未分類

来週はいよいよイベント 

2018-08-18

皆さんいかがお過ごしですか。

百聞は一見にしかずといいますが

先日、TOTOショールームへお客様に同行しました。

 

カタログだけではイメージができないので

やはり、現物を見ることでよい所、イメージとは違うところが

特に感動をされるシーンが印象的でした。

 

トイレや浴室、キッチンに限ったことではなく

自動車など一度、商品を見ることでイメージが広がります。

 

なかなかショールームに一人は入りにくいものです。

この機会にご来場いただければと思います。

 

8月25日(土)、26日(日) 10:00~17:00

TOTO|ショールーム|甲府

 

 

TOTO甲府シャールーム 地図はこちら

 

 

ご案内チラシはこちら

 

【今日の言葉】

百万本のお経を読むほど膨大な知識を頭に詰め込んでも、
実践しなければ、太陽の下のロウソクの灯と同じで全く役に立たない
━━━━━━━━━━━━━━
今北洪川(円覚寺中興の祖)
月刊『致知』より

 

 

お困りの時は『住まいのかかりつけ医』 リフォームのふるやにお任せください。

『住まいのかかりつけ医』とは

人の体をお医者さんが見るように、家も長年住んでいればどこか、

不具合(病気)にかかります。

小さな病気から大きな病気まで困った時に

安心して診てもらえる町医者と同じような地元で必要とされる

かかりつけのお医者さんのような存在をリフォームのふるやは目指します。

 

 

 

 

住まいのかかりつけ医

 

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業53年

『住まいのかかりつけ医』

リフォームのふるや
有限会社 古屋商店

甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    

『全国リフォーム合同会議 分科会  古屋英司 2018.8.15』

2018-08-15

皆さんいかがお過ごしですか。

先日、8月5日に全国リフォーム合同会議の関東地区分科会に参加させていただきました。

 

全国リフォーム合同会議について以下の通りです。

 

平成22年に設立し、現在8年目を迎えました。
「全国リフォーム合同会議」が正式に法人化され、平成30年3月に「一般社団法人全国リフォーム合同会議」としてスタートいたしました。
この会は、九州から北海道まで、リフォーム業を中心とした19社が加盟し、安心・安全・信頼出来るリフォーム会社として
認知されることを日本全国に広めるために、経営に関する考え方や経営状況を確認し、業界の発展を目的に活動しております。 

                  1)リフォーム業界及び企業経営に関する調査研究とその成果の普及・提言
                  2)地域経済発展のための政府、自治体等への上申
                  3)講演、セミナー等の開催など企業経営者等の啓発に関する事業
                  4)リフォーム事業に関する資格認定事業
                  5)前各号に付帯する一切の業務

 

 

全国リフォーム合同会議について詳しくはこりらをご覧ください。

 

分科会の内容は

何とか、加盟している会社が社員さんを大切にしてお客様に喜ばれる仕事が

できるリフォーム会社となるため、真剣に厳しい意見が飛び交いました。

 

 

全国リフォーム合同会議の代表理事である
さくら住宅 二宮社長は
常々、小手先の方法ややり方を学ぶ場でなく
正しい考え方を学ぶ場であると仰っています。

私は二宮社長とは、2年前にご縁をいただきました。

きっかけは、テレビ東京のカンブリア宮殿を見て
会社を訪ました。

そして全国リフォーム合同会議へ入会させていただきました。

カンブリア宮殿で紹介された内容

司会の村上龍さんが二宮社長とさくら住宅を次のように言われました。

  

村上龍氏

住宅のリフォームはやっかいだ。そもそも費用の相場がよくわからない。

だからリフォーム会社を紹介、ランキングするウェブサイトが乱立している。

「さくら住宅」はとてもシンプルだ。

新規注文ではなく、顧客との信頼を優先する。

そんな会社が全国にたくさんあればいいと思う。

だが、どんな業種でも、利益よりも顧客との信頼関係を優先するのは簡単ではない。

「さくら住宅」からは人間性に充ちた暖かみを感じるが、二宮さんの経営戦術は非常に厳しい。

ヒューマニズムは、揺るぎない経済合理性からしか、生まれようがない。


「全国リフォーム合同会議」については次のように紹介されています。
リフォーム業界のイメージを変える!

