わが家のこと

『恩送り 古屋 英司 2018.10.21』

2018-10-21

皆さんいかがお過ごしですか。

今日は、父の命日でした。

他界してから早いもので6年が過ぎました。

 

親は子供に無償の愛を注ぎますが、多くの子供はそれに気がつかないで

当たり前と思っているのではないでしょうか。

 

私もその一人でした。

今は、両親だけでなく、受けた恩をできるだけ返せるような人間になりたいと思います。

その恩返しの一つが仕事を通じてできるのではないかと最近は感じています。

 

以前に日本理化学工業というチョ-クを作る会社を訪問しました。

なんとその会社は働く半分以上が、障がい者の方でした。

 

初めて障がい者を雇用したときのこと、社長さんがうれしそうに働く障がい者の社員さんをみて

施設で暮らしているほうが楽で幸せではないかと思い

そのことをたまたま法事であった導師に話をされたそうです。

その時に次のようなことを言われたそうです。

 

「人間の究極の幸せは


人に愛されること、
人にほめられること、
人の役に立つこと、
人から必要とされること
 

の4つです。


働くことによって愛以外の3つの幸せは得られるのだ。」

と言われました。
私はその愛までも得られると思う。と社長さんは仰っていました。

 

父も仕事をすることが生きがいのような人でした。

仕事をすることで自分以外の人が喜んでくださるのであればそれが恩送りになると感じています。

 

 

恩送りとは

「恩」とは、めぐみ、いつくしみのことである

 

誰かから受けた恩を、自分は別の人に送る。

そしてその送られた人がさらに別の人に渡す。そうして「恩」が世の中をぐるぐる回ってゆくということ。

 

 

お困りの時は

『住まいのかかりつけ医』 リフォームのふるやにお任せください。

『住まいのかかりつけ医』とは

家も長年住んでいればどこか、不具合(病気)にかかります。

人の体をお医者さんが見るように、小さな病気から大きな病気まで困った時に

安心して診てもらえる町医者と同じような地元で必要とされる

かかりつけのお医者さんのよう な存在を住まいのふるやは目指します。

 

モットー

 

 

今日の言葉 「悲しむということ」

悲しむということは、笑うことと同じように大事なこと。
本当の幸福を手にするためには、
そういうところにも目を向けなければなりません。
━━━━━━━━━━━━━━

五木寛之(作家) 
月刊『致知』10月号「人生の法則」【最新号】より
━━━━━━━━━━━━━━

    

『ひと手間をかける 古屋英司 2018.6.14』 

2018-06-14

 

 

皆さん、いかがお過ごしですか。

 

ひと手間で思い出すのが

 

『料理ではひと手間を惜しまないことがとても大切なんだよ』

 

と母がよく言っていました。

 

 

最近では、会社でお客様にお出しする麦茶を煮出してくれる

 

ひと手間をかけてくれる社員がいます。

 

 

今日、ひと手間について次のようなお話を伺いました。

 

『なんとなくやっていることと 心を込めてやること 「ひと手間」をかける心遣いが大事』

 

『自分を成長させるひと手間にかける』

 

お客様に喜んでいただけるひと手間とは何かを考えたいと思います。

 

 

 

 住まいのかかりつけ医

 

 

今日の言葉 『人生最高の幸せ』

一所懸命に熱中してやれば、
「これで死んでも悔いはない」というものが
きっと得られるはずです。
そういう境地に至ることができたとしたら、
それこそが人生最高の幸せです
━━━━━━━━━━━━━━
三浦雄一郎(冒険家・プロスキーヤー)
月刊『致知』より
━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

6月『甲府論語塾』

平成30年6月16日(土)10時~11時

開催場所 リフォームのふるや 会議室

甲府市朝気1-2-66

参加費 1組500円

問合せ先 リフォームのふるや

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

    

『目にするもので随分と違うと思ったこと(感じたこと) 古屋 英司 2018.5.24』

2018-05-24

 

皆さん、いかがお過ごしですか。

5月ですが、もうすっかり夏のような陽気です。

 

昨日、テレビをつけると目に飛び込んできたのは

今世間で話題になっている日大の監督の記者会見でした。

 

10分ほど見ていたのですが、とても驚いたことがありました。

 

お話をする前に、誤解がないように

犯した行為自体は許されるものではない

ことが前提で感じたことです。

 

進行役の方が

『他にも質問をしたい人がいるので、質問は一人、1問にしてください』

と何度も何度も言っていました。

 

それでも記者の人たちが繰り返していたのが

 

決められたルールを守らない行為でした。

 

 

そして質問の内容はすべて、アメフトのルールを守らず

意図的に反則を犯したことについての質問です。

 

ルールを守らない人に対して、今ルールを守らない人がそれを責める。

 

なんともやりきれな画面のやり取りに思わず、テレビを消してました。

 

ちなみに、よくお詫びの会見で

『申し訳ございません』と言いますが

 

あの意味は、申しあげること言い訳は一言もございませんだそうです。

 

もし、本来話すべきは

記者たちでなく

被害を受けた関係者だけでいいのでは?

