなさんいかがお過ごしですか。

住まいのふるやでは解体工事もしています。

解体後に新築工事もさせていただきました。

 

工事前

 

DSCF6893

 

 

工事中

DSCF7004

 

工事後

 

DSCF7377

 

 

今日の言葉

「不動心」
夢を持って不動心で生ききる
━━━━━━━━━━━━━━
大村智(北里大学特別栄誉教授/ノーベル生理学・医学賞受賞)

 

 

過去の5月19日ブログ

 

『リフォームでトイレが広くなりました(トイレリフォーム)』  2016.5.19

 

『雨の日、梅雨時には便利(浴室乾燥機)』 2015.5.19

 

 

『我が家のブーム(思い通りにはなかなか・・・)』(2014.5.19)

 


『洗濯機の漏水』(2013.5.19)

 

 

 

6月『甲府論語塾』

平成29年6月10日(土)10:00~11:00

開催場所 甲府市総合市民会館内 2階 講義室1

甲府市青沼3-5-44

連絡先 遊亀公民会 電話 055-235-1428

甲府市総合市民会館内遊亀公民会 案内地図

参加費 一家族 500円

問合せ先 有限会社 古屋商店

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業51年

『住まいのかかりつけ医』

住まいのふるや
有限会社 古屋商店

甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

    

『時の流れを感じて(感じたこと)』  2016.6.12

2016-06-12

みなさんいかがお過ごしですか?

昨日、お客様から連絡かがありました。

今まで1階をお店として使っていましたが、リフォームして住居にするそうです。

2階に上るのが大変なので1階に住むことしたそうです。

今まで約50年お店を守られて引退をされたので住みやすくするそうです。

月日の流れるのは早いもので、私が東京から山梨に帰ってきてから20年以上が過ぎましたが、当時は父もまだ健在で、一緒にお客様のお宅に伺いました。

あれから20年が過ぎ当たり前のことですが、みなさん年を取りました。

今日は長年お付き合いをいただいていたお宅のご主人が亡くなられたことを知り、月日の流れるのは早いものだと感じます。

ふっと、会社の周りの建物を見ると20年前とは変わり今でもあるお店の方が少ないかもしれません。

気がつけば、自分も同じだけ年を取っているなと思いながら歩いていると、元気な子どもの声が聞こえてきました。

順番に入れ替わりだ。と思いました。

 

 

過去のブログ

『色々な使い方(シャワー水栓)』2015.6.12

 

『コンクリートの下の漏水(漏水工事)』(2014.6.12)

 

『トイレの使い方(地震編)』(2013.6.12)

 

 

 

7月『甲府こども論語塾』

 

平成28年7月16日(土)15:00~16:00

 

開催場所 甲府市総合市民会館内 2階 講義室2

 

甲府市青沼3-5-44

 

連絡先 遊亀公民会 電話 055-235-1428

 

甲府市総合市民会館内遊亀公民会 案内地図

 

参加費 一家族 500円

対象:小学生(同伴で家族可)

 

問合せ先 有限会社 古屋商店

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

■ 今日の言葉

『長い人生の競い方』

 

人生には待たなければならないことが多いが、その待つ間に腐らないで自らを強めることができれば、最後にはすばらしい機会が生じてくる。それが長い人生での競い方だと思う

 

渡部昇一(上智大学名誉教授/知の巨人)

▼『渡部昇一 一日一言』(致知出版社刊)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    

『凍結防止対策をしましょう(水道工事)』2016.2.15

2016-02-15

 

みなさんいかがお過ごしですか?

 

昨日は春のような暖かい日でした。

 

1月の後半には-7℃になったのが嘘のようです。

 

その時は、今まで何ともなかった実家の外水栓も凍結をしました。

 

それと同じように、お客様から凍結の問合せが多数ありました。

 

屋上の外水栓から水が漏れ出して、水道メーターの近くにある元栓を止めてあるので見てもらいと連絡がありました。

 

ようやく夕方に現場で配管の漏れを止める処理ができました。

 

先日、新たに配管を直して凍結防止ヒーターを取り付けました。

 

古い配管だと凍結防止ヒーターを取り付けてない所もあります。

 

今回の寒さを教訓に、配管には凍結防止ヒーターを巻くことをおすすめします。

 

 

破損した配管

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事後の屋上の外水栓

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事後 凍結防止ヒーターを設置

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去のブログ

 

 

『「びっくりしたこと」て、こちがビックリしたよ!(我が家のこと)』  2015.2.15

 

『果報は寝て待て(悪い事があれば次には必ず良い事が起こる)』(2014.2.15)

 

『信玄プリン』(ブログ 2月15日)

 

 

 

 

2月『甲府こども論語塾』

 

 

平成28年2月20日(土)15:00~16:00

 

開催場所 甲府市総合市民会館内 2階 講義室

 

甲府市青沼3-5-44

 

連絡先 遊亀公民会 電話 055-235-1428

 

甲府市総合市民会館内遊亀公民会 案内地図

 

参加費 一家族 500円

対象:小学生(同伴で家族可)

 

問合せ先 有限会社 古屋商店

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 今日の言葉

 

『周囲を照らす』

 

 

君がおらぬと、周囲が困るような人になりなさい。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

平澤興(京都大学元総長)

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店

甲府市朝気1-2-66

055-237-0704

営業時間9:00~17:00

 

http://www.furuya-gas.com

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

    

『ラジオ体操休憩中(感じたこと)』2016.2.1

2016-02-01

みなさんいかがお過ごしですか?