東京・三鷹市にも小さな補修工事を積極的に受注し、地域に愛されるリフォーム会社があった。

その設立を支援したのが二宮で、さくら住宅と同じ志を持ったリフォーム会社を全国に増やしたいと考えている。

二宮は、同業者とリフォームの全国組織を立ち上げ、世間で広まる業界への悪いイメージを払拭しようと奮闘している。

 カンブリア宮殿 さくら住宅 二宮社長はこちら

 

リフォームのふるやも

「全国リフォーム合同会議」の名に恥じない会社を目指します。
 

【今日の言葉】

夢の実現のためには「本気のオーラ」を出すことが重要であり、
それがなくては何も始まらない
━━━━━━━━━━━━━━
平岡和徳(熊本県宇城市教育長/大津高校サッカー部総監督)
月刊『致知』9月号「内発力」【最新号】より
━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

お困りの時は『住まいのかかりつけ医』 リフォームのふるやにお任せください。

『住まいのかかりつけ医』とは

人の体をお医者さんが見るように、家も長年住んでいればどこか、

不具合(病気)にかかります。

小さな病気から大きな病気まで困った時に

安心して診てもらえる町医者と同じような地元で必要とされる

かかりつけのお医者さんのような存在をリフォームのふるやは目指します。

 

 

 

 

住まいのかかりつけ医

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業53年

『住まいのかかりつけ医』

リフォームのふるや
有限会社 古屋商店

甲府市朝気1-2-66
055-237-0704
営業時間9:00~17:00
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    

この暑さはいつまで続く??  鈴木  2018年7月25日

2018-07-25

皆さんこんにちは。

毎日暑いですね、というのがこの頃の挨拶になっていて

報道各社も「命に係わる危険な暑さです」と何度も何度も繰り返しているような状態です。

それにもかかわらず熱中症で救急搬送される方が16日~22日までに全国で2万2647人

先週より1万2700人も増えているそうです。

驚いたのはその発生場所で、住居が全体の42%だというのです。

実は私も、こんなに朝から晩まで丸1日中エアコンをつけっぱなしで

電気代がもったいないなあと思っていました。

でも、熱中症で病院のお世話になる方がもっとお金もかかるし、苦しい思いもするし

人様にも迷惑がかかるし、とんでもないことだよ。と息子に言われその通りだと

涼しい部屋で過ごすようにしています。

熱中症は人災だとも言われていますので、どうぞ皆様しっかり栄養を摂って

十分な休養と水分補給をし、この夏を乗り切りましょう。

 

【きょうの言葉】

垣根は人が作っているのではなく

自分が作っている

アリストテレス

 

 

 

 

 

 

    

『小さなお困りごと 大沼 佳人 2018.7.18』

2018-07-18

皆さんこんにちは。

 

毎日、暑いですね。外に出ると溶けてしまいそうな感じがします。

 

そんな中、色々なお困りごとで連絡をいただきます。

 

ありがたいことですね。連絡をいただけるなんて。

 

 

 

「小さなことは頼みにくい」とよくお客様が言っているのを耳にします。

 

でもそんなことはありませんのでお気軽にお電話ください。

 

今まではご自分でされていたことも年齢とともにできなくなってしまうということもあります。

 

特に高所の作業や力のいる作業などです。

 

最近も電球の交換やガラスの入れ替え、水道のパッキンの交換なども多く相談がありました。

 

 

ガラスが割れてお困りでどこに頼んでよいかわからなかったそうです。

 

DSC02763

 

 

浴室の電気が点かなくて困っていたそうです。

 

 

DSC02642

 

 

 

 

 

どんな事でも皆様のお役に立てる会社になりたいと思います。

 

7月26日(木)は当社にてイベントがありますのでぜひお越し下さいませ。

 

家の悩みや、これから家をどうしたいかなど、または当社へのご意見などお茶でも飲みながら

 

お話できたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

気になる方は「リフォームのふるや」にお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

お困りの時は

 

『住まいのかかりつけ医』 リフォームのふるやにお任せください。

 

『住まいのかかりつけ医』とは

 

家も長年住んでいればどこか、不具合(病気)にかかります。

 

人の体をお医者さんが見るように、小さな病気から大きな病気まで困った時に安心して診てもらえる

 

町医者と同じような地元で必要とされるかかりつけのお医者さんのよう な存在を住まいのふるやは目指します。

 

 

 

 

過去の7月18日のブログ

 

『本当に壊れているのか確認(故障)2017.7.18』

 

『時よ時節をまて(感じたこと)』  2016.7.18

 

『基本の大切さを改めて実感(感じたこと)』2015.7.18

 