と思いました。

 

人の振り見て我が振りなおせ

気をつけたいものですね。

 

あまりよい話ではありませんでしたが

もし自分でれば、あのような行動でなく、

まずは自分のことを見つめ直したいとも思いました。

 

昨日たまたま目にした物語の方が、テレビで見た光景よりも素敵だと思いますので

ご覧いただければと思います。

 

おかげさまをお守りに

 

小さな人生論 というこの本はこちら

今日の言葉

『たった一人の自分と向き合う』
世界には何十億もの人がいますが、一人ひとり全部遺伝子が違う。
そのたった一人の自分ときちんと向き合うことがすごく大事です
━━━━━━━━━━━━━━
五木寛之(作家)
月刊『致知』より
━━━━━━━━━━━━━━

 

  

 

6月『甲府論語塾』

平成30年6月16日(土)10時~11時

開催場所 リフォームのふるや 会議室

甲府市朝気1-2-66

参加費 1組500円

問合せ先 リフォームのふるや

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

    

『出会いが人生を変える2 2018.5.5』         

2018-05-05

 

 

思考に気をつけなさい

それはいつか言葉になるから

 

言葉に気をつけなさい

それはいつか行動になるから

 

行動に気をつけなさい

それはいつか習慣になるから

 

習慣に気をつけなさい

それはいつか性格になるから

 

性格に気をつけなさい

それはいつか運命になるから

 

 

 

皆さん、いかがお過ごしですか

先程の言葉ですが、マザー・テレサの言葉とされていますが

本当にマザー・テレサが言ったのか定かではありません。

 

 

ただ、この言葉を10年以上前に聞いていいたら

何のことだかわからなかったかもしれないと思いました。

 

今でも、本当にわかっているのでしょうか。

実行が伴って初めて本当にわかったことになるのでは・・・。

 

人には、今まで見過ごしてきたことに

気がつく、時があると思います。

もしかしたら、一生気がつかないことの方が多いかも・・・。

 

でも、ほかの人が気がついたことを聞くことで

自分以外の見方、考え方を知り

少しでも多くのことに気がつけるのかもしれません。

 

今日は、私以外の3人のお話を聞くことができました。

少しだけ何かに気がつけたように思えます。

感謝

 

今日の言葉 『時間が敵になる時』

なんで自分ばかりこんな忙しい目に遭うんだろう

と舌打ちすると、

時間は敵になる

━━━━━━━━━━━━━━

船井幸雄(船井総合研究所創業者)

月刊『致知』2013年9月号特集「心の持ち方」より

━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

5月『甲府論語塾』

平成30年5月19日(土)10時~11時

開催場所 リフォームのふるや 会議室

甲府市朝気1-2-66

参加費 1組500円

問合せ先 リフォームのふるや

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

    

『出会いが人生を変える 2018.5.3』  

2018-05-03

 

皆さん、いかがお過ごしですか

4月から学校に通い始めました。

学校といって仕事に関係することです。

 

今日の新聞を読んでいると

吉田松陰の松下村塾のことが書かれていました。

松下村塾の塾生たちに松蔭は、お互いに討論をすることを重視したそうです。

 

その結果、松下村塾の塾生からは明治維新で活躍する多くの政治家が輩出されました。

 

いろいろな人と出会い意見を交わすことで成長できると信じたいものですね。

 

 

今日の言葉 『真の力量が出る時』

人間というものは、どうも何処かで阻まれないと、その人の真の力量は出ない

━━━━━━━━━━━━━━

森信三(哲学者/教育者)

 

 

5月『甲府論語塾』

平成30年5月19日(土)10時~11時

開催場所 リフォームのふるや 会議室

甲府市朝気1-2-66

参加費 1組500円

問合せ先 リフォームのふるや

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

    

『現場でわかること 2018.4.29』  

2018-04-29

 

 

皆さん、いかがお過ごしですか

今日は、吉祥寺にある『小ざさ』さんに行って朝4時過ぎに並んで幻の羊羹といわれる買ってきました。

 

先日のこのブログでも紹介をしました。

『2つの商品だけをを売るお店 2018.4.24』

 

私は、並ぶのは大嫌いで今までの人生で、朝から行列に並んだことは一度もありませんでした。

 

今回、ある勉強会で『小ざさ』さんを調べることになり、これも何かの縁、どうせなら幻の羊羹を食べてみようと思い

行ってきました。

 

いつも、行列に並んでいる常連さんの話では、すぐに食べるのではなく、1週間位してからの方がおいしいそうです。

 