最近、ラジオ体操に行かなくなった子どもを見て感じることがあります。

きっかけは、1月の雪でした。

雪が降り、私は家の前の雪かきに追われていました。

雨の日は、家の前でラジオ体操をしていたのですが、雪かきの為に起こすことができないままその日は終わりました。

次の日は、公園が凍っていて危ないので誰もきませんでした。

そんな日が、2日ほど続いてから今日まで今まで続けてきたラジオ体操をしなくなりました。

と言うより、朝起きるのが1時間近く遅くなりました。

子どもは子どもなりに色々と考えたり、感じたりすることがあると思います。

今まで、何年となく続けたことでも、あることをきっかけに辞めてしまうとそれを元に戻すのは大変なことだと

子どもを見て感じました。

最近は、無理に起こしてもしかたがないと私も諦めています。

たまたま、今日1ページだけ読んだ本に次のようなことが書かれていました。
『やりぬこうと決心する人はたくさんいます。

だれでも決心することは出来る。しかし、本当にやりぬく人は実に少ない。

決心をしたがやらない。やってもまもなくやめてしまう。

それこそ、多くの人が経験してよく知っていることです。

どんなことでも、成功する道、ことの成否は、やりぬくかどうかにかかっているでしょうね。』

先程、諦めて起こさないと言いましたが、この言葉に出会い

まずは自分自身がやりぬかなければ

子どもが、同じようにはならないと感じました。

人との関わりについては、正しい答えは何なのか日々考えさせられます。

 

 

 

 

過去のブログ

 
『修理(ドアノブ)』  2015.2.1
『息子がやりたいこと(修錬による人間形成の道である)』(2014.2.1)

 

2月『甲府こども論語塾』


平成28年2月20日(土)15:00~16:00

開催場所 甲府市総合市民会館内 2階 講義室

甲府市青沼3-5-44

連絡先 遊亀公民会 電話 055-235-1428

甲府市総合市民会館内遊亀公民会 案内地図
参加費 一家族 500円
対象:小学生(同伴で家族可)

問合せ先 有限会社 古屋商店
電話 055-237-0704
平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

 
■ 今日の言葉

『人生をひらく』

努力と根気こそが人生を開く。

そして人と人との出会いを大事にする。

それがうまくマッチした時に、人生はいいほうに回転していく.
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
納谷幸喜(元横綱・大鵬)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    

『和式トイレから洋式トイレへ変更中(トイレリフォーム)』2015.7.5

2015-07-05

先週から今週にかけてトイレリフォーム中です。

古くなった和式トイレを洋式トイレにリフォームしています。

解体作業まで進みました。

今週末には完成予定です。

洋式トイレにすることで、ウォッシュレットが取り付けられ使いやすくなります。

また、入口も開き戸から引戸になります。

廊下側に扉が開くため、廊下を通る時にトイレのドアが開くと

人がドアに当たってしまう心配がありましたが、今度は引戸の為その心配がありません。

使いやすく、掃除も簡単になります。

 

1  工事前 狭い空間に和式便器

 

0

 

2 工事前 隣の部屋には男性用の便器

1

 

 

3 工事中 解体して和式便器と男性用便器の部屋を一緒にします。

3

 

 

 

 

過去の7月5日のブログ

 

『みんなで考える(戦争)』 2014.7.5

 

『早いものでもう4年(こども論語塾)』(2013.7.5)

 

 

 
■ 今日の言葉

『成功への近道』
周りから見れば無駄なことと思われることを、

コツコツとあきらめないでどれだけ続けられるか。

それが成功への唯一の近道。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
中野眞理子(モントリオール・オリンピック 女子バレーボール金メダリスト)

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    

『問題がおこらないうちに(撤去)』  2015.1.23

2015-01-23

今週は、お客様の依頼を受けてアンテナの撤去をしました。

現在、空き家となっている3件のお宅のアンテナです。

強風が吹いた時のことを心配されていました。

無事に、撤去も済みこれで安心です。

古くなり、使わないものは、周りに迷惑にならないうちに撤去したいものです。

 

1 工事前 アンテナ

1 工事前 アンテナ

 

2 工事後 撤去が終わりこれで安心

2 工事後 撤去が終わりこれで安心
■ 今日の言葉

『逆境こそがおのれに与えられた宝と心得るのです』

作家で武士道研究家として知られる
石川真理子さん。
厳格な武家の娘として躾を受けた明治生まれの祖母と、12歳までともに暮らしました。
明治から昭和にかけて激動の時代を逞しく生きた祖母の生き方、言葉を思い出すにつけ、
戦後日本の女性が忘れてしまった
「人としての心得」「女性としてのあり方」が
散りばめられていることに気づいたと言います。
武士の娘だった祖母の55の言葉は
厳しくも温かく、人生の滋味に溢れています――。