『試食会(試して見よう)』 2014.7.18

 

『エアコン取付』 2013.7.18

 

 

 

 

 

今日の言葉 

 

私たちは自分が思ったとおりの人間になる。

 

アール・ナイチンゲール

 

 

 

 

 

7月の相談会へのご案内

 

 

日 時     平成30年7月26日(木)    10:00 ~ 15:00

開催場所 リフォームのふるや 甲府市朝気1-2-66

マーロウ人気No,1プリン   フジテレビ めざましテレビで紹介されました 

北海道特選の牛乳と生クリーム、質の良い食菜卵、本物のバニラビーンズを使ったマーロウ一番人気のプリンで、なめらかで濃厚な味わいが楽しめます。召し上がった後のビーカーは、計量カップとしても使いやすいとの評判です。

 

限定10

 

 

 

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

おかげさまで、創業53年

 

『住まいのかかりつけ医』

 

リフォームのふるや

有限会社 古屋商店

 

甲府市朝気1-2-66

 055-237-0704

営業時間9:00~17:00

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

    

『鍵とシリンダー取替(小工事) 古屋英司 2018.6.23』

2018-06-23

皆さん、いかがお過ごしですか。

 

先日、鍵がなくなり不安なのでシリンダーを交換しました。

 

私が子供のころは、鍵をかけないお宅も多くありましたが

 

今では、鍵をかけないで出かけるお宅はほとんどいません。

 

 

お困りごとに対応できるリフォーム会社でありたいと思います。

 

 

1

 

 

2

 

今日の言葉 

『正しいと思ったことはやる』

自分の胸を三度叩いて、正しいと思ったことはやる。
組織の力に負けて、口をつぐんでいても事態は改善しない
━━━━━━━━━━━━━━
中條高徳(アサヒビール名誉顧問)
月刊『致知』より

 

 

7月『甲府論語塾』

平成30年7月7日(土)10時~11時

開催場所 リフォームのふるや 会議室

甲府市朝気1-2-66

参加費 1組500円

問合せ先 リフォームのふるや

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

    

『田んぼの青さ  朝気の式部 2018.6.17』

2018-06-17

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

回りの山々の緑が濃くなってきましたね。

梅雨に入ったとはいえ、お日様が顔を出すと

本当に辛い暑さです。

でもこんな時だけの素敵な景色があります。

 

水田の水面に何列もの早苗と、そこに映り込んだ青い空と山の緑

山梨に暮らしているっていいなあと思う瞬間です。

苗はぐんぐん伸びていきますので

もうすぐ水面は見えなくなってしまいます。

ちょっと車を走らせてまぶしい緑を見に行きませんか。

 

住まいのかかりつけ医

【今日の言葉】

一所懸命、悔いのない瞬間、瞬間を生きていく。
くよくよしていても始まらないから、シンプルに物事を考える
━━━━━━━━━━━━━━
髙田明(ジャパネットたかた創業者)

 

6月『甲府論語塾』

平成30年7月7日(土)10時~11時

開催場所 リフォームのふるや 会議室

甲府市朝気1-2-66

参加費 1組500円

問合せ先 リフォームのふるや

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おかげさまで、創業53年

『住まいのかかりつけ医』

リフォームのふるや

有限会社 古屋商店

甲府市朝気1-2-66

055-237-0704

営業時間9:00~17:00

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

    

『継続する、手放すもの、それは気がつくこと (イベント) 古屋英司 2018.6.16』

2018-06-16

 

 

皆さん、いかがお過ごしですか。

 

今週は特に感じたことをお話します。

それは継続と止めることについてです。

 

継続することはとても大切なことですが

 

ただ、漫然と続けていたのでは何の成長はありません。

 

 

以前、当社ではイベントを10年ほど続けていましたが

 

ある時からお休みをしました。

 

それは、本当にこのイベントに意味があるのかと感じたからです。

 

今振り返ると、続けることに固執をしてイベントをする意味(目的)が途中からなくなってしまったからです。

 

 

 

先日、取引先で会社を辞める人が尋ねてきました。

 

少しの間、話をしました。

彼は会社で働く意味を見出せないようでした。

 

 

どんなことでも、ただ続けるだけではなく、どんな意味があるのかと考えることが大切だと感じました。

 

リフォームのふるやでは、久しぶりに6月20日と6月26日に会社でイベントを開催します。

 

きっかけは、『小(お)ざさ』という吉祥寺の和菓子屋さんを知ったことです。

そのお店では、最中と羊羹しか販売していませんが、最中は一日1万個以上売れています。

 

 

『小ざさ』の女性社長さんの著書『一坪の奇跡』という本を読みました。

 

そこには、『小ざさ』の商品へのこだわりと、お客様をはじめそのお店に関わる人たちへの思いが書かれていました。

 

 

今一度、イベントをはじめた時の気持ちに立ち返り、内容は今までとは違いますが

お客様とのコミュニケーションを大切にした信頼関係を築けるイベントにしたいと思います。

 

イベント案内

 

今日の言葉 『運のいい人の生き方』

常に自分のエネルギーを高める努力をしていくうちに、
直感と予感でよき新しい場をつかみ取っていく。
運のいい人はそういう生き方をしている

 

 

7月『甲府論語塾』

平成30年7月7日(土)10時~11時

開催場所 リフォームのふるや 会議室

甲府市朝気1-2-66

参加費 1組500円

問合せ先 リフォームのふるや

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

    

『本当ですか?納得がいかない 古屋英司 2018.6.12』  

2018-06-12

 

 

皆さん、いかがお過ごしですか。

 

開店前に会社の前に待つていてくださったお客様のお宅に便器取替えの相談で伺いました。

 

現場を確認して、メーカーでしかわからいことについてL社に連絡をとり、品番を伝えたところ

 

次のような回答がありました。

 

その品番ですと次の4パターンのどれかです。

 

???

 

4パターンのどれかとは?

 

回答は

AかもしれないしBかもしれないし、Cかもしれないし、Dかもしれいでした。

 

何のための品番なのか?

それでは、取り替えるのにどの部品をそろえればいいのでしょうかと聞くと

 

A~Dに合う部品すべてを購入して、撤去したときに合うものをご使用ください。

 

でした。

 

そうなると使用した部品以外は、処分することになります。

 

いらない部品まで買わされて取り替える?

 

もしかすると、メーカーの対応した人の勘違いかと

 

改めて確認をしましたが、同じ回答でした。

 

そんなに古いわけではなく10年位前の商品です。

 

本当にこれでいいのでしょうか?

 

お客様に説明をして、商品が選定できないので確認のために便器を一度外しました。

 

なんだか、納得がいかない気分でした。

 

DSC_2792

 

 

 

気になる方は「リフォームのふるや」にお気軽にお問い合わせ下さい。

 

住まいのかかりつけ医

 

 

今日の言葉 『挑戦権がもらえる人』

弱い自分に克つ。自分に克った人間でなければ、相手への挑戦権はもらえない
━━━━━━━━━━━━━━
吉田義人(ラグビー元日本代表選手/ラグビー指導者)
月刊『致知』より
━━━━━━━━━━━━━━

 

6月『甲府論語塾』

平成30年6月16日(土)10時~11時

開催場所 リフォームのふるや 会議室

甲府市朝気1-2-66

参加費 1組500円

問合せ先 リフォームのふるや

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

    

『やり方ではなく、まずは在り方を考える (感じたこと) 2018.6.9』

2018-06-09

皆さんいかがお過ごしですか。

最近、特に感じる事の一つにやり方でなく自分がどう在りたいかを
考えることが、とても大切だと感じます。

ここ2年位を振り返ると本当に良きご縁に恵まれたことを感謝するばかりです。

出会いにより今まで、見過ごしてきたことに気づく機会を与えて頂きました。

その一つがやり方だけを考えるのではなく、どうありたいかをまずは考え
その考えに沿って行動をする事が大切であるということです。

2年位前から出会う人たちの中にそのこを、長い間実践されてきた人達が多くいらっしゃいました。
もちろん、やり方を考えるのも大切ですがどんな方法でも結果を残せばよいのではなく
それが、自分のためだけでなく誰かのためになるか、またその行動には、嘘がなく
本当に正しい事なのか、毎日の行動が習慣となり知らず知らずの内に運命を
変えていくのではないかと感じます。

こんな話をすると理屈ぽくて融通が利かないと言われることもありましたが
私が出会った人達は、ただ愚直に自分がどう在りたいかを考え行動してきた事で
大きな信頼を得てきた人達でした。

気づいたら、それを実践する事が、縁を生かす事だと改めて感じました。

 

【今日の言葉】

真の幸福とは現在を楽しむこと。
自分がすでに十分に持っているもので満足し、
泰然自若として暮らすこと
━━━━━━━━━━━━━━
セネカ(古代ローマの哲学者)
月刊『致知』より
━━━━━━━━━━━━━━

 

 

6月『甲府論語塾』
平成30年6月16日(土)10時~11時
開催場所 リフォームのふるや 会議室
甲府市朝気1-2-66
参加費 1組500円
問合せ先 リフォームのふるや
電話 055-237-0704
平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

    

『小ざさのこだわり最中』(イベント) 古屋 英司 2018.6.2』                       

2018-06-02

 

 

皆さん、いかがお過ごしですか。

 

リフォームのふるやでは、6月26日にイベントを開催します。

 

お茶菓子にお出しするのが、小ざさの最中

 

1日になんと1万個以売れるそうです。

 

しかも、小ざさ販売しているのは、この最中と羊羹だけです。

 

 

 

お店は吉祥寺にあり1坪しかありません。

 

 

社長の著書 『一坪の奇跡』を読ませていただきましたが

 

やはり、それだけ商品が売れるのにはそれなりの理由があることを感じました。

 

奇跡ではなく必然です。

6月26日 会社でお待ちしております。

 

イベント案内

 

一部抜粋をしましたのでご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小ざさの最中への思い

 

一坪の奇跡

40年以上行列が途切れない吉祥寺「小(お)ざさ」味と仕事

小ざさ社長 稲垣篤子

 

プロローグ 40年以上、早朝からできる行列の裏で

 

1951年11月19日。その年の春に高校を卒業したばかりの私は東京吉祥寺の7号通り、現在のダイヤ街の外れの畳1畳分しかない屋台にたった一人で立っていました。

その場所は市からの借り物で、建物を建てることが出来ません。

私は毎朝、柱や土台の木材を運んでは組立て、夜になると一本残らず片付けて帰るのです。

開店時間は朝8時から夜9時まで。365日1日の休みもありません。

身動きが取れないほど狭い店の中で、12時間立ちっぱなしというのはとても辛いものでしたが、父が作ったこし餡の団子を一生懸命売りました。

その年の12月、吉祥寺に雪が降りました。

夜8時過ぎに仕事を終え、いつも置かせてもらっている花屋さんの敷地に屋台の柱や土台を片づけました。

お団子が売れて空になった銀本を入れた番(ばん)重(じゅう)(和菓子を運ぶ木の箱)を自転車に乗せ、冷たいハンドルを手で引いて帰路につきましたが、寒くて寒くて身が凍り付きそうでした。

いつもより帰りが遅かったからでしょうか、玄関を入ると父が土間で待っていました。

その姿を見た瞬間、私の目から涙がこぼれました。

「泣くな!」

父が私に向かって大声で怒鳴りました。その厳しい声を聞いて私は大声をあげて泣いてしまいました。

父がより一層声を荒げて怒鳴りました。

「家のない人たちもいるんだ!泣くもんじゃない」

私が屋台で売る団子に、父方と母方の祖母、母方の叔父、私の両親、私と4人の兄弟の家族10人、それに父のいとこ一家6人の計16人の生活がかかっていました。確かに私は泣いているわけにはいきません

家族を支えていかなければならないのです。

この時私はどんなに辛いことがあっても、もう2度と泣かないと心に決めました。

一日一万個売れる「もなか」の形

 

もなかの餡は二種あり、大納言小豆と「手(て)亡(ぼ)」と呼ばれる白豆で、いずれもつぶ餡です。もなかは普通の日で一日一万個、よく出るのは年末で、最高で一日4万個売れたこともあります。

羊羹は一日三釜分、150本が限界ですが、もなかの豆は大釜で炊き、練りの工程も少し違うので、多く作れます。もなかでよく見かけるのは梅の花びらや半月の形をしたものですが、小ざさの最中の形はちょっと変わっていて、「霊芝」というキノコを象っています。

中国に伝わる千年もつという伝説のキノコで、「小ざさのもなかも、霊芝のように長く愛されるように」との意味が込められています。

やや小ぶりの食べやすい大きさと、あまり甘くないのが特徴ですが、「甘くない」訳ではありません。しつこくない、マイルドな甘さにするために餡の作り方にも材料の砂糖にもいろいろな工夫があるのです。先ず炊いた豆に最初にするのが「蜜漬け」です。

大きな釜に炊いた豆を入れ、そこに砂糖を溶かし、それを何度も繰り返すことで、豆と蜜がムラなく溶け合わさった状態になります。これを一日か二日置くと、豆に砂糖がしみてなじんだ味になるのです。

 

“丸い味を求めて”

 

蜜漬けに使う砂糖は、大きめの物を製糖会社に特別に作ってもらいます。その会社とは父の代からのお付き合いですが、小ざさには決まった大きさの砂糖が必要なので、粒の大きさを指定し、小ざさ特性の砂糖を作ってもらうことにしています。砂糖の大きさは、上品な甘さにつながります。父は「もなかの栞(しおり)」にこう書いています。

《原料本来の特色を生かし、砂糖の甘みをならす。言い方をかえますと、丸い味とすることが和生菓子を創る上の、究極の奥義と信じます》

父独特の表現ですが粒の大きな砂糖でないと、まろやかな甘み、上品な甘さの”丸い味“にはならないのです。

最中の餡に「呉」を入れる店は少ないと思いますが、「蜜漬け」と「水飴」で粒餡の歯触りとなめらかさ、丸い味を引き出し、そこに呉を加えることで豆の風味がより強く出るのです。呉も出来立てが一番美味しいので入れるタイミングを計ります。

豆を煮る人、蜜漬けをする人、「呉」を作る人、製餡をする人、それぞれが呼吸を合わさなければ美味しいものは作れません。ですから釜場に漂う空気のようなもの、スタッフの気持ちの状態がとても大切なのです。

種屋さんとは運命共同体

 

 

もなかの皮はもち米をついて薄く焼いたもので「種(たね)」と呼び、専門の種屋さんで特別に作ってもらっています。もう60年も前、現在の西東京市に住む腕のいい職人さんを見つけ出し初めて皮を注文しに行ったときに、父はこう話したそうです。

「うちに種を卸すと思わないで、一緒に吉祥寺の店で売っていると思ってください」

種屋さんは一生懸命美味しい種を作って下さり代替わりした今も小ざさのもなかの皮を作り続けてくれています。今では小ざさのへの納品が増えたため工場を移し、青梅街道沿いにビルを構えています。その種屋さんの新社長に私は「あなたは皮、私はあんこ、だから私たちは運命共同体です」と言いました。

「共同体」という言葉に種屋さんはとても喜んでくれました。

皮は材料であるお米が持っている本来の美味しさと、かすかに焦がしてある香ばしさが命です。そこに餡を詰めると、皮は餡の水分を吸ってしっとりとし、もなかとして美味しい状態が続きます。

 

 

エピローグ125歳まで現役で

 

 

小ざさの歩みを振り返ることは、私の人生を振り返る事でした。

子供の頃の思い出、戦中、戦後の苦しかった時代。小ざさを創業した父のお菓子作りにかけた情熱と執念、私への厳しい教え、父を陰で支えながら家族をまとめてきた母の姿。私に生きる知恵を与えてくれた、いまも心に残る祖母の言葉。

小ざさの物語は、明治の激動期から現代に至る私たち家族の物語でもあります。

これまでに苦しいこともたくさんありました。でも、そのつど自分が出来ることは目いっぱいやってきたという思いがあります。中途半端で終わってしまったら悔いが残ります。

最近は大人たちも若い人たちも、みんな元気がないような気がして仕方ありません。

最初から壁にぶつかるのを避けているようで、ちょっと残念な気がするのです。

怖くてもなんでも、思い切りぶつかって、転んだらまた起き上がればいい。

ダメだったら今度はこうしよう、ああしようと考えればいい。

私は今年78歳になりましたが、まだまだ現役、125歳まで羊羹を練り続ける気持ちでいます。

そんな私の言葉が、何かしらみなさんの生きるヒントになれば本当に嬉しい限りです。

 

 

 

 

今日の言葉

『天や運を味方につける』

 

懸命な努力、自分や仲間を信じる心、

そして絶対にやり遂げるという強い志という三つがあれば、

必ず天や運は味方をしてくれる
━━━━━━━━━━━━━━
村上和雄(筑波大学名誉教授)
月刊『致知』より

 

 

 

 
6月『甲府論語塾』

平成30年6月16日(土)10時~11時

開催場所 リフォームのふるや 会議室

甲府市朝気1-2-66

参加費 1組500円

問合せ先 リフォームのふるや

電話 055-237-0704

平日 9:00~16:00 土・日・祝日は除く

 

 

    

« 次へ
Copyright(c) 2018 リフォームのふるや 有限会社古屋商店 All Rights Reserved.