意外なことに、羊羹よりも最中を求めて並ぶ人のほうが多いことがわかりました。

羊羹は一日限定150本、一人3本までですが、最中は、一日1万個以上を販売するそうです。

 

やはり現場に行かなければわからないことがありますね。

 

     早朝 羊羹を買うための行列

 

DSC_2599

 

 

 

 

 

 

 

 

 日中は最中の行列

DSC_2613

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の言葉 『懐かしき昭和の名言…』

 

苦労をするにしても上手な苦労、下手な苦労ってのがありましてね、
みじめな気持ちを持ったり、へんに勝ち気だったり、
弱気というのは駄目です
━━━━━━━━━━━━━━
淡谷のり子(ブルースの女王/歌手)

 

5月『甲府論語塾』

平成30年5月19日(土)10時~11時

開催場所 リフォームのふるや 会議室

甲府市朝気1-2-66

参加費 1組500円

問合せ先 リフォームのふるや

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

    

『仕事の中で(感じたこと) 古屋 英司 2018.3.31』

2018-03-31

皆さん いかがお過ごしですか。

 

今年もすでに約1/4過ぎました。

 

時の流れるのは早いものですね。

 

最近、訪問したお客様方から昔のお話やこれまでの家のことを伺います。

 

あるお客様から初めて聞いた話ですが

区画整理などいろいろな事情で家を3階も建て直しお客様

昔は、うどん屋さんを実家がされていて今の家に引っ越してこられたお客様

意外なところでは、戦時中に東京から疎開をして子供のころに農業を手伝いをさせられて

農業が嫌いなのかと思いきや好きになって畑仕事をしているお客様

などお話を伺うとその人なりの歴史を垣間見ることができます。

 

 

良い思い出や苦い思いもありますが、今はとても幸せそうです。

 

家のリフォームをするだけでなく、人生のいろいろな経験を伺うことができるのはとても楽しい仕事だと最近は特に感じます。

 

ありがとうございます。

 

 

 

新しいホームページはこちら

 

 

【今日の言葉】

『切に生きる』
はかない人生を送ってはならない。切に生きよ
━━━━━━━━━━━━━━
道元(鎌倉時代初期の禅僧)
○『人生の大則』(致知出版社刊)より
━━━━━━━━━━━━━━

 

 

4月『甲府論語塾』

平成30年4月7日(土)10:00~11:00

開催場所 リフォームのふるや 会議室

甲府市朝気1-2-66

参加費 1組500円

問合せ先 リフォームのふるや

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

    

『植福(感じたこと) 古屋 英司 2018.3.22』

2018-03-22

皆さん いかがお過ごしですか。

昨日は春分の日 生憎の雨模様でしたがお花参りに行ってきました。

お墓を見て思い出したことがあります。

 

以前、渡部昇一さんという先生が家紋があるのは日本とドイツだけというお話をされていたことです。

家紋があることで自分だっけでなく、家というものを意識することで後の人のことを考えるそうです。

 

そんれは反対なのがローマ

ローマがなぜ滅んだのか

それは、後の人のためにという考え方が欠落していたからだそうです。

 

後のためにと考えるのが植福

日本では、はげ山がないのは後の人へという、将来にわたって幸せであり続けるように、今から幸福の種を蒔いておくこと考え方があったからということでした。

 

家の家紋も、代々受け継がれる象徴ですが、家紋だけでなく

仕事のやり方でもよりよい方法を思考して受け継がれるためには、

教えるひとと教えられる人がいて、よい人材が育つことが大切だと感じました。

 

植福を意識するのか、しないのかでずいぶんとその後の結果が変わる気がします。

 

家紋と植福のお話を思い出しながらの墓参りとなりました。

 

 

新しいホームページはこちら

 

 

【今日の言葉】

『利他の心』
私心がないということがリーダーにとって一番重要
━━━━━━━━━━━━━━
山田和昭(津エアポートライン シニアエキスパート/若桜鉄道前社長)
○月刊『致知』2018年4月号「本気 本腰 本物」【最新号】より
━━━━━━━━━━━━━━
 

4月『甲府論語塾』

平成30年4月7日(土)10:00~11:00

開催場所 リフォームのふるや 会議室

甲府市朝気1-2-66

参加費 1組500円

問合せ先 リフォームのふるや

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

    

『いつも、目の前には課題がある(感じたこと) 古屋 英司 2018.3.18』

2018-03-18

皆さん いかがお過ごしですか。

土曜日は、日本でいちばん大切にしたい会社の著者

坂本先生の法政大学で最終講義を受講させていただきました。

 

一番印象に残った言葉があります。

『情報量ではなく、やるか、やらないかただそれだけ』

という言葉でした。

 