人生というのは思いがけない出来事に満ちているものです。
祖母は「なぜこんなときにこんなことが」と思わずにはいられない事態に見舞われても、
必ず「これこそが宝だと心得るように」と教えました。
もっとも、「あの苦労があったから今の自分がいるのだ」と思えるのはずっと先のことです。
苦しみの渦中にいるときは、とてもではありませんが「困難は宝もの」などと思えるはずもありません。
すると祖母は
「それでは安楽なときにこれでもかと
歯を食いしばって上を目指すことができるかどうか、
苦労して乗り越えることができるかどうか考えてごらん」
と微笑むのでした。
「ぬくぬくと心地よい布団にくるまっているときに、
さあ努力しておのれを磨きなされといわれてできますか?
ちょうどいい湯加減の温泉に浸かって
歯を食いしばることができますかのう」
言われてみればまさにその通りです。
すべて順調な時には努力の「ど」の字も思い出すことはありません。
もし賢くも努力の大切さを思ったとしても、逆境のさなかにいるときと同じ程度のがんばりを
発揮できるとは思えません。
考えれば考えるほど、満たされているときに努力することは、逆境の中で歯を食いしばることよりも難しいのです。
人は逆境を与えられるからこそ、よりよい自分になることができ、その精神を磨くことができるのです。
やはりつらくとも逆境は宝なのです。
昭和13年から15年にかけて、家族にさまざまなことが起きました。
大東亜戦争が始まると間もなく長男が徴兵され、騎兵隊として中国へ進軍しました。
幕末から昭和初期まで生きた祖母の母が、その長い生涯の幕を下ろしました。
なんといっても祖母を悲しませたのは、昭和15年に起きた、長女の夫の死でした。
当時、結核で亡くなる人が非常に多く、闘病の甲斐なく妻と数え三歳の息子を遺して
この世を去ったのです。
わずか4年にも満たない結婚生活のすえ、妻とかわいい盛りの長男を残しての死は、
本人にとってもどれほど無念だったことでしょう。
それを歯を食いしばって耐えようとする長女の姿もまたいたましく、祖母は人知れず涙を流したのでした。
けれど長女の前ではみずからを励まして、この逆境をともに受けとめて乗り越えてみせようという姿勢を見せたのです。
「娘の逆境は母の逆境でもあります。
私はこの逆境を得がたい宝として受けとめようと思います。
負けるものかと心を定めようではありませぬか。
勇気を出して、なんの、という心意気で乗り越えるのです」
彼ら(武士)は逆境にも屈することのない、
高邁な精神の厳粛なる化身であり、
あらゆる学問の目指すところの体現者であった。

別言するなら鍛錬に次ぐ鍛錬によって完成された、
克己に生きる模範であったのである。

この克己心こそすべてのサムライに求められた
武士の教育の根幹だったといえる。
(『武士道』より)
逆境こそがおのれを克服する力になる。
祖母はこの教えを子や孫に貫いたのです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業50年

(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    

『ソーラー温水器撤去(撤去工事)』 2014.11.28

2014-11-28

今日は、先日浴室・トイレ・洗面脱衣場のリフォームさせていただいたお客様から依頼を受けて

屋根に設置してあるソーラー温水器を撤去しました。

既に、ご使用されていませんでした。

『長年気になっていたんだ』と

ご主人がリフォーム完了後の時に言われました。

『おたくでソーラーの撤去をしてもらえる。』と聞かれました。

見積りを提出して、本日作業となりました。

ソーラー温水器自体は、省エネを考えると非常によい商品です。

ただ、考え方によっては屋根に200Lまたは300Lの水を乗せるのが建物によくないとおっしゃる方もいました。

撤去したソーラー温水器も水を抜いた本体だけでも相当な重量でした。

ただ、最近は色々なソーラー温水器があります。

実は我が家でも、ガス給湯器とソーラー温水器が一緒になった機器を使用しています。

実家でも、別のソーラー温水器を使用しています。

それぞれよい点があります。

今日のお客様は、古い温水器を撤去して安心されていました。

不必要なものは、片付けるのが一番です。

なんて、偉そうなことを言いますが

いらないものが、捨てられない私でした。

今日のこのブログを機会に大掃除を始めたいと思います。

 

 ソーラー温水器撤去中

 

1 ソーラー温水器撤去中

 

2 撤去完了屋根がサッパリしました。

撤去完了屋根がサッパリしました。
■ 今日の言葉

『心の投影』

現実に見えるマイナスは、

自分の心の投影。

現実のマイナスを変えるためには、

先ず自分の心をプラスに変えなければならない。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ありがとうおじさん
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(有)古屋商店
甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00

http://www.furuya-gas.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    

Copyright(c) 2017 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.