理想を思い描けばいくつもの課題にあたります。

その課題を知っているか、知らないか

知っていてもその課題に取り組むか、取り組まないか

ということだと思いました。

 

 

そのひとつの例として

自分が相手立場ならどうしてほしいか

それを行動できるのか

というお話をしてくださいました。

相手の立場を思いやるということは、言葉にするのは簡単ですが

人は、みな自分勝手なところがあります。

自分の都合でいろいろなことを考えます。

 

坂本先生がおっしゃる判断基準は双方にとってそれが幸せなことなのかでした。

幸せとは何かを考えるのは、簡単のようでとても難しいことではないかとも思いました。

 

今日少しだけその答えが見えた気がする出来事がありました。

その出来事から次のように思いました。

 

まずは、全てを当たり前と思わないで現状に満足していることがとても大切。

その上で、できるだけ近い考え方、未来を思い描ける人、賛同してくれる人たちと一緒に理想に向かって生きることだと感じました。

 

お互いに想い合えば、文句や愚痴など出ないで満足いく結果を出すことができます。

 

以前に聞いたお話ですが

思いやりではなく、想い合う心が大切

 

想い合う心とは

今、自分が相手を持って、手を差しのべるときなのか

今、自分が相手を持って、見守る時なのか

今、自分が相手を持って、じっと耐える時なのか

 

 

相手を思う心です。

 

今一度、自らに問いかけたいと思います。

 

坂本先生の最終講義

『情報量ではなく、やるか、やらないかただそれだけ』

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいホームページはこちら

 

 

【今日の言葉】

『どう対処するか』

一人ひとりが運命そのものではなく、
与えられた自分の運命にどう対処していくかが何よりも大事
━━━━━━━━━━━━━━
飯守泰次郎(指揮者)

 

 

過去の3月18日ブログ

 

『住まいのかかりつけ医(感じたこと)』 2017.3.18

 

『お家の顔(玄関引戸)』2016.3.18

 

『何を求めるかによって(埋め込みポスト)』  2015.3.18

 

 

『毎日使うものだから、自分が使いやすいものを選ぶのがよいでしょう。(ガスコンロ)』(2014.3.18)

 

 

 

『進化するお店』(ブログ3月18日)

 

 

 

4月『甲府論語塾』

平成30年4月7日(土)10:00~11:00

開催場所 リフォームのふるや 会議室

甲府市朝気1-2-66

参加費 1組500円

問合せ先 リフォームのふるや

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

    

『自分の家も例外ではない 大沼 佳人 2018.3.12』

2018-03-12

皆さんいかがお過ごしですか。                            

 

先月より屋根や外壁の塗装を行っていた工事が完了いたしました。

 

お客様もキレイになり安心したご様子でした。

 

工事前の屋根の様子

DSC09564

 

 

 

 

塗装後の屋根の様子

DSC09795

 

 

 

いつも皆さまのお役に立てて嬉しい限りです。

 

 

 

 

住宅というものは長く住んでいるとどうしてもメンテナンスが必要になってきます。

 

大きな問題になる前に手入れをしましょう。

 

実は先日、我が家も例外ではなく水漏れをしました。

 

家を建てて9年くらいですが少しずつメンテナンスが必要になってくるのが

 

自分自身も実感しています。

 

 

 

 

気になる方は「リフォームのふるや」にお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

お困りの時は

 

『住まいのかかりつけ医』 リフォームのふるやにお任せください。

 

『住まいのかかりつけ医』とは

 

 

 

家も長年住んでいればどこか、不具合(病気)にかかります。

 

人の体をお医者さんが見るように、小さな病気から大きな病気まで

 

困った時に安心して診てもらえる町医者と同じような地元で必要とされる

 

かかりつけのお医者さんのよう な存在を住まいのふるやは目指します。

 

 

過去の3月12日のブログ

 

『新たなスタート(ホット情報)』 2017.3.12

 

 

『30年は、限界(波板取替)』2016.3.12

 

 

『よくあるご連絡(感じたこと)』  2015.3.12

 

 

『10倍の不快感でも動じません。(そのうち大人になるさ)』(2014.3.12)

 

 

今日の言葉 

自分自身を信じてみるだけでいい。

きっと、生きる道が見えてくる。

ゲーテ (ドイツの詩人、小説家)

 

 

 

4月『甲府論語塾』

平成30年4月7日(土)10時~11時

開催場所 リフォームのふるや 会議室

甲府市朝気1-2-66

参加費 1組500円

問合せ先 リフォームのふるや

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

おかげさまで、創業53年

 

『住まいのかかりつけ医』

 

リフォームのふるや

有限会社 古屋商店

 

甲府市朝気1-2-66

 055-237-0704

営業時間9:00~17:00

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

    

« 次へ
Copyright(c) 2018 